PRB: 予期しない処理 CreateProcess の呼び出し時に子を継承します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315939
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

使用して子プロセスを作成するときに、 CreateProcess 関数呼び出しマルチ スレッド環境では、子に継承されることを意図していないハンドルを継承可能性があります。

原因

この動作は 2 つのスレッドが同時に子プロセスを作成し、パイプを通じて STD ハンドルをリダイレクトする場合に発生します。このシナリオでは、 レース 作成時に条件のパイプとプロセスの他の子のためのファイル ハンドルを継承する子の 1 つです。パイプ、1 つのスレッドを作成し、スレッドは、プロセスを作成するのですが、他のスレッドも、子プロセスの作成です。中に、アプリケーションが継承するすべてのハンドルは、 CreateProcess 呼び出しが複製で、子プロセスに。

解決方法

この問題を回避するには、クリティカル セクションで、子作成コードをラップします。これにより、偶発的な継承されなくなります。このメソッドを正しく動作させるのには、セキュリティ記述子を NULL に設定することにより、パイプとして継承を作成します。次に、子を使用して、継承可能な継承に必要なパイプの両端を設定、 SetHandleInformation 次のサンプル コードに示すように、関数の呼び出し。
CRITICAL_SECTION    cs;
HANDLE              hReadIn, hWriteIn;
HANDLE              hReadOut, hWriteOut;
HANDLE              hReadErr, hWriteErr;

InitializeCriticalSection(&cs);

EnterCriticalSection(&cs);

if ( !CreatePipe(&hReadIn, &hWriteIn, NULL, 0) )
{
    // an error occurred
}

if ( !CreatePipe(&hReadOut, &hWriteOut, NULL, 0) )
{
    // an error occurred
}

if ( !CreatePipe(&hReadErr, &hWriteErr, NULL, 0) )
{
    // an error occurred
}

if ( !SetHandleInformation(hReadIn, HANDLE_FLAG_INHERIT, HANDLE_FLAG_INHERIT) )
{
    // an error occurred
}

if ( !SetHandleInformation(hWriteOut, HANDLE_FLAG_INHERIT, HANDLE_FLAG_INHERIT) )
{
    // an error occurred
}

if ( !SetHandleInformation(hWriteErr, HANDLE_FLAG_INHERIT, HANDLE_FLAG_INHERIT) )
{
    // an error occurred
}

STARTUP_INFO        si;
PROCESS_INFORMATION pi;

si.cb = sizeof(si);
si.dwFlags = STARTF_USESTDHANDLES;
si.hStdInput = hReadIn;
si.hStdOutput = hWriteOut;
si.hStdError = hWriteErr;

if ( !CreateProcess( "child.exe",
                     NULL,
                     NULL, NULL,
                     TRUE,
                     NORMAL_PRIORITY_CLASS,
                     lpEnvironment,
                     &si, &pi) )
{
    // an error occurred
}

CloseHandle(hReadIn);
CloseHandle(hWriteOut);
CloseHandle(hWriteErr);

LeaveCriticalSection(&cs);
				
上記のソリューション コストなしにならないことに注意してください。コードのクリティカル セクションを作成煩雑場合がありますし、パフォーマンスの低下の価格に反映します。別の回避策にこの問題は、子を起動するのには、中間のアプリケーションを作成する必要があります。ただし、このソリューションはその欠点もあります。このメソッドに短所は親は基本的に簡単で、子のプロセス ID を取得が失われることです。親プロセスの ID が必要な場合は、中間処理を何らかの方法で渡す必要があります。

この中間アプリケーションのメソッドを使用して、偶発的な継承の作業を実行する Windows 上で使用して回避します。中間プロセスでは、誤って継承ハンドルを確実に子にコピーされません。FALSE を指定した場合この保証は、 bInheritHandles 呼び出しでのパラメーター CreateProcess 中間のアプリケーションにします。STD ハンドルを常に Windows を複製するがので、パイプのハンドルが複製する場合にも bInheritHandles FALSE に設定されています。

親アプリケーション

HANDLE              hReadIn, hWriteIn;
HANDLE              hReadOut, hWriteOut;
HANDLE              hReadErr, hWriteErr;

if ( !CreatePipe(&hReadIn, &hWriteIn, NULL, 0) )
{
    // an error occurred
}

if ( !CreatePipe(&hReadOut, &hWriteOut, NULL, 0) )
{
    // an error occurred
}

if ( !CreatePipe(&hReadErr, &hWriteErr, NULL, 0) )
{
    // an error occurred
}

STARTUP_INFO        si;
PROCESS_INFORMATION pi;

si.cb = sizeof(si);
si.dwFlags = STARTF_USESTDHANDLES;
si.hStdInput = hReadIn;
si.hStdOutput = hWriteOut;
si.hStdError = hWriteErr;

if ( !CreateProcess( "Intermediate.exe",
                     NULL,
                     NULL, NULL,
                     TRUE,
                     NORMAL_PRIORITY_CLASS,
                     lpEnvironment,
                     &si, &pi) )
{
    // an error occurred
}

CloseHandle(hReadIn);
CloseHandle(hWriteOut);
CloseHandle(hWriteErr);
				

中間アプリケーション

STARTUP_INFO        si;
PROCESS_INFORMATION pi;

si.cb = sizeof(si);

if ( !CreateProcess( "child.exe",
                     NULL,
                     NULL, NULL,
                     FALSE,
                     NORMAL_PRIORITY_CLASS,
                     lpEnvironment,
                     &si, &pi) )
{
    // an error occurred
}
				

プロパティ

文書番号: 315939 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbthread kbapi kbkernbase kbprb kbmt KB315939 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:315939
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com