Windows Server 2003、Windows 2000 Server、Windows NT 4.0 で移動ユーザー プロファイルを使用するようにユーザー アカウントを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 316353 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP316353
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、移動ユーザー プロファイルを使用するようにユーザー アカウントを構成する方法について説明します。この構成を行うには、まず移動ユーザー プロファイルを格納する共有フォルダを作成し、その後、移動ユーザー プロファイルを使用するようにユーザー アカウントを構成する必要があります。この作業が完了すると、ユーザーのプロファイルはユーザー固有のデスクトップ設定と共にサーバーに格納され、ユーザーは、ドメイン内のどの Windows NT 4.0 ベースのコンピュータにログオンするときにもそのプロファイルを使用することができます。

必要条件

  • ユーザー アカウントを構成するには、ネットワーク上に、プライマリ ドメイン コントローラの役割を果たす Windows NT Server 4.0 ベースのコンピュータが必要です (コンピュータは、ハードウェア互換性リスト (HCL) の要件を満たしている必要があります)。
  • 移動ユーザー プロファイルをプライマリ ドメイン コントローラに保存しない場合は、ネットワーク上にもう 1 台の Windows NT Server 4.0 ベースのコンピュータが必要です。

移動ユーザー プロファイルを格納する共有フォルダの作成方法

移動ユーザー プロファイルを使用するようにユーザー アカウントを構成する前に、ドメイン内の Windows NT Server 4.0 ベースのコンピュータ上に、移動ユーザー プロファイルを格納する共有フォルダを作成する必要があります。この共有フォルダは、多くの場合、ドメイン コントローラに置かれますが、ドメイン内の他の Windows NT Server 4.0 ベースのコンピュータ上に作成してもかまいません。

移動ユーザー プロファイルを格納する共有フォルダを作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントし、[Windows NT エクスプローラ] をクリックします。
  2. 移動ユーザー プロファイル格納用の共有フォルダを作成するドライブをクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[フォルダ] をクリックします。
  4. 新しいフォルダの名前を入力し、Enter キーを押します。

    : 移動ユーザー プロファイルを格納するフォルダには、"Profiles" という名前を付けるのが一般的ですが、他の名前でもかまいません。
  5. 手順 3. で作成したフォルダを右クリックし、[共有] をクリックします。
  6. [共有する] をクリックし、共有フォルダに割り当てる名前を [共有名] ボックスに入力し、[OK] をクリックします。

    : プロファイルを格納する共有フォルダには "Profiles" という名前を付けるのが一般的です。
  7. Windows NT エクスプローラを終了します。

Windows ベースのドメイン内で移動ユーザー プロファイルを使用するようにユーザー アカウントを構成する方法

ドメイン内のユーザー アカウントを構成するには、ドメイン内の任意の Windows NT Server 4.0、Windows 2000 Server または Windows Server 2003 ベースのコンピュータを使用できます。または、ドメイン内の、Windows NT Server 管理ツールを実行している Windows NT Workstation 4.0、Windows XP Professional または Windows 2000 Professional ベースのコンピュータも、アカウントの構成に使用できます。アカウントを構成するには、管理者としてログオンするか、Administrators ローカル グループのメンバまたは Account Operators ローカル グループのメンバとしてログオンする必要があります。

移動ユーザー プロファイルを使用するようにユーザー アカウントを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール (共通)] の順にポイントし、[ドメイン ユーザー マネージャ] または [Active Directory ユーザーとコンピュータ] (Windows 2000 Server と Windows Server 2003 の場合) をクリックします。
  2. 移動プロファイルを割り当てるユーザー アカウントをダブルクリックし、[プロファイル] をクリックします。
  3. [ユーザー プロファイルのパス] ボックスに、ユーザー プロファイルが格納されている共有フォルダのパスを入力し、[OK] をクリックします。

    ユーザー プロファイルのパスは、次の形式で入力します。
    \\server_name\shared_folder_name\user_profile_folder_name
    たとえば、ユーザーの移動プロファイルを、"Server1" という名前のサーバーにある "Profiles" という名前の共有フォルダに格納されているユーザー アカウントと同じ名前のフォルダに格納する場合は、次のパスを入力します。
    \\Server1\Profiles\%username%
    : Windows NT では、このユーザー プロファイルが作成されアクセスされると、変数 %username% が自動的にユーザー アカウント名に置換されます。この変数を使用することにより、同じパスをすべてのユーザーに対して使用することができます。
  4. [OK] をクリックし、ドメイン ユーザー マネージャまたは Active Directory ユーザーとコンピュータを終了します。
ユーザーが次にログオンしたとき、手順 3. で指定したユーザー プロファイル フォルダが作成されます。そのユーザーがログオフすると、ユーザー プロファイルは作成されたフォルダにコピーされます。

関連情報

移動ユーザー プロファイルの構成方法の詳細については、マイクロソフト オフィシャル カリキュラム (MOC) Module 2 の「Course Number 803, Administering Microsoft Windows NT 4.0」を参照してください。

Windows NT Server ツールをインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
168476 Windows NT 4.0 で固定プロファイルを作成する方法

プロパティ

文書番号: 316353 - 最終更新日: 2006年5月17日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbuser KB316353
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com