Visual Studio 内のストアド プロシージャをデバッグする方法NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 316549
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では行うことができます 2 つの方法について説明しますSQL Server のストアド プロシージャおよび必要な構成設定は、デバッグとそれぞれの方法の手順します。

Visual Studio の。NET 開発者が使用できる、ストアド プロシージャのいずれかの SQL Server をデバッグするのには、サーバー エクスプ ローラーVisual Studio のプロジェクト、または開発者が格納されているのコードにステップ インできます。直接マネージ コードから、Visual Basic、Visual C#、または Visual J# アプリケーションでの手順プロジェクトです。

オプション 1: スタンドアロン モードでストアド プロシージャをデバッグします。

  1. サーバー エクスプ ローラーを開きます。

    メモ: するには、SQL でデータ接続を追加する必要はありませんサーバー SQL Server サーバーが [サーバー] ノードの下に一覧表示されますのでまた。次の手順で、[サーバー] ノードを使用します。ただし、ことができます。同様に、SQL Server のサーバへのデータ接続を使用します。
  2. 下に サーバー サーバー エクスプ ローラーでノードを展開し、 SQL Server マシン名、展開、 SQL サーバー ノードを展開し、 SQL Server インスタンス化、拡大、 Northwind データベース ノードは] を展開し、 ストアド プロシージャ ノードです。
  3. 右クリックし、 既存 ストアド プロシージャをクリックし ストアド プロシージャにステップ イン.
  4. は、 ストアド プロシージャを実行します。 ダイアログ ボックスが開き、どのストアド プロシージャのパラメーターを示します。種類ALFKI 値として、 @ 得意先コード パラメーターを入力しをクリックしてください [OK].
  5. Visual Studio のデザイン環境では、ウィンドウを開きますストアド プロシージャのテキストが表示されます。最初の実行可能な行ストアド プロシージャが強調表示されます。ストアドの手順には、F11 キーを押します手順を完了します。
  6. [出力] ウィンドウには、次のメッセージが表示されます、正常に実行を示します。
    プログラム ' SQLデバッガー: の T-SQL' コード 0 (0x0) で終了しました。

オプション 2: ステップイン ストアド プロシージャ マネージ コードから

  1. Visual Basic の新しい Windows アプリケーションを作成します。プロジェクトです。
  2. ドラッグします。 ボタン ツールボックスから Form1 に制御します。Form1 のコードの先頭にウィンドウで、次のコード行を追加。
    Imports System.Data.SqlClient
    					
  3. 次のコードをコピー、 Button1_Click イベント プロシージャ:

    メモ: お客様の環境に応じて接続文字列を変更します。
            Dim cn As SqlConnection
            Dim strCn As String
            Dim cmd As SqlCommand
            Dim prm As SqlParameter
            strCn = "Data Source=(local);Initial Catalog=Northwind;" & _
                "Integrated Security=SSPI"
            cn = New SqlConnection(strCn)
            cmd = New SqlCommand("CustOrderHist", cn)
            cmd.CommandType = CommandType.StoredProcedure
            prm = New SqlParameter("@CustomerID", SqlDbType.Char, 5)
            prm.Direction = ParameterDirection.Input
            cmd.Parameters.Add(prm)
            cmd.Parameters("@CustomerID").Value = "ALFKI"
            cn.Open()
            Dim dr As SqlDataReader = cmd.ExecuteReader
            While dr.Read
                Console.WriteLine("Product ordered: {0}", dr.GetSqlString(0))
            End While
            dr.Close()
            cn.Close()
    					
  4. ソリューション エクスプ ローラーで、プロジェクトを右クリックして (されません、ソリューション) を開くと、 プロパティ ページします。クリックしてください。 構成プロパティ ツリーで選択しますが SQL Server のデバッグ チェック ボックスをオンに デバッグ ストアド プロシージャのデバッグを有効にするページを指定します。
  5. コードの次の行にブレークポイントを設定します。
           Dim dr As SqlDataReader = cmd.ExecuteReader
    					
  6. サーバー エクスプ ローラーでを検索して開きます、 既存 オプション 1 で説明したように、ストアド プロシージャ。格納されている右クリックします。手順をクリックし ストアド プロシージャを編集します。.
  7. [選択] ストアド プロシージャにブレークポイントを設定します。ステートメントは、実行可能なコードの行だけです。
  8. Visual Basic のプロジェクトを実行する F5 キーを押します。
  9. Form1 が表示されたらをクリックして、 コマンド ボタン.前に設定したブレークポイントは、コードが実行される、ストアド プロシージャが呼び出されます。
  10. F11 キーを押します。コードの実行の手順から、 ExecuteReader メソッドには、ストアド プロシージャのウィンドウです。
  11. 再度 F11 キーを押します。1 行のコードでのストアド手順では、SELECT ステートメントを実行します。コントロールをビジュアルに返し、基本的なプロジェクト、およびプロジェクト完了まで実行されます。
  12. した後、Visual Basic のコードのステップ実行を続行するのには手順、ストアド プロシージャの 2 回目ブレークポイントを設定する必要があります、Visual Basic コードは、ストアド プロシージャの呼び出し後。たとえば、このセクションでは、設定できます、2 番目のブレークポイントでコードのサンプルを次の行:
            While dr.Read
    					

トラブルシューティング

  • Visual Studio コードからストアド プロシージャにステップを実行するには、SQL のデバッグを有効にする必要があります、 プロジェクトのプロパティ で、 デバッグ ページします。
  • ストアド プロシージャのコードをステップ実行するを設定する必要があります、ストアド プロシージャ内のブレークポイント。それ以外の場合は、上の手順をデバッグ、ストアド プロシージャとそのストアド プロシージャのウィンドウではありません。開きます。
  • 後に Visual Studio コードをステップ実行する続行するのには手順、ストアド プロシージャのデバッグ、ブレークポイントを設定する必要があります、プロジェクトのコードで、ストアド プロシージャの実行後。それ以外の場合は、コードを実行するのには、ストアドの手順をデバッグした後は、[完了プロシージャです。
  • セットアップと構成の問題についてを参照して権限「設定の SQL デバッグ」で、Visual Studio。NET参照してください。

ストアド プロシージャをデバッグする際の制限事項

次に発生する可能性があります制限の一覧です。ストアド プロシージャをデバッグする場合、およびデバッグ時に発生しません、Visual Studio のコード:
  • 「実行を中断できません」。
  • 「編集続行することはできません。」
  • ステートメントの順序を変更することはできません。実行します。
  • 変数の値を変更することができますが、変数の値をキャッシュするための変更が反映されません。
  • SQL PRINT ステートメントからの出力ではありません。表示します。

関連情報

デバッグに関する詳細についてはVisual Basic 6.0 では、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。技術情報:
170496Visual Basic からのストアド プロシージャをデバッグするためのヒント
詳細については、以下を参照してください。Web サイト (または、Visual Studio の「SQL のデバッグ」を参照してください。NET のヘルプドキュメント)。
SQL のデバッグ
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/zefbf0t6 (vs.71)

プロパティ

文書番号: 316549 - 最終更新日: 2011年7月25日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbsqlclient kbsystemdata kbmt KB316549 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:316549
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com