Visual Studio .NET または Visual Studio 2005 のサーバー エクスプローラの使用方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 316649 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Visual Studio .NET または Microsoft Visual Studio 2005 のサーバー エクスプローラを使用する方法について説明します。

必要条件

必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および Service Pack は次のとおりです。
  • Visual Studio .NET または Visual Studio 2005
この資料は、次のトピックについて詳しい知識のあるユーザーを対象としています。
  • Visual Studio .NET または Visual Studio 2005
  • Microsoft Visual Basic .NET、Microsoft Visual Basic 2005、Microsoft Visual C# 2005、または Microsoft Visual C# .NET

Visual Studio .NET または Visual Studio 2005 のサーバー エクスプローラ

サーバー エクスプローラは、開発言語やプロジェクトの間で共有される Visual Studio .NET や Visual Studio 2005 の新しい開発ツールです。サーバー エクスプローラを使用すると、サーバーに接続でき、そのサーバーのリソースを表示してアクセスできます。たとえば、次のリソースに対して、接続、表示、およびアクセスできます。
  • データベース接続
  • サーバー
  • Crystal サービス
  • イベント ログ
  • メッセージ キュー
  • パフォーマンス カウンタ
  • Windows サービス

サーバー エクスプローラを開いて表示する

  1. Visual Studio .NET または Visual Studio 2005 を起動します。
  2. Visual Basic .NET、Visual Basic 2005、Visual C# 2005、または Visual C# .NET のいずれかを使用して、新しい Windows アプリケーションを作成します。
  3. [表示] メニューの [サーバー エクスプローラ] をクリックします。[サーバー エクスプローラ] ウィンドウにサーバーのリソースがツリー表示されます。このツリーの最上位には、次のノードが含まれます。
    • データ接続
    • サーバー
  4. [データ接続] ノードをクリックして展開します。

    このノードには、現在使用できるデータベース サーバーへのデータ接続が表示されます。Microsoft Windows で実行している Microsoft SQL Server への接続の作成や、UNIX で実行している Oracle データベースへの接続を作成できます。コンピュータの構成によっては、データ接続がこのノードに表示されない場合があります。
  5. 最上位の [サーバー] ノードをクリックして展開します。

    このノードには、現在使用できるサーバーが表示されます。各サーバー ノードには、アプリケーションで使用できるデータベースとサーバー リソースが表示されます。

データ接続を追加する

  1. [サーバー エクスプローラ] ウィンドウで、[データ接続] ノードを右クリックし、[接続の追加] をクリックします。
  2. [データ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスのコンボ ボックスでサーバー名を入力または選択します。たとえば、ローカル コンピュータに SQL サーバーがインストールされている場合は、local と入力します。

    : Visual Studio 2005 では、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 環境に合わせて、必要なログオン情報を入力します。
  4. 使用するデータベースを選択します。たとえば、接続先が SQL Server の場合、[Northwind] をクリックできます。
  5. [接続のテスト] (Visual Studio 2005 では [接続の確認]) をクリックして、そのデータ接続が有効なことを確認します。数秒後、次のメッセージが表示されます。
    接続のテストに成功しました。
    このテストでエラーが発生する場合、設定を確認し、必要な変更を加えます。
  6. [OK] をクリックします。

    新しいデータ接続が、[データ接続] ノードの下の子ノードとして表示されます。
  7. 作成したデータ接続ノードをクリックして展開します。

    サーバー エクスプローラに、このサーバーで使用できるテーブル、ビュー、およびストアド プロシージャが表示されます。

サーバーを追加する

  1. [サーバー エクスプローラ] ウィンドウで、[サーバー] ノードを右クリックし、[サーバーの追加] をクリックします。
  2. [サーバーの追加] ダイアログ ボックスで、ローカル サーバーとは異なるサーバー名を入力するか、使用している IP (Internet Protocol) アドレスとは別の IP アドレスを入力します。
  3. 別のユーザー名を使用してサーバーにログオンする場合は、[別の名前を使って接続してください。] をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力します。
  4. [OK] をクリックします。

    新しいサーバー ノードが、最上位の [サーバー] ノードの下に表示されます。
  5. 作成したサーバー ノードをクリックして展開します。

    サーバー エクスプローラには、Crystal サービス、イベント ログ、メッセージ キュー、パフォーマンス カウンタ、サービス、SQL Server など、使用可能なリソースが表示されます。ローカル サーバー名をクリックすると、ローカル コンピュータの同じ情報が表示されます。

サーバー エクスプローラからフォームに接続をドラッグする

ドラッグ アンド ドロップを使用して、ほぼすべてのオブジェクトをサーバー エクスプローラから Visual Studio .NET デザイナにコピーできます。統合開発環境 (IDE) により、アプリケーションで使用できる構成済みのオブジェクトが自動的に作成されます。

オブジェクトをコピーするこの機能は、RAD (Rapid Application Development) プログラミングの強力なツールとなります。たとえば、データ接続をフォームにドラッグすると、Visual Studio .NET によって接続オブジェクトが作成されるのでコードを入力する必要がありません。

ドラッグ アンド ドロップを使用して新しい接続を作成するには、以下の手順を実行します。
  1. [サーバー エクスプローラ] ウィンドウで、作成したデータ接続を選択してから、フォーム デザイナに切り替えます。
  2. データ接続をサーバー エクスプローラから Form1 にドラッグします。Visual Studio .NET によって自動的に、ConnectionString、Database、および DataSource の各プロパティが既に設定された SQLConnection オブジェクトが作成されます。
コードを実行し、SQLConnection を使用できます。

: Visual Studio 2005 のサーバー エクスプローラでは、このドラッグ アンド ドロップの方法はサポートされていません。

接続を確認する

データ接続を追加すると、最上位の [データ接続] ノードの下に新しいノードが表示されます。サーバーのテーブル、ビュー、およびストアド プロシージャを参照できます。

サーバーを追加すると、新しいノードが最上位の [サーバー] ノードの下に表示されます。サーバー内を参照して、イベント ログ、メッセージ キュー、パフォーマンス カウンタなどのリソースを表示できます。

データ接続を Form1 上にドラッグ アンド ドロップすると、SQLConnection1 (Visual Basic .NET や Visual Basic 2005 の場合) または sqlConnection1 (Visual C# .NET や Visual C# 2005 の場合) という名前の SQLConnection オブジェクトが、フォーム デザイナの下にあるトレイに表示されます。

トラブルシューティング

この資料では、システム構成によって異なる設定を使用しています。システムに合ったサーバー名、データベース名、ログオン名、およびパスワードを使用する必要があります。

関連情報

詳細については、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/WMISE/wmioriManagementDataNode.asp

プロパティ

文書番号: 316649 - 最終更新日: 2006年5月29日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio 2005 Standard Edition
キーワード:?
kbvs2005swept kbvs2005applies kbhowtomaster KB316649
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com