文書番号: 316639 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Windows 98 または Windows Me から Windows XP へのアップグレードを準備する方法について手順を追って説明します。この資料の情報は、アップグレードに関連する一般的な問題を回避するために役立つ可能性があります。



詳細

システム要件を確認します。

コンピューターには、次のハードウェア要件を満たす必要があります。
  • プロセッサ
    • 最小 233 メガヘルツ (MHz) プロセッサ クロック速度が、必要です 300 MHz を推奨
    • Intel Pentium と Celeronfamily、AMD K6、Athlon、モバイル Duron の家族、または互換性のある processorrecommended

      メモ Windows XP Professional は、単一の CPU とデュアル CPU の両方のコンピューターをサポートしていますが、Windows XP Home Edition にはシングル CPU コンピューターのみがサポートしています。
  • 128 mb (メガバイト以上の RAM を推奨) (64 MBminimum がサポートされている可能性がありますパフォーマンスといくつかの機能制限)
  • 1.5 gb の空きハード・ディスク領域
  • スーパー VGA (800 x 600) またはより高い解像度のビデオ adapterand のモニター
  • CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブ
  • キーボードおよびマイクロソフト マウスまたは互換性のある pointingdevice
コンピューターが Windows XP Home または Windows XP Professional と互換性のあるかどうかを確認するのには、次の Web サイトのいずれかの参照してください。
Windows XP のホーム
http://www.microsoft.com/windowsxp/home/upgrading/checkcompat.mspx

Windows XP Professional
http://www.microsoft.com/windowsxp/pro/upgrading/checkcompat.mspx

プログラムの互換性を確認します。

プログラムの互換性、および Windows Me または Windows 98 からの移行についての情報は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb457032.aspx

ハードウェアの互換性を確認します。

Windows XP の互換性のあるハードウェアについては、「Windows ハードウェア互換性リスト (HCL)」を参照していますください。この一覧は、コンピューターと windows の安定性と互換性について広範囲にわたってテストされているハードウェアを集めたです。マイクロソフト製品サポート サービス (PSS) は、Windows で使用するため、コンピューターがサポートされているかどうかを確認するのに、HCL を使用します。最新の HCL を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/hcl/default.mspx

Windows XP アップグレード アドバイザーを実行します。

Microsoft Windows XP アップグレード アドバイザー ツールを使用するには、コンピューターの現在の状態を監査して、既知のハードウェアとソフトウェアの互換性問題 (リリース前にマイクロソフトのテストに基づく) のレポートを受信します。これらの問題が解決されるまで、レポートの結果が場合をアップグレードしないでください。Windows XP で正常に動作する製品を更新、ハードウェアまたはソフトウェアの製造元に問い合わせてください。

Windows XP Home Edition または Windows XP Professional へのアップグレードを検討している、Windows XP の CD-ROM がない場合は、Windows XP アップグレード アドバイザーをダウンロードできます。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してくださいし、アップグレード アドバイザーをダウンロード] をクリックします。
http://www.microsoft.com/windowsxp/home/upgrading/advisor.mspx
別のオペレーティング システムを実行しているときに、アップグレードを開始するには、Windows XP セットアップ プログラムを起動する場合は、Windows XP は自動的に Windows XP アップグレード アドバイザーを実行します。ただし、ここで Windows XP アップグレード アドバイザーは、限られたレポートを生成レポート全体ではなく、ブロックの問題についてのみ説明します。アップグレードせず (Upgrade.txt ファイルとして保存されます) を完全レポートを作成する場合は、I386 フォルダーからwinnt32 しますコマンドを実行、Windows XP の cd-rom。

メモ 表示します winnt32コマンドを実行するときに動的更新を選択した場合は、適切なドライバーや修正プログラムがダウンロードされます。したがって、アップグレードを実行する(推奨) の動的更新を選択するとは、ドライバーを再びダウンロードする必要はありません。

表示します winnt32コマンドを実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cmdファイルを開くボックス、および ENTER キーを押します。
  2. タイプ CD-ROM のドライブ文字:、し、ENTER キーを押します。

    CD-ROM のドライブ文字 Windows XP の CD-ROM を挿入する場所、CD-ROM または DVD-ROM ドライブのドライブ文字です。
  3. タイプ cd i386、し、enter キーを押します。
  4. タイプ winnt32 表示します、し ENTER キーを押します。
Windows XP アップグレード アドバイザーのレポートを生成する、コンピューターを Windows XP にアップグレードするかどうかを判断することができます。表示されているデバイスをすべてサポートされていないことを確認する、レポートを読む (そのハードウェアを Windows XP での作業を必要としない) 場合を除き、Windows XP のドライバーを製造元から入手されています。これは、オペレーティング システムをアップグレードした後に接続があるできるように、ネットワーク アダプターとモデム ドライバーにとって特に重要です。接続の確立後、2 回目以降の該当するデバイス ドライバーをダウンロードできます。いつものように、Windows XP で使用するように設計されたドライバーを使用することを確認します。

利用可能なソフトウェア アップグレードを探すには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
また、取引先担当者が、ソフトウェアの製造元のアップグレード パックを使用できます。プログラムは、Windows XP での実行にアップグレード パックが必要な場合、アップグレード中にそのアップグレード パックが必要です。それが使用できない場合は、Windows XP にアップグレードした後、プログラムを再インストールする必要があります。

アップグレード パックに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
231418 Windows 95/98 から Windows 2000 へのアップグレード時に、追加のアップグレード パックを指定します。
ソフトウェア ソフトウェアのアップグレード後に再インストールする必要がありますまたは Windows XP を実行するために、アップグレードを必要とするソフトウェアの一覧を参照してください。かどうかは、更新またはアップグレードを開始する前に、ソフトウェアで利用可能なサービス パックを判断することができます。これらの更新プログラムは、アップグレード中に使用可能な場合は、ソフトウェアが Windows XP で正しく動作します。さらに、特定のソフトウェアとの互換性を確認しない場合は、お勧め正しく Windows XP へのアップグレード後に削除することができない場合がありますので、オペレーティング システムをアップグレードする前に、ソフトウェアを削除することです。

メモ 場合は、コンピューターに 1 つ以上の圧縮ドライブまたは 1 つまたは複数のプログラムまたはサービスを実行するいると、Windows XP アップグレード アドバイザーや Windows XP アップグレードが機能しません。

動的な更新機能

Windows XP のセットアップには、動的な更新機能が含まれています。動的な更新をダウンロードし、重要なコンテンツを使用して、Windows XP のセットアップ プログラムを強化します。Windows XP のセットアップ プログラムの実行中に、コンピューターがインターネットに接続できる、重要なコンテンツをダウンロードする動的更新ように求められます。動的な更新をスキップできますが、省略していないことを強くお勧めします。

動的更新について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックします。
311220 Windows XP セットアップの動的な更新機能の説明
314582 Windows XP の動的更新 1.2 パッケージに含まれている修正の一覧

実行中のプログラムをすべて終了します。

削除するとサービスが実行されているプログラムの潜在的な問題を次のオプションのいずれかを使用します。
  • 実行中のプログラムをすべて終了します。Allrunning プログラムの一覧については、 CloseProgramダイアログ ボックスを表示するには CTRL + ALT + DEL キーを押します。プログラムの実行の数を制限するときにその他のリソースは、Windows XP セットアップ プログラム、および helpprevent 問題と、セットアップ プログラムの実行中のプログラムの間で。
  • で、Windows 98 または Windows Millennium Edition の場合。
    1. [スタート] ボタンを実行] をクリックして、 msconfigと入力し [OK] をクリックします。
    2. スタートアップのオプションをクリックします。
    3. すべてのチェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。
    4. [コンピューターを再起動し、Windows XP のセットアップ プログラムまたは Windows XP アップグレード Advisoragain を実行しよいます。
    Msconfig.exe とこの手順については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
    192926 Windows 98 でクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法
  • コンピューターをセーフ モードで起動し、アップグレードを実行するには、winnt32.exeコマンドを実行またはアップグレード アドバイザーを実行するには、 winnt32.exe/checkupgradeonlyを実行します。セーフ モードは、ドライバー、サービス、およびプログラムのよいわけセットのみを使用します。セーフ モードは、インストールを簡略化し、アップグレードを妨げる可能性がある項目を削除できます。ただし、セーフ モードでは、アップグレードには影響しません。Notloaded にあるアイテムも検査され、レポートに含めることができます。
メモ 通常、CD-ROM ドライブではアクセスできない安全なモードです。

セーフ モードで CD-ROM ドライブにアクセスする方法に関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
194846 CD-ROM ドライブをセーフ モードでアクセスできるようにする方法

コンピューターをバックアップします。

警告Windows XP では、削除オプション。ただし、ファイル システムを NTFS ファイル システムを変更した場合や、Windows 2000 Professional からアップグレードした場合は、アップグレード後に Windows XP を削除できません。

アップグレードを開始する前に、すべてのデータを含む、コンピューターの内容をバックアップします。このバックアップは、復元できます、データ ファイルを以前のオペレーティング システムを再インストールする場合。

Windows 98 または Windows Millennium Edition ベースのコンピューターのバックアップを作成する方法に関する詳細については、「、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次資料番号をクリックします。
188575 Microsoft バックアップを使用してリムーバブル メディア デバイスにバックアップを作成する方法
182624 Windows 98 用の Microsoft バックアップのシステム要件
187526 Windows 98 を完全なシステム バックアップから復元する方法

コンピューターの BIOS をアップグレードします。

アップグレードを開始する前に、入手して、コンピューターの製造元からコンピューターの最新の基本入出力システム (BIOS) のアップグレードをインストールします。コンピューターをアップグレードした後に BIOS を更新する場合は、高度な構成および電源インターフェイス (ACPI) の BIOS でサポートしてなどの機能を利用する、Windows XP を再インストールすることがあります。可能な場合は、アップグレードを開始する前に、すべてのデバイスでファームウェアを更新します。

警告アップグレードするか、bios をバージョンが正しくないと、特定のマザーボードの深刻なマザーボードを破損ことができます。したがって、使用しない、コンピューターの BIOS に精通して非常に、この方法またはそう安全にする方法については十分に入手している場合を除き、します。

ハードウェアおよび BIOS の更新については、次のサードパーティの Web サイトを参照してください。
http://www.wimsbios.com/
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

電源管理を無効にするには

電源管理を無効にする Windows 98 または Windows Millennium Edition でコントロール パネルの [電源かどうかを確認します。電源管理を無効にするには。
  1. [スタート] ボタン、[設定] をポイントし、コントロール パネル、および thendouble [電源の管理] をクリックします。
  2. [電源設定] タブをクリックします。
  3. モニターの電源を切るしない] に設定します。
  4. ハード ディスクの電源を切るしない] に設定します。
  5. システム スタンバイなし] に設定します。
ACPI (高度な構成電源インターフェイス) をオンにする場合は、オフ アドバンスト パワー マネージメント (APM)、コンピューターの BIOS で有効にします。Windows XP セットアップ プログラム、アップグレード、または Windows XP アップグレード アドバイザーの実行中に、電源の中断がある場合は、予期しない結果があります。コンピューターを再起動すると、停止した場所から、Windows XP のセットアップ プログラムが続行されます。ただし、結果は場合によってさまざまな遅延の電源状態からコンピューターを再開する場合は、通常です。そのため、電源管理をオフにすると便利です。

削除するか、ウイルス対策ソフトウェアを無効にします。

削除または、アップグレードを開始する前に実行されているウイルス対策ソフトウェアを無効にします。実行中のハードウェア ウイルス対策機能を無効にも。たとえば、一部のコンピューターの BIOS にウイルス対策機能が含まれます。

場合によっては、Windows XP セットアップはアップグレード中にウイルス対策ソフトウェアをオフには、それ以外の場合は、する必要があります最初を切るソフトウェア。Windows XP で正しく動作するには、ほとんどのウイルス対策ソフトウェアを更新しなければなりません。ウイルス対策ソフトウェアを無効にする方法の詳細については、のマニュアルまたはオンライン ヘルプを参照してください。

圧縮ドライブを展開します。

Windows XP では、withNTFS が含まれている圧縮でのみ使用します。まず DoubleSpace、ドライブ スペース、またはその他のドライブの圧縮ソフトウェアで圧縮されているすべてのドライブの圧縮を解除する必要があります。ドライブの圧縮を解除しない場合、ドライブ上のデータは Windows XP で利用できます。ドライブ上のデータはそのままで、Windows XP で使用可能はありません。圧縮されたドライブ上のデータを使用できるように、圧縮方法をサポートしているオペレーティング システムとデュアル ブートする必要があります。ドライブ C が圧縮されている場合は、Windows XP をインストールすることはできません。アップグレードまたは Windows XP アップグレード アドバイザーのレポートを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Windows がインストールされたドライブ スペース、Doublespace、またはその他の圧縮ドライブです。XP は、圧縮ドライブをサポートしていません。アップグレードする前に圧縮を解除する必要があります。
圧縮ドライブの圧縮を解除する方法については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
96250 DoubleSpace を削除し、ファイルを保存する方法

スキャン ディスクを実行します。

アップグレードを開始する前に、すべてのドライブで Scandisk.exe ツールを実行します。スキャン ディスクでは、セットアップ プログラムが実行されていると、セットアップ プログラムを完了する時間がかかることがありますアップグレード中に余分な再起動を回避できる、ディスク エラーやファイルのコピー エラーを防ぐのに役立ちます。ドライブの部品の適切な読み取りを防止する不良セクターがないかどうかを確認するクラスタスキャンを含めます。多数のファイルが、ディスクから読み込まれる、ため、破損していないファイルまたはフォルダーやドライブに不良部分の問題はアップグレードまたは Windows XP アップグレード アドバイザーの実行中に問題が発生します。

詳細については、スキャン ディスク ツールを使用して、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
186365 Windows 98 (Scandskw.exe) を Windows のスキャン ディスクの説明と私

Scanreg を実行します。

Windows 98 のレジストリのエラーを検査する Scanreg.exe を実行します。レジストリがスキャンのエラーを自動的にその Windows 98 を起動するたびに Scanreg によって発生した可能性がありますレジストリの破損をクリーンアップする役に可能性があります。Windows XP のセットアップ プログラムは、アップグレード中にはレジストリを検査します。そのため、破損したエントリを使用して問題が発生します。

Scanreg.exe の追加については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
183887 Windows レジストリ チェッカー ツール (Scanreg.exe) の説明

一時ファイルを削除します。

一時ファイルを削除する必要はありません。ただし、これを行うには役に立つ場合があります。一時ファイルを削除するには
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、アクセサリシステム ツール] をポイントおよび、[ディスク クリーンアップ] をクリックします。
  2. 一時的な InternetFilesごみ箱、および一時ファ ・ ルのチェック ボックスをオンにします。
  3. [Ok]をクリックします。
これらのファイルがすべてスキャン、対応アナライザーを実行するとします。削除するファイルをスキャンする必要がありますの数を減らします。Windows XP が可能ですが、非常に大きなフォルダーがあります、Windows XP のセットアップ プログラムの問題としてこれらのファイルの多くを保持します。場合は、セットアップ プログラムは、これらの問題を検出すると、セットアップ プログラムは、インターネット一時ファイルを削除する必要があります。アップグレードを開始する前に、これらのファイルを削除する英語版し、アップグレードを簡略化できます。



この記事は、以前のバージョンの Windows を指します。インストール、再インストール、または Windows をアンインストールする方法についてのヘルプを使用する場合は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://windows.microsoft.com/en-us/windows/help/install-reinstall-uninstall


関連情報

リンク

Windows XP にアップグレードできるオペレーティング システムの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/home/upgrading/matrix.mspx
Windows XP Professional にアップグレードする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/pro/upgrading/advisor.mspx

マイクロソフト サポート技術情報の記事

Windows XP にアップグレードできるオペレーティング システムの一覧については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
292607 Windows XP にアップグレード パスはサポートされていません
283253 Windows XP ドメイン ユーザーのプロファイルに、Windows 98 または Windows Millennium Edition のプロファイルをアップグレードする方法

トラブルシューティング

310064 Windows 98 または Windows Me からアップグレードする場合は、Windows XP セットアップの問題をトラブルシューティングする方法
315334 Windows XP にアップグレードしようとするとエラー メッセージを 'D:\i386\win9xupg\w95upg.dll'
308368 IrDA プロトコルに関する Windows XP アップグレード アドバイザーの警告
315333 Windows XP へのアップグレード時に GoBack のアップグレード レポート
312368 再インストール、修復、または Windows XP にアップグレードした後にデータの損失が発生します。
298427 Windows 95、Windows 98、または Windows Me からのアップグレード後、無効になっているスタートアップ プログラムを復元する方法
303160 コンピューターを Windows XP にアップグレードすると、エラー メッセージ 'アンインストール オプションは利用できません'
314057 アップグレードするか、Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium Edition に Windows XP をインストールすると、エラー メッセージ「NTLDR が不足している」
310562 Windows XP にアップグレードした後、パスワードが失われる

プロパティ

文書番号: 316639 - 最終更新日: 2014年6月20日 - リビジョン: 14.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kburl kbenv kbhowtomaster kbsetup kbupgrade w2000upgrade kbmt KB316639 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:316639
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com