Printer Migrator 2000 ツールを使用して Windows NT 4.0 または Windows 2000 コンピュータ間でプリンタ サーバー構成を移行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 315983 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP315983
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Printer Migrator 2000 ツール (Printmig.exe Version 2.0) を使用して、Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのコンピュータ間でプリンタ サーバーの構成を移行する方法について手順を追って説明します。

詳細

Printer Migrator 2000

Printer Migrator 2000 は Microsoft Windows 2000 Resource Kit Supplement 1 に含まれています。このツールは、Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのプリンタ サーバーに対してレジストリ エントリやプリンタ ドライバを含む完全なバックアップを実行し、データをキャビネット (.cab) ファイルに保存します。Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのプリンタ サーバー間でプリンタ サーバーの構成を移行する場合には、このツールを使用して、現在のプリンタ サーバー上で構成をバックアップした後、移行先の Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのプリンタ サーバー上で構成を復元します。

Printer Migrator 2000 は次のような構成データをバックアップします。
  • プリンタ
  • 定義されている印刷キュー (Windows NT 4.0 および Windows 2000)
  • プリンタ ドライバ
  • すべてのファイル共有とプリンタ共有およびユーザーのアクセス許可を含む、共有ポイント情報
  • 以下のプリンタ モニタ ポート
    Hewlett-Packard ネットワーク ポート
    LexMark MarkVision ポート モニタ (IP/DLC)
    Jet Admin
    LPR ポート
    Digital Network Port
    Apple Talk ポート モニタ
    標準ポート モニタ
Printer Migrator 2000 は、実際のモニタをバックアップするのではなく、定義されたポートのみをバックアップします。機能を完全に移行するには、移行先のコンピュータ上で構成を復元する前に、元のポート モニタのセットをインストールしておく必要があります。復元処理後、存在しない各モニタについて警告メッセージが表示されます。

バックアップを実行すると、デフォルトでは、すべての構成データが Pm.cab ファイルに書き込まれます。テキスト ファイルにログを記録するオプション (デフォルトで有効) が有効になっている場合は、Pm.log ファイルにサーバーのステータス情報が記録されます。この 2 つのファイルは、以下のデフォルト フォルダに配置されています。
%SystemRoot%\System32\Spool\Pm
Printer Migrator 2000 は、個別の Windows 2000 または Windows NT 4.0 ベースのプリンタ サーバーを作成または移動するように設計されています。移行元のコンピュータと移行先のコンピュータでは、同じオペレーティング システムが実行されている必要があります。Windows NT 4.0 ベースのプリンタ サーバーを Windows 2000 ベースのプリンタ サーバーにアップグレードする場合は、このツールを使用しないでください。

プリント サーバーをバックアップする方法

Windows NT 4.0 または Windows 2000 ベースのプリンタ サーバーをバックアップするには、次の手順を実行します。
  1. Printer Migrator 2000 を起動します。
  2. [Actions] メニューの [Backup] をクリックします。
  3. [Target server] ボックスに、バックアップするプリンタ サーバーの名前を次のような UNC 形式で入力します。
    \\Servername
    たとえば、\\Server1 と入力します。ローカル コンピュータ上のプリンタ構成をバックアップする場合、このボックスは空欄のままにします。

  4. [File name] ボックスで、構成データを保存する .cab ファイルのデフォルトの名前と場所 (%SystemRoot%\System32\Spool\Pm\Pm.cab) をそのまま使用するか、使用するファイル名と場所を指定します。
  5. [OK] をクリックします。バックアップ処理が開始されます。Printer Migrator 2000 ウィンドウの下部に表示される進捗状況レポートの内容が、Pm.log ファイルに書き込まれます。バックアップ処理が完了すると、ログ ファイルの末尾に次のテキストが表示されます。
    Backup complete.

構成を復元する方法

移行先のプリンタ サーバーにプリンタ構成を復元するためには、次の条件を満たしている必要があります。
  • バックアップ コンピュータと移行先のコンピュータでは、同じオペレーティング システム (Windows NT 4.0 または Windows 2000) が実行され、同じプラットフォーム (x86 など) が使用されている必要があります。
  • プリンタ モニタ情報が、バックアップ コンピュータと一致している必要があります。モニタが存在しない場合は、Printer Migrator 2000 によって警告メッセージが表示されます。モニタまたはサービスをインストールした後で、再び復元を実行する必要があります。
  • 移行先のプリンタ サーバーに対して管理者のアクセス許可を持っていることが必要です。
リモート プリンタ サーバーにプリンタ構成を復元するには、次の手順を実行します。
  1. Printer Migrator 2000 を起動します。
  2. [Actions] メニューの [Restore] をクリックします。
  3. [Look in] ボックスで、プリンタ構成データが保存されている .cab ファイルを含むフォルダの場所を探します。たとえば、プリンタ構成情報のデフォルトの名前と場所を使用した場合、ファイルの名前は Pm.cab で、以下のフォルダにあります。
    %SystemRoot%\System32\Spool\Pm
  4. [File name] ボックスに、.cab ファイルの名前を入力します。たとえば、Pm.cab と入力します。
  5. [Target server] ボックスに、移行先のプリンタ サーバーの名前を次のような UNC 形式で入力します。
    \\Servername
    たとえば、\\Server8 と入力します。

  6. 設定するオプションのチェック ボックスをオンにします。
  7. [Open] をクリックすると、復元が開始されます。復元処理が開始されると、Printer Migrator 2000 によって、移行先コンピュータ上の Print Spooler サービスおよび Print Server for Macintosh サービス (開始されている場合) が一時的に停止され、印刷キュー情報が復元されます。

    Printer Migrator 2000 ウィンドウの下部に進捗状況レポートが表示されます。このレポートの内容は、Pm.log ファイルに書き込まれます。復元処理が完了すると、ログ ファイルの末尾に以下のようなテキストが表示されます。
    Restore complete.
    Registry restored.
    Starting Spooler...
    Spooler Running
    Starting MacPrint...
    MacPrint Running

関連情報

Printer Migrator 2000 はコマンド プロンプトから実行することもできます Printmig.exe の使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
275529 Printmig.exe Version 2.0 のヘルプ情報
Windows 2000 リソース キットの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/windows2000serv/reskit/default.mspx?mfr=true
Windows Print Migrator 3.1 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9B9F2925-CBC9-44DA-B2C9-FFDBC46B0B17&displaylang=en

プロパティ

文書番号: 315983 - 最終更新日: 2006年11月7日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster KB315983
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com