残留オブジェクトが Active Directory のレプリケーションが発生しないようにします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 317097 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

残留オブジェクトが存在する場合、入力方向の変更は、ターゲット上に存在しないオブジェクトをレプリケートされませんし、次のイベント ID メッセージがイベント ログに記録されます。
イベント ID: 1084年
レプリケーション エラー: ディレクトリ複製エージェント (DRA) は、オブジェクトの CN を更新できませんでした"jeffsmith、"OU = 木、OU = 販売、DC = = 会社、DC ソース サーバー 2521a874-d379-4281-8744-4bd34c792026._msdcs.bc.com から受信した変更ではこのシステム上の com (GUID 063639e5-cfa6-40f3-951c-62a34f8dea71) =。このシステムのディレクトリ データベースに変更を適用中にエラーが発生しました。
次のエラー メッセージが表示されます。
サーバーでは、このようなオブジェクトはありません。

ディレクトリは、次の複製サイクルでオブジェクトを更新しようとしています。更新の問題が修正されるまで、このサーバーとソースの同期はブロックされます。この状態がリソース不足に関連している、する場合は停止するこの Windows ドメイン コント ローラーを再起動してください。

この条件は、内部エラー、データベース エラー、またはオブジェクトの関係または制約エラーである場合手動での操作をデータベースを修正し、更新を続行できるようにする必要があります。ことが重要こと問題原因は、リモート システムに対する変更をローカルに適用できないことに注意してください。ローカル システムでオブジェクトを手動で更新お勧めしません。(すでに変更されて) をソース ・ システム上の代わりに、逆に、または、変更を戻すしようとします。それから、次のレプリケーション サイクルで観察してローカルで変更を適用するかどうか。
さらに、ドメイン コント ローラーで、 repadmin/showrepsコマンドを実行する場合表示されたら、次のエラー メッセージ
RPC 経由で HQSite\DC1
objectGuid: 2521a874-d379-4281-8744-4bd34c792026
@ 2002年-01-21 16:10.54 失敗しました、結果 8240。
サーバーでは、このようなオブジェクトはありません。
@ (なし) の最後の成功。

「決して」または、前回の正常なレプリケーションが発生した成功の最後の値が表示されることがあります。Active Directory のレプリケーションは、指定された名前付けコンテキストの停止しがこの問題を解決するまで再開されません。他の名前付けコンテキストへのレプリケーションは正常に続行します。

原因

この問題は、Strict レプリケーション整合性機能が受信ドメイン コント ローラーで強制されているために発生します。通常、余分な (または残留) オブジェクトが、ドメイン コント ローラーが 1 つ以上の廃棄の有効期間は、複製されているためこの問題が発生します。

Service Pack 2 (SP2) 更新プログラムでは、Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) で厳密なレプリケーション整合性機能が追加されました。ドメイン コント ローラーは、この資料の「現象」に記載されているエラー メッセージ ログを記録する場合は、sp2 以降の修正プログラムまたは SP3 実行されて。Sp2 以降の修正プログラムに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
314282 残留オブジェクトが古いグローバル カタログ サーバーを再度オンラインにした後に残ることがあります。

解決方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれます。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生します。したがって、次の手順に慎重に従うことを確認します。これにより、レジストリのバックアップを変更する前にします。問題が発生した場合にレジストリを復元できます。バックアップし、レジストリを復元する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
322756 バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法

Strict レプリケーション整合性は、残留オブジェクトの不要なレプリケーションを防ぐために作成されました。Strict レプリケーション整合性が作成された入力方向のパートナーは、既定ですべてのパートナーにそのオブジェクトをレプリケートし、最終的にローカル オブジェクトが存在しなかった場合、オブジェクト全体が要求されます。

オブジェクトを再作成することがあります、受信ドメイン コント ローラーと読み取り専用グローバル カタログにのみ、エラー メッセージに記載されている、名前付けコンテキストが存在する場合は、削除が困難な場合があります。この問題が発生するは、オブジェクトがグローバル カタログ サーバーにのみ存在する場合は、ドメイン名前付けコンテキストから削除されています。マイクロソフトはこのような場合は、すべてのオブジェクトが存在するグローバル カタログからオブジェクトを削除することを推奨します。オブジェクトは、ドメイン名前付けコンテキストに存在を確認するまで、オブジェクトを削除しないでください。

オブジェクトを削除する方法に関する詳細については、「、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次資料番号をクリックします。
314282 残留オブジェクトが古いグローバル カタログ サーバーを再度オンラインにした後に残ることがあります。


たくないを再作成するのに場合はこのオブジェクトが必要し、のドメイン名前付けコンテキスト内に存在するかどうかを決定するオブジェクトを意図的に削除した後、次の方法のいずれかの複製を有効に使用します。
  • 方法 1: の廃棄およびガベージ収集オブジェクト
    1. オブジェクトを削除、緩やかなレプリケーションの整合性を有効にする (方法 2 を参照)、し、レプリケーションを再度有効にするとします。

      メモ: 緩やかなレプリケーションの整合性を有効にしない場合は、オブジェクトはガベージ コレクションの廃棄 (tombstone) の有効期間の期限が切れると。オブジェクトが、ガベージ コレクション後は、通常のレプリケーションが再開されます。
    2. 、削除がレプリケートされた後を有効にする厳密なレプリケーション整合性再度に応じて。
  • 方法 2: 緩やかなレプリケーションの整合性を有効にします。

    緩やかなレプリケーションの整合性を有効にした後は、オブジェクトがレプリケートされた後は、Strict レプリケーション整合性を再び有効に確認します。緩やかなレプリケーションの整合性を有効にした場合は、エラーの報告だけ、最初のオブジェクトが存在しないターゲット上です。読み取り専用の名前付けコンテキスト (グローバル カタログ) に存在するものを含む他のオブジェクトが存在します。

    緩やかなレプリケーションの整合性を有効にするには、この資料の「現象」に記載されているエラー メッセージを報告するドメイン コント ローラー上で次の手順を実行。
    1. 見つけて、次のレジストリ キーをクリックします。
      します。
    2. クリックしてください。 値を追加します。 で、 編集 メニューです。
    3. 次の値を追加します。
      値の名前: Strict レプリケーション整合性
      データ型: REG_DWORD
      値のデータ: 値がの場合 1を変更するには 0.

状況

この動作は仕様です。

詳細

残留オブジェクトは、次のシナリオで問題があります。
  • 残留オブジェクトが保持している値の一意の属性など samAccountName、別のオブジェクトが使用します。
  • 残留オブジェクトがセキュリティ上のリスクなどを削除したユーザーを表している可能性があります。
  • 残留オブジェクトは、読み取り専用の名前付けコンテキスト (グローバル カタログ) にのみ存在します。このため、オブジェクトを削除することが困難です。
Strict レプリケーション整合性を有効にした場合は、先が複製を停止して先がないオブジェクトの変更を受信した場合は、この資料の「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されます。通常、オブジェクトが適切なドメイン コント ローラーで複製、変更、残留オブジェクトを連絡先を不適切なソースからのときにこの問題が発生します。

宛先がないオブジェクトへの変更を受信した場合緩やかなレプリケーションの整合性を有効にする場合は、オブジェクト全体がレプリケーションの整合性を保つために、ターゲットにレプリケートされます。この動作により、適用されるように、レプリケーション トポロジ内のすべてのドメイン コント ローラーに残留オブジェクト。

プロパティ

文書番号: 317097 - 最終更新日: 2014年5月23日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbenv kbprb kbmt KB317097 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:317097
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com