IIS Lockdown Wizard による変更を元に戻す方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 317052 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
マイクロソフトでは、Microsoft Windows Server 2003 で実行される Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 にアップグレードすることを、すべてのユーザーに強く推奨します。IIS 6.0 により、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に強化されます。IIS のセキュリティ関連のトピックについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prodtech/IIS.mspx
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、IIS Lockdown Wizard による設定を Web サーバーから削除し、IIS Lockdown Wizard の実行時に変更された構成と設定を復元する方法を、手順を追って説明します。

はじめに

マイクロソフト セキュリティ ツールキットの IIS Lockdown Wizard (Iislockd.exe) を実行後すぐに、インターネット インフォメーション サービス (IIS) に問題が発生した場合、ウィザードを再度実行して、IIS Lockdown Wizard によりコンピュータに行われた変更を元に戻すことができます。

IIS Lockdown Wizard を実行してから元に戻す処理を実行するまでの間にシステムに変更を行った場合は、元に戻す処理が正常に実行されない可能性があります。また、ウィザードによって元に戻すことができるのは、ウィザードによる変更のみであることに注意してください。ユーザーが手動でサーバーの構成に対して加えた変更は、ウィザードを実行しても元に戻すことはできません。

元に戻す処理は、Iislockd.exe の実行時に作成された Oblt-log.log というログ ファイルを使用して実行されます。Oblt-log.log はログに出力された変更内容を基に作成されますが、アンインストールした使用されていないサービスは記録されません。そのため、この機能では、以前にアンインストールされたサービスを復元することはできません。

IIS Lockdown Wizard による変更を元に戻す

  1. Iislockd.exe ファイルをダブルクリックします。
  2. [This Server Was Already Configured] ページの説明のテキストを読み、[次へ] をクリックします。
  3. IIS Lockdown Wizard が表示され、この処理によりウィザードを最後に実行したときに行われた変更が元に戻されることが通知されます。[はい] をクリックして続行します。
  4. [Restoring Security Settings] ページで、復元される前の設定を確認できます。処理が完了すると、[Status] に "Finished" と表示されます。IIS の構成が複雑になっていると、この処理にかなりの時間がかかることがあります。[次へ] をクリックします。

    : IIS Lockdown Wizard を最初に実行したときに [Remove unselected services] を選択した場合、この処理では削除されたサービスは復元されません。

  5. [Restoration Complete] ページの [完了] をクリックします。

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
311113 アンインストールされたサービスを IIS Lockdown Wizard の元に戻す機能で復元することはできない

プロパティ

文書番号: 317052 - 最終更新日: 2014年2月24日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.1
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster KB317052
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com