[HOWTO] Visual C# .NET 内で .NET プロバイダと OpenXML を使用して一括更新と一括挿入を実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315968 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315968
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、OpenXML メソッドを使用して、さまざまな Microsoft .NET データ プロバイダで一括挿入や一括更新を行う方法について、手順を追って説明します。この資料のサンプルでは、SqlClient マネージ プロバイダを使用していますが、OLEDB や ODBC のマネージ プロバイダも使用できます。

必要条件

必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および Service Pack は次のとおりです。
  • Microsoft Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server、Windows 2000 Advanced Server、または Windows NT 4.0 Server
  • Microsoft Visual Studio .NET
  • Microsoft SQL Server 2000

プロジェクトの作成

  1. SQL Server で、以下のコードを使用してテーブルを作成します。
    if exists (select * from dbo.sysobjects where id = object_id(N'[dbo].[Employee]') 
    and OBJECTPROPERTY(id, N'IsUserTable') = 1)
    drop table [dbo].[Employee]
    GO
    
    CREATE TABLE [dbo].[Employee] (
    	[EmployeeId] [int] NOT NULL ,
    	[FirstName] [varchar] (100) COLLATE SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS NULL ,
    	[LastName] [varchar] (100) COLLATE SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS NULL 
    ) ON [PRIMARY]
    GO
    					
  2. SQL Server で、以下のコードを使用してストアド プロシージャを作成します。
    CREATE PROC sp_UpdateXML @empdata nText
    AS 
     DECLARE @hDoc int   
     exec sp_xml_preparedocument @hDoc OUTPUT,@empdata   
    
    --This code updates old data.
     UPDATE Employee 
     SET 
       Employee.FirstName = XMLEmployee.FirstName,
       Employee.LastName = XMLEmployee.LastName
     FROM OPENXML(@hDoc, 'NewDataSet/Employee')   
           WITH (EmployeeId Integer, FirstName varchar(100),  LastName varchar(100))  XMLEmployee
    WHERE    Employee.EmployeeId = XMLEmployee.EmployeeId
    
    --This code inserts new data.
    
    Insert Into Employee 
    SELECT   EmployeeId, FirstName, LastName
    	FROM       OPENXML (@hdoc, '/NewDataSet/Employee',1)
    WITH (EmployeeId Integer, FirstName varchar(100),  LastName varchar(100))  XMLEmployee
    Where XMLEmployee.EmployeeId Not IN (Select EmployeeID from Employee)
    
    EXEC sp_xml_removedocument @hDoc
    GO
    					
  3. Visual Studio .NET を起動し、Visual C# .NET のコンソール アプリケーション プロジェクトを新規に作成します。
  4. 以下のコードをコピーして、コンソール アプリケーションの Class1 に貼り付けます。
    using System;
    using System.Data.SqlClient;
    using System.Data;
    
    namespace ConsoleApplication1
    {
        /// <summary>
        /// Summary description for Class1
        /// </summary>
        class Class1
        {
            /// <summary>
            /// Main entry point for the application
            /// </summary>
            [STAThread]
            static void Main(string[] args)
            {
                try
                {
                    BulkInsertUpdate();
                        System.Console.WriteLine("Successfully inserted and updated data");
                        System.Console.Read();
                }
                catch (System.Data.SqlClient.SqlException e)
                {
                    System.Diagnostics.Debug.WriteLine (e.Message); 
                    System.Console.WriteLine(e.Message);
                }
            }
            static void BulkInsertUpdate()
            {
                //Steps:
                //1. Create the dataset.
                //2. Update the dataset.
                //3. Insert some data.
                //4. Save the changed data as XML
                //   and send XML to SQL Server through the stored procedure.
    			
                //Declaration
                System.Data.DataSet         objDS;
                SqlConnection               objCon;
                SqlCommand                  objCom1;
                SqlDataAdapter              objAdpt1;
                String                      sConn;
                sConn = "user id=myUser;password=YourPassword;" + 
                        "Database=YourDatabase;Server=YourServer";
                objDS = new DataSet();
                objCon = new SqlConnection(sConn);
                objCon.Open();
                objCom1 = new SqlCommand();
                objCom1.Connection = objCon;
                objAdpt1 = new SqlDataAdapter();
    
    
                //Step 1: Create the dataset.
                CreateDataSetFromEmployee(objDS, objCom1,objAdpt1);
    			
                //Step 2: Update the dataset.
                System.Data.DataTable tbl = objDS.Tables["Employee"];
                //DataRow aRow;
                int i = 0;
                foreach (DataRow aRow in tbl.Rows)
                {
                    i++;
                    aRow["FirstName"] = aRow["FirstName"].ToString() + i;
                    aRow["LastName"] = aRow["LastName"].ToString() + i;
                }
    			
                //Step 3: Insert some data.
                for( int ii = 1; ii <= 5; ii++)
                {
                    DataRow	   newRow = tbl.NewRow();
                    int j = ii+100;
                    newRow["EmployeeId"] = j;
                    newRow["FirstName"] = "Fname" + j;
                    newRow["LastName"] = "LName" + j;
                    tbl.Rows.Add( newRow);
                }
    
    			
                //Step 4: Save the changed data as XML, 
                //and send the XML to SQL Server through the stored procedure.
                //In SQL Server, you wrote a stored procedure that
                //accepts this XML and updates the corresponding table.
    
                SaveThroughXML(objDS, objCon);
            }
    
            static void SaveThroughXML(DataSet objDS, SqlConnection objCon)
            {
                //Change the column mapping first.
                DataTable                    tbl = objDS.Tables["Employee"];
                System.Text.StringBuilder    sb = new System.Text.StringBuilder( 1000);
                System.IO.StringWriter       sw = new System.IO.StringWriter(sb);
    			
                foreach( DataColumn col in tbl.Columns)
                {
                    col.ColumnMapping = System.Data.MappingType.Attribute;
                }
    
                objDS.WriteXml(sw, System.Data.XmlWriteMode.WriteSchema);
    
                SqlCommand objCom = new SqlCommand();
                objCom.Connection = objCon;
                objCom.CommandType = CommandType.StoredProcedure;
                objCom.CommandText = "sp_UpdateXML";
    	
                objCom.Parameters.Add( new SqlParameter( "@empdata", 
                       System.Data.SqlDbType.NText));
                objCom.Parameters[0].Value = sb.ToString();;
                objCom.ExecuteNonQuery();
            }
    
            static void CreateDataSetFromEmployee( DataSet objDS, 
            SqlCommand objCom1,SqlDataAdapter objAdpt1)
            {
    
                //Create related objects.
                objCom1.CommandType = CommandType.Text;
                objCom1.CommandText = "Select EmployeeId, FirstName,LastName from Employee";
    
                //Fill the Orders table.
                objAdpt1.SelectCommand = objCom1;
                objAdpt1.TableMappings.Add("Table", "Employee");
                objAdpt1.Fill(objDS);				
            }
        }
    }
    					
  5. 使用している環境に合わせて、接続文字列を変更します。
  6. F5 キーを押して、アプリケーションをビルドおよび実行します。
  7. アプリケーションの動作が停止したら、Enter キーを押してコンソール ウィンドウを閉じます。
: この例には、エラー処理はまったく含まれません。

関連情報

.NET マネージ プロバイダの使用に関連する情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
313480 [INFO] .NET データ プロバイダのロードマップ

プロパティ

文書番号: 315968 - 最終更新日: 2006年1月24日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ADO.NET 1.1
  • Microsoft ADO.NET 1.0
  • Microsoft Visual C# .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual C# .NET 2002 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbsqlclient kbstoredproc kbsystemdata KB315968
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com