Visual Basic .NET でエンタープライズ サービス オブジェクトのプールを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 317336 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、Visual Basic .NET でのオブジェクト プーリングを使用するコンソール アプリケーションを作成する方法について説明します。 オンにし高価な多くのオブジェクトを作成するアプリケーションのしくみオブジェクト プーリングを使用してオブジェクトのプールをオフにできます。

要件

次のとおりの推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要なサービス パックです。
  • Microsoft .NET フレームワーク
  • Microsoft Windows 2000 Professional </a0>、[Microsoft Windows 2000 Server </a0>、[Microsoft Windows XP Professional または Windows XP の Server
この資料は、次のトピックについて詳しい知識のあるユーザーを対象としています:
  • コンポーネント オブジェクト モデル (COM) とエンタープライズ サービス
  • オブジェクト プーリング
  • 属性を使用してメタデータを拡張するには

Visual Basic .NET でコンソール アプリケーションを作成します。

  1. Microsoft Visual Studio .NET を開始します。
  2. [ ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ 新しいプロジェクト ] をクリックします。
  3. [ 新しいプロジェクト ] ダイアログ ボックスで プロジェクトの種類 ] の [ Visual Basic プロジェクト を [ テンプレート ] ボックスの一覧の [ コンソール アプリケーション をクリックします。
  4. [ 名前 ] ボックスで PoolingDemo 、入力を [OK] をクリックします。
  5. ソリューション エクスプローラ ウィンドウが表示されていることを確認します。 ソリューション エクスプローラーが表示されていない場合、Ctrl キーを押しながら Alt キーを押しながら L キーを押します。
  6. 次の手順を使用する COM コンポーネントに対する参照の追加を実行します。
    1. ソリューション エクスプローラーで 参照設定 ] を右クリックし、[ 参照の追加 ] をクリックします。
    2. [ .NET ] タブで、使用できるコンポーネントの一覧の [ System.EnterpriseServices ] クリック を選択 します。 System.EnterpriseServices 選択された一覧 で表示されることを確認します。
    3. [ OK] をクリックします。 コンソール アプリケーション内の 参照 ノードが表示される System.EnterpriseServices ことに注意してください。

プロジェクトへのプール可能とプール可能でないクラスを追加します。

  1. ソリューション エクスプローラーで PoolingDemo を右クリックして 追加 ] をポイントし、 [新しい項目の追加 ] をクリックします。
  2. [新しい項目の追加 ] ダイアログ [ テンプレート ] の [ クラス ] をクリックし、 ファイルを開く 。 Class1.vb が既定で作成され、プール可能とプール可能でないクラスが含まれます。
  3. オブジェクトの属性およびメンバーのプールへのアクセスに Class1.vb の先頭に次のコードを追加:
    Imports System.EnterpriseServices
    					
  4. 既定の Class1 の宣言を次のコードに置き換えます:
    Public Class Poolable
        Sub New()
            Threading.Thread.Sleep(500)
        End Sub
        Public Sub DoSomething()
            ' Add method contents here.
        End Sub
    End Class
    						
    、コンストラクターに高価な操作をシミュレートするコードを通知します。
  5. オブジェクトは、 ServicedComponent クラス、コンポーネント サービスの制御下を継承する必要がありますランタイム。 次のコードをクラス宣言の後に追加:
    Inherits ServicedComponent
    					
  6. プール可能このクラスを使用するには、次の手順に従います。
    1. クラス ファイルのメタデータと共に保存され、 ObjectPoolingAttribute 属性フラグの実行時にプール オブジェクトです。 次のコード上 ObjectPoolingAttribute 属性をクラスに追加するには、クラス宣言を追加:
      <ObjectPooling(MinPoolSize:=0, MaxPoolSize:=1), JustInTimeActivation(True)>  _  
      							
      : JustInTimeActivation 属性には、プールを有効にする必要はありませんにほとんどの場合この属性を使用する可能性があります。 あるためを作成したりコンポーネントを破棄するには高価な複数のクライアント コンポーネントのインスタンスを再利用することによってパフォーマンスを大幅に向上できます。
    2. CanBePooled ServicedComponent メソッドは既定で False を返します。 次のコード True 返しますように、 CanBePooled メソッドをオーバーライド追加:
      Protected Overrides Function CanBePooled() As Boolean
              Return True
          End Function
      						
  7. 次のコードをプール可能でないクラスに追加:
    Public Class NonPoolable
        Inherits ServicedComponent
        Sub New()
            ' Simulate an expensive operation.
            Threading.Thread.Sleep(500)
        End Sub
        Public Sub DoSomething()
            ' Add method contents here.
        End Sub
    End Class
    					

このクラスの複数のインスタンスを作成する Module1.vb を変更します。

  1. コード エディター ウィンドウで [ Module1.vb ] タブをクリックします。
  2. ファイルの上部で、 DisposeObject メソッドへのアクセスに EnterpriseServices 名前空間の Imports ステートメントは次を追加:
    Imports System.EnterpriseServices
    						
    DisposeOjbect メソッドを再利用することができる、オブジェクト プールにオブジェクトを返します。
  3. 次の Sub Main プロシージャ追加:
    Sub Main()
            Dim StartTime As DateTime = DateTime.Now
            Dim i As Int32
    
            Const Iterations As Int16 = 50
            For i = 1 To Iterations
                Dim D As New NonPoolable()
    
                D.DoSomething()
                ServicedComponent.DisposeObject(D)
            Next
    
            Dim EndTime As DateTime = DateTime.Now
            Dim Elapsed As TimeSpan = EndTime.Subtract(StartTime)
            Dim OperationsPerSecond = Iterations / Elapsed.TotalSeconds
    
            Console.WriteLine("Object Creations / Second = " & OperationsPerSecond)
            System.Console.ReadLine()
    End Sub
    						
    このコードがそれぞれ 50 イテレーションの中に、 NonPoolable または Poolable クラスのインスタンスを作成するループを設定します。 コードの開始を記録して、終了ループの時間しコンソールに秒に作成されるオブジェクトの数を書き込みます。

アセンブリの厳密な名前を生成します。

このプロジェクトを生成するアセンブリの厳密な名前を生成する必要があります。 強力な名なしでは、このアセンブリを登録するのに COM + サービス使用できません。

この暗号化キー ペアを生成するには、厳密な名前 (Sn.exe) ツールを .NET Framework ソフトウェア開発キット (SDK) がインストールされている Bin フォルダーにあるを使用します。 Sn.exe ツールを実行するのにには、次のコマンドライン構文を使用します。
sn-k drive letter \ DirectoryToPlaceKey \ KeyName.snk
  1. Visual Studio .NET コマンド プロンプトを開く] に 開始 ] をクリックして、 プログラム Microsoft Visual Studio .NET を指す、 Visual Studio .NET のツール ] をポイント] [ Visual Studio .NET コマンド プロンプト ] をクリックします。
  2. コマンド プロンプト] で、次のコマンドを入力します。
    sn-k drive letter: \ Project Root Folder \poolkey.snk
  3. キー ペアを生成する Enter キーを押します。 次のメッセージをコマンド ウィンドウが表示されることを確認します。
    キーのペアに書き込まれる.
  4. このキーをプロジェクトのアセンブリに関連付ける、 AssemblyInfo.vb ソリューション エクスプローラーでダブルクリックします。 既定では、プロジェクトを作成するときのこのファイルでアセンブリ属性があります Visual Studio .NET。 次のコードをこのアセンブリ属性の一覧に追加:
    <Assembly: AssemblyKeyFile("..\..\poolkey.snk")>
    					

完全なコード リスト

Class1.vb

Imports System.EnterpriseServices

<ObjectPooling(MinPoolSize:=0, MaxPoolSize:=1), JustInTimeActivation(True)>  _
Public Class Poolable
    Inherits ServicedComponent
    Sub New()
        ' Simulate an expensive operation.
        Threading.Thread.Sleep(500)
    End Sub

    Public Sub DoSomething()
        ' Add method contents here.
    End Sub

    Protected Overrides Function CanBePooled() As Boolean
        Return True
    End Function
End Class

Public Class NonPoolable
    Inherits ServicedComponent
    Sub New()
        ' Simulate an expensive operation.
        Threading.Thread.Sleep(500)
    End Sub

    Public Sub DoSomething()
        ' Add method contents here.
    End Sub
End Class
				

Module1.vb

Imports System.EnterpriseServices

Module Module1

    Sub Main()
        Dim StartTime As DateTime = DateTime.Now
        Dim i As Int32

        Const Iterations As Int16 = 50
        For i = 1 To Iterations
            'Dim D As New Poolable()
            Dim D As New NonPoolable()

            D.DoSomething()
            ' To return the object to the object pool, use DisposeObject.
            ' This allows the object to be reused from the pool. If you do not call
            ' DisposeObject, the garbage collector does not collect this object, 
            ' and the object is not reused from the object pool.
            ServicedComponent.DisposeObject(D)
        Next

        Dim EndTime As DateTime = DateTime.Now
        Dim Elapsed As TimeSpan = EndTime.Subtract(StartTime)
        Dim OperationsPerSecond = Iterations / Elapsed.TotalSeconds

        Console.WriteLine("Object Creations / Second = " & OperationsPerSecond)
        ' Pause until the user presses ENTER.
        System.Console.ReadLine()
    End Sub

End Module
				

AssemblyInfo.vb

Imports System.Reflection
Imports System.Runtime.InteropServices

' The following set of attributes control general information about an assembly. 
' Change these attribute values to modify the information that is associated with an assembly.

' Review the values of the assembly attributes.

<Assembly: AssemblyTitle("")> 
<Assembly: AssemblyDescription("")> 
<Assembly: AssemblyCompany("")> 
<Assembly: AssemblyProduct("")> 
<Assembly: AssemblyCopyright("")> 
<Assembly: AssemblyTrademark("")> 
<Assembly: CLSCompliant(True)> 
<Assembly: AssemblyKeyFile("..\..\poolkey.snk")> 

'The following GUID is for the ID of the TypeLib if you expose this project to COM.
<Assembly: Guid("30324ED6-329C-4B12-BDA2-8E817F1E2079")> 

' Version information for an assembly consists of the following four values:
'
'      Major Version
'      Minor Version 
'      Build Number
'      Revision
'
' You can specify all of these values, or you can use the asterisk (*) for
' the Build Number and the Revision values.

<Assembly: AssemblyVersion("1.0.*")>
				

動作の検証

  1. デバッグ モードでアプリケーションを実行する F5 キーを押します。 NonPoolable クラスのインスタンスを作成このことを確認します。
  2. 約 25 秒間待機します。 次のメッセージが表示されることを確認します。
    オブジェクトの作成/1.73542243764044 秒 =
    : 1 秒あたりの作成の正確な数によって異なります。
  3. コンソール アプリケーションを終了し、Visual Studio .NET に戻ります Enter キーを押します。
  4. Poolable クラスのインスタンスを作成する Module1.vb を変更します。 Sub Main プロシージャの最初の行のように変更:
    Dim D As New Poolable()
    					
  5. F5 キーを押してアプリケーションを再度実行をします。
  6. 数秒間待ってから。 される、以下のメッセージ (または類似した) が表示されます。
    オブジェクトの作成/29.1977213631085 秒 =
    オブジェクトを使用すると、パフォーマンスは大幅に改善をメモ プールします。
  7. コンソール アプリケーションを終了し、Visual Studio .NET に戻ります Enter キーを押します。

トラブルシューティング

CanBePooled をオーバーライドする忘れないでください。 この手順を省略すると、オブジェクトをプールすることはできません。

参照

実装および展開する方法の詳細については COM + クラスの共通の言語を使用してランタイムをオブジェクトのコンテキストにアクセスして、コンテキストを呼び出す方法および設定は次のマイクロソフト Web サイトを参照して、コンテキスト相対オブジェクト参照を管理する方法。
COM + の統合: する .NET Enterprise Services のヘルプは方法ビルド分散アプリケーション
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb985615.aspx

プロパティ

文書番号: 317336 - 最終更新日: 2004年7月15日 - リビジョン: 4.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework クラス ライブラリ 1.0
  • Microsoft Enterprise Services (included with the .NET Framework) 1.0
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB317336 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:317336
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com