Visual Basic や Visual Basic を使用して、DataGrid コントロールをオブジェクトまたは構造体の ArrayList に連結する方法です。NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 316302
マイクロソフト ビジュアルを C#。この資料のバージョンを NET を参照してください。 316303.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でにバインドする方法について説明します、 ArrayList オブジェクトには、 データ グリッド コントロールです。Microsoft Windows フォームでの例を構成します。 データ グリッド オブジェクトのプロパティの値は、の行を参照するのには、4 つのコマンド ボタンを表示するコントロールが データ グリッド コントロールです。

要件

推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要な service pack を以下に示します。
  • Microsoft Visual Basic 2005年や Microsoft Visual Basic。NET
この資料では、次のトピックに精通しているを前提としています。
  • Visual Basic のプログラミングに関する概念

クラスを設計します。

コントロールにバインドされるクラスは、プロパティ アクセサーが必要です。任意のプロパティをバインドする必要があります。 プロパティ セットプロパティの取得 方法があります。この資料で使用されるサンプル クラスに (ここでは 1 つだけを示します)。 3 つのメンバーをがパラメーター化されたコンス トラクターも用意されていますが、必須ではありません。
Public Class guitar
    Private m_make As String
    Private m_model As String
    Private m_year As Short

    Public Sub New(ByVal make, ByRef model, ByVal year)
        m_make = make
        m_model = model
        m_year = year
    End Sub
    Public Property make() As String
        Get
            Return m_make
        End Get
        Set(ByVal Value As String)
            m_make = Value
        End Set
    End Property
    
End Class
				

ArrayList にクラスのインスタンスを追加します。

インスタンスを作成し、それらを追加するのには ArrayList、次の手順を実行します。
  1. 宣言します。 ArrayList.
  2. クラスのインスタンスを作成し、インスタンスに追加、 ArrayList.
Private al as New Arraylist()

al.Add(New guitar("Gibson", "Les Paul", 1958))
al.Add(New guitar("Fender", "Jazz Bass", 1964))
al.Add(New guitar("Guild", "Bluesbird", 1971))
				

ArrayList を DataGrid にバインドします。

後、 ArrayList 値が設定されて、設定、 データ ソース プロパティが データ グリッド 制御するのには ArrayList.列には、 データ グリッド コントロールに表示されるの範囲内のプロパティのアクセサーが存在したプロパティに基づいています。
DataGrid1.DataSource = al
				

ArrayList を参照する手段を提供します。

使用することができます。 CurrencyManager 参照するのには ArrayList.これを行うには、関連付ける CurrencyManager で、 BindingContext コントロール (この例では、 ArrayList).
Private cManager As CurrencyManager

cManager = CType(DataGrid1.BindingContext(al), CurrencyManager)
				
は、 CurrencyManager クラスが、 位置 メンバーを反復処理するために使用できるプロパティは、 ArrayList.追加するには、またはの現在の値から減算することによって 位置、の行を参照することができます、 データ グリッド コントロールです。
'Move forward one element.
cManager.Position += 1
'Move back one element.
cManager.Position -= 1
'Move to the beginning.
cManager.Position = 0
'Move to the end.
cManager.Position = al.Count - 1
				

ステップ バイ ステップの例

  1. Visual の Basic2005 または Visual Basic で。NET は、新しい Windows アプリケーション プロジェクトを作成します。デフォルトで Form1 が作成されます。
  2. で、 プロジェクト メニューをクリックして クラスを追加します。 プロジェクトにクラスを追加します。
  3. Class1.vb のコードは、次のように置き換えます。
    Public Class guitar
        Private m_make As String
        Private m_model As String
        Private m_year As Short
    
        Public Sub New(ByVal make, ByRef model, ByVal year)
            m_make = make
            m_model = model
            m_year = year
        End Sub
        Public Property make() As String
            Get
                Return m_make
            End Get
            Set(ByVal Value As String)
                m_make = Value
            End Set
        End Property
        Public Property model() As String
            Get
                Return m_model
            End Get
            Set(ByVal Value As String)
                m_model = Value
            End Set
        End Property
        Public Property year() As Short
            Get
                Return m_year
            End Get
            Set(ByVal Value As Short)
                m_year = Value
            End Set
        End Property
    End Class
    					
  4. Class1.vb のコード ウィンドウを閉じるし、フォーム デザイナーに切り替えます。
  5. 追加します。 データ グリッド Form1 に制御します。サイズは、 データ グリッド 4 つの列と 3 つの行に対応するためのコントロールです。
  6. 4 を追加します。 ボタン Form1 に、コントロールし、ボタンを水平方向に整列します。
  7. 変更は、 テキスト Button1 のプロパティ 次へ.
  8. 変更は、 テキスト プロパティを Button2 の .
  9. 変更は、 テキスト プロパティを button3 からするには 最初.
  10. 変更は、 テキスト プロパティの [button4] 最後.
  11. 次のコードを追加、 Form1 クラス:
    Private cManager As CurrencyManager
    Private al as New ArrayList()
    					
  12. 次のコードを貼り付けます、 Form1_Load イベント:
    al.Add(New guitar("Gibson", "Les Paul", 1958))
    al.Add(New guitar("Fender", "Jazz Bass", 1964))
    al.Add(New guitar("Guild", "Bluesbird", 1971))
    				
    cManager = CType(DataGrid1.BindingContext(al), CurrencyManager)
    	
    DataGrid1.DataSource = al
    					
  13. 後に、次のコードを貼り付けます、 Form_Load 手順:
        Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
            cManager.Position += 1
        End Sub
    
        Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click
            cManager.Position -= 1
        End Sub
    
        Private Sub Button3_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button3.Click
            cManager.Position = 0
        End Sub
    
        Private Sub Button4_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button4.Click
            cManager.Position = al.Count - 1
        End Sub
    					
  14. ビルドして、プロジェクトを実行します。
  15. 行の間を移動するのには、コマンド ボタンをクリックして、 データ グリッド コントロールです。必要に応じて、オブジェクトの値を編集できることに注意してください。

構造体の代わりにクラスを使用します。

構造体のバインドの規則を使用するとオブジェクトのバインドの規則と同じです。アクセサーのプロパティ (つまりメンバー) が必要です。この目的のために作成された構造体はクラスに似ています。

バインドするのには ArrayList 構造体の次の手順を実行します。
  1. Class1.vb クラス モジュールは、例での定義を変更します。
    Public Class guitar
    '...
    End Class
    					
    次のようにします。
    Public Structure guitar
    '...
    End Structure
    					
  2. ビルドし、サンプル プログラムを再度実行しますそれが機能していることを確認する。 ArrayList 構造です。

関連情報

詳細については、Visual Studio の「消費者のデータを Windows フォーム」」を参照してください。Net のオンライン ヘルプを使用できます。

プロパティ

文書番号: 316302 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB316302 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:316302
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com