Windows 2000 Server でリモート記憶域を使用する方法を指定します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 317369 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

テープまたはその他の記憶域メディアから仮想ディスク記憶域を作成するには、リモート記憶域サービスを使用できます。このサービスを使用する場合は、アクセス頻度の少ないファイルはリモート記憶域メディアに移動されます。リモート ・ ストレージ ・ ボリュームは、データに常時アクセスする必要がある場合に最適です。

この資料では、設定、およびリモート記憶域を使用する方法について手順を追って説明します。

メモ:
  • リモート記憶域は、Windows 2000 Server ベースのネットワークでのみ利用可能です。
  • リモート記憶域は、Windows 2000 Professional ベースのコンピューターで実行できません。
  • サーバー クラスター構成では、Windows 2000 Advanced Server ベースのコンピューターで、リモート記憶域をインストールできません。リモート記憶域は、他のコンピューター ノードにフェールオーバーしません。
  • リモート記憶域を使用するために管理者権限でログオンする必要があります。
  • 十分な数のテープが空きメディア プールに利用可能なことを確認する必要があります。(このタスクを実行するリムーバブル記憶域を使用する)。
  • リモート記憶域によって管理されているボリュームは、Windows 2000 で使用されている NTFS ファイル システムのバージョンでフォーマットされていることを確認する必要があります。
Windows 2000 のリモート記憶域を使用する場合は、複数のハード ディスクを追加することがなく、サーバー上のディスク領域を増やすできます。まだハード ディスクは非常に高価な場合でも、追加のディスク領域を使用する可能性があります。リモート記憶域を使用するをテープまたは光学式ドライブを使用して、NTFS ボリュームを拡張するのにことができます。

リモート記憶域は自動的にローカルのハード ディスクで利用できる空き領域の量を監視します。リモート記憶域に自動的に移動頻度を指定されたレベルに空き領域を削除する場合に必要なディスクの空き領域を提供するファイルをリモート記憶域メディアを使用します。ファイルは、リモート記憶域メディアに移動した後にすぐに利用できます。

リモート記憶域を使用して格納されているファイルを表示する場合は、ファイルように見える場合は、リモート記憶域メディアではなく、ハード ディスクに残っています。ファイルを開いた後、わずかにより長いロード時間が発生する可能性がありますが表示されることがありますファイルを示すメッセージが呼び戻されますされています。データが必要な場合より高速なディスク ・ ドライブに自動的に移動します。

リモート記憶域は、リモート ・ ストレージ ・ プロセスを自動的に管理して、リモート記憶域メディアがオフラインの場合にのみ、介入が必要です。

リモート記憶域をインストールする方法

  1. リモート記憶域を使用する予定のサポートされているストレージ ・ デバイスを使用するようコンピューターを構成します。

    : リモート記憶域はリモート記憶域をインストールした後に追加されるデバイスは検出されません。リモート記憶域をインストールした後にデバイスを追加すると、削除してから、デバイスを構成するのには、リモート記憶域を再インストールします。
  2. コントロール パネルの [プログラムの追加と削除をダブルクリックします。
  3. [ Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  4. リモート記憶域] チェック ボックスをオンにし、[次へ] をクリックします。

    : Windows 2000 CD-ROM と service pack の CD-ROM を CD-ROM ドライブに挿入が求めされることがあります。フォルダーや、ネットワーク サーバーなど、別の場所からファイルをコピーする場合は、[ OK ] をクリックします。
  5. コンピューターを再起動します。
  6. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  7. リモート記憶域のセットアップ ウィザードを起動した後、をクリックします。

    ウィザードは、互換性のある記憶装置をすべてを検出し、セキュリティ設定をチェックします。
  8. NTFS ボリュームでは、リモートの記憶域を使用するを選択する] をクリックし、[次へ] をクリックします.
  9. [望ましい空き領域] ボックスに、管理されるボリューム上の使用可能な空き領域の最小容量を入力します。
  10. リモート記憶域の最大サイズ] ボックスに多くのディスク領域を必要とする場合にテープに移動に必要な最小ファイルのサイズを入力します。
  11. ファイルの前に、ファイルにアクセスされていない日数はテープでアクセスではなく、し、[次へ] をクリックする移動の種類です。
  12. [リモート記憶域でメディアの種類] ボックスで、使用するメディアをクリックし、[次へ] をクリックします。
  13. スケジュールの変更日付を変更して、リモート記憶域テープにファイルをコピーするときにクリックします。

    現在のスケジュールを使用する場合は、次へをクリックします。
  14. 設定を確認し、[完了] をクリックします。

リモート記憶域を構成する方法

次に、ローカル ボリュームとリモート記憶域メディアを管理する方法について説明します。

リモート記憶域を使用してボリュームを追加する方法

初期セットアップが完了したら、追加の記憶域ボリュームを追加します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックします。
  3. 新しいの管理されるボリューム] をクリックし、[ボリューム管理の追加ウィザードが起動したら [次へ] をクリックします。
  4. か、NTFS ボリュームを使用するか、リモート記憶域のすべての対象となるボリュームを管理し、[次へ] をクリックするすべてのボリュームの管理] をクリックする横のチェック ボックスをオンにします。
  5. [望ましい空き領域] ボックスに、管理されるボリューム上の使用可能な空き領域の最小容量を入力します。
  6. リモート記憶域の最大サイズ] ボックスに多くのディスク領域を必要とする場合にテープに移動に必要な最小ファイルのサイズを入力します。
  7. ファイルの前に、ファイルにアクセスされていない日数はテープでアクセスではなく、し、[次へ] をクリックする移動の種類です。
  8. 設定を確認し、[完了] をクリックします。

ボリュームの設定を変更する方法

リモート記憶域はリモート記憶域ファイルの管理に使用する設定を変更: する
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックしてやを構成するボリュームを右クリックし [設定] をクリックします。
  3. 望ましい空き領域] ボックス内をクリックして、上下の矢印、空き領域の値を増減します。

    ボリューム上の空き領域を維持する合計ボリューム容量のパーセンテージを入力します。
  4. リモート記憶域の最大サイズ] ボックスに多くのディスク領域を必要とする場合にテープに移動に必要な最小ファイルのサイズを入力します。
  5. ファイルの前に、ファイルにアクセスされていない日数はテープでアクセスではなく、し、[次へ] をクリックする移動の種類です。
  6. 設定を確認し、[完了] をクリックします。
  7. 含む/含まないの規則] タブをクリックし、次の手順を完了します。
    • リモート記憶域から除外するファイルの種類を指定するルールを変更する場合は、ルールをクリックし、[編集] をクリックします。
    • リモート記憶域から除外するファイルの種類を指定するルールを削除する場合は、ルールをクリックし、[削除] をクリックします。

      : いくつかのルールを変更または削除することはできません。
    • 場合は、新しいルールを追加するには。
      1. 追加] をクリックし、ルールを適用するか、円記号 (を入力するフォルダー パスを入力\) の [パス] ボックスにボリューム全体にルールを適用します。
      2. 含めるか、[ファイルの種類] ボックスで、リモート記憶域から除外するファイルの種類をクリックします。
      3. リモート記憶域から特定の条件に一致するファイルを除外する場合は、一致するファイルを除外するをクリックします。
      4. 特定の条件に一致するファイルを管理するために、リモート記憶域を明示的に許可する場合は、一致するファイルを含めるをクリックします。
      5. リモート記憶域のパス] ボックスに表示されているフォルダーのすべてのサブフォルダーにルールを適用する場合は、サブフォルダーにルールを適用する] チェック ボックスをオンをクリックします。
: リモート記憶域は大きなファイルをコピーするために最適化されています。管理されるボリュームのリモート記憶域にコピーするには、多数の小さなファイルの場合は、データ転送速度がテープ ライブラリの示される評価が一致しません。

リモート記憶域タスクの管理方法

次に、基本的なリモート記憶域の管理タスクについて説明します。

手動でリモート記憶域のタスクを実行する方法

特定のリモート記憶域タスクは手動で実行できます。リモート記憶域にファイルをコピーするか、すぐに、ファイルを検証したり、管理されるボリューム上の空き領域を作成します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックします。
  3. 作業を実行するすべてのタスク] をクリックして、ボリュームを右クリックし、自分の状況に適した次の手順のいずれかを実行します。
    • 今すぐ、管理されるボリューム上のすべての条件を満たすファイルをリモート記憶域にコピーするには、リモート記憶域へファイルをコピー ] をクリックします。
    • ボリュームの統計を更新して、すべてのプレース ホルダーとローカルにキャッシュされたファイルはリモート記憶域内の有効なデータにもリンクされていることを確認するファイルの確認をクリックします。
    • リモート記憶域メディアに移動済みのファイルからすべてのキャッシュされたデータを削除する空き領域を作成する] をクリックします。

      空き領域を作成する] をクリックすると、空き領域がローカルでキャッシュされたデータがある場合にのみ作成されます。
  4. [Ok]をクリックします。

表示およびリモート記憶域タスクのプロパティを設定する方法

  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、項目のプロパティを表示する] をクリックします。
  3. 右側のウィンドウでオブジェクトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. 設定を確認し、適切な変更を加えます。

リモート記憶域のイベントを表示する方法

  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーは、リモート記憶域] をダブルクリックし、[イベント ビューアー] をダブルクリックします。
  3. ログをクリックし、右側のウィンドウで表示するエントリをダブルクリックします。

リモート記憶域のタスクを表示する方法

リモート記憶域は割り当てられたタスクを自動および手動での管理を Windows 2000 スケジュール タスク フォルダーを使用します。表示するか、他の Windows 2000 スケジュール タスクを表示するのと同じようにリモート記憶域タスクのスケジュールを変更します。
  1. [スタート] ボタン、[プログラム] をポイントアクセサリの順にポイントおよびシステム ツール] をポイントし、[タスク] をクリックします。
  2. タスクを右クリックし、[スケジュールされたタスクをすぐに実行する実行をクリックします。
  3. タスクを右クリックし、[タスクをキャンセルするには、タスクの終了] をクリックします。
  4. タスクを右クリックし、プロパティを表示するのプロパティ] をクリックします。

    タスクのスケジュール、タスクのプロパティを変更することもできます。

リモート記憶域タスクのスケジュールを変更する方法

リモート記憶域でタスクを実行するスケジュールを変更: する
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックします。
  3. リモート記憶域を右クリックし、[スケジュールの変更] をクリックします。
  4. 複数のスケジュールを作成するには、[複数のスケジュールを表示する] チェック ボックスをオンをクリックします。
  5. か、新規または削除を追加するか、スケジュールを削除する] をクリックします。
  6. 詳細設定を変更するには、詳細な情報のスケジュール] をクリックします。
  7. ほかのリモート記憶域のタスクを変更するのにには、Windows 2000 スケジュール タスク フォルダーを使用します。
    1. [スタート] ボタン、[プログラム] をポイントアクセサリの順にポイントおよびシステム ツール] をポイントし、[タスク] をクリックします。
    2. タスクを変更するを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. タスクのスケジュールを変更するには、[スケジュール] タブをクリックします。

ランナウェイ呼び戻しの制限を設定する方法

リモート記憶域は、(この数をランナウェイ呼び戻しの制限と呼ばれる)、同じセッションで、管理されるボリュームに、ユーザーまたはプログラムできるようにする、連続したファイル呼び戻し処理の最大数の既定値を提供します。ファイル呼び戻し処理が完了したら、ユーザーまたはプログラムが 10 秒以内に別のリコールを要求した場合、カウントは増加します。ファイル呼び戻し処理ローカル ボリュームにデータをコピーし、コンピューター上の空きディスク領域が減少します。ウイルス チェック、データ バックアップ、インデックス作成、および検索プログラムは、コンピューター上のすべてのファイルの読み取りし、大量のファイル呼び戻し処理もあります通常。

よう呼び戻しの制限機能を使用するとは互換性がありません (たとえば、バックアップ プログラム、ウイルス対策プログラム、および検索プログラム)、リモート記憶域とリモート記憶域からデータを呼び戻すことを防止できます。

よう呼び戻しの制限を構成します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックします。
  3. リモート記憶域を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. 呼び戻しの制限] タブをクリックします。
  5. リコール プロセスをさらに取り消しプロセスを停止する前に、許可する最後の 10 秒以内に行われる連続した呼び戻しの数を入力します。

    をリモート記憶域を認識するプログラムを使用して、ユーザーが頻繁に一括コピー操作を実行する場合に設定します。 この制限制限は、そのままそれ以外の場合は、必要に応じて縮小したりします。
  6. この制限から管理者権限を持つ対象外のユーザーに、この制限から除外管理者チェック ボックスをクリックします。

    :この制限から除外管理者チェック ボックスをオンにした場合、互換性がないプログラムを実行できます。互換性がないプログラムを実行する場合を明示的にこの動作を回避する場合を除き、ファイルがリモート記憶域からリコールされます。

保護し、災害からデータを回復する方法

次のセクションでは、保護し、データを回復する方法について説明します。このセクションの情報が包括的でないことに注意してください。

管理されるボリューム上のファイルを復元する windows バックアップ プログラムまたは他のデータ バックアップ プログラムのいずれかを使用する場合は、次の情報を考慮します。
  • 別のコンピューターにリモート記憶域ファイルを復元できません。
  • Windows 2000 で使用されている NTFS のバージョンでフォーマットされていないボリュームに、リモート記憶域ファイルを復元できません。
  • リモート記憶域ファイルでない限り、これらのボリュームはリモート記憶域で管理もことを同じコンピューター上の他の NTFS ボリュームに復元しないでください。
データ保護にとっては特に重要リモートで保存されたデータのテープ ・ デバイスはフォールト トレランスに対応できないためです。大規模な災害が発生した場合は、データを回復できるように、データ保護のための戦略を計画します。

詳細については、テープ ・ ライブラリやメディア プールなど、高度なバックアップ トピックに関する Windows 2000 バックアップのオンライン ヘルプを参照してください。

高度なバックアップ トピックに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
249120 すべての Windows 2000 バックアップ カタログを維持する方法

メディア コピーを作成する方法

リモート記憶域は、使用するテープ上のデータをバックアップできます。ローカル記憶域からコピーされるすべてのファイルを保持するために使用するオリジナルのテープ コレクションをメディア マスター セットと呼びます。リモート記憶域は、メディア マスターからコピーを自動的に作成できます。メディア マスターに対して、コピーのコレクションをメディア コピー セットと呼びます。指定できます最大 3 つのメディア セットのコピーします。

:
  • リモート記憶域にコピーされるファイルは、ミラー化またはストライプ化によって保護されません。リモート記憶域内のデータの冗長性を取得する唯一の方法は、メディア マスターのコピーを作成することです。
  • 2 つのドライブは、テープ ・ ライブラリで使用可能な場合にのみ、メディア コピーを作成できます。
リモート記憶域が利用可能なテープを使用リモート記憶域のメディア プールにメディア コピーを最初に、し、空きメディア プールからテープを使用しています。空きメディア プールは未使用のメディアがないための十分な記憶域はリモート記憶域のメディア プールにするときに使用できるのコレクションです。

使用するメディア コピー セットの数を指定します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックします。
  3. リモート記憶域を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [メディア コピー ] タブをクリックし、各メディア マスター セットを作成するメディア コピーの数を設定します。

メディア コピーを削除する方法

リモート記憶域が表示およびアクセスするセット数を減らすには、この資料の「メディア コピーを作成する」セクションに記載されている手順を使用できます。ただし、セット数を小さくしたときに、メディアは解除されませんので、メディアの領域を解放する場合は、メディア コピーを削除してください。

メディア コピーを削除するには
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. リモート記憶域、コンソール ツリーでメディアフォルダーをクリックします。
  3. メディア コピーを削除するに関連付けられているメディア マスターを右クリックし、[メディア コピー] をクリックします。
  4. すべてのメディア コピーを削除することのコピーを削除をクリックします。

ファイルを検証する方法

検証により、リモート記憶域内の有効で正しいデータを指す、管理されるボリューム上にあるすべてのファイルを。また、ボリューム統計情報も再計算されます。検証は、バックアップ プログラムを使用して、リモート記憶域ファイルを復元した後、2 時間を実行して自動的に。検証は別に 1 つのローカル ボリュームから移動されたか変更されたファイルも検出されます。

指定したボリューム上のすべてのファイルを検証して、不整合を修正するのには、定期的に検証を実行します。またはボリューム上でディスク エラーが発生した後に、ローカル ボリューム上のファイルを復元した後、検証を実行します。確認処理はスケジュール タスクに統合されています。スケジュールされたタスクを使用するには、監視対象の検証を。

メディア コピーの状態を確認する方法

メディア コピーの状態を確認します。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. リモート記憶域、コンソール ツリーでメディアフォルダーをクリックします。
  3. を表示するメディア コピーと関連付けられているメディア マスターを右クリックし、[メディア コピー] をクリックします。
  4. メディア コピーの状態情報を表示します。

メディア コピーを同期する方法

更新するか、定期的にメディア コピーを同期する場合、メディア コピーのデータがメディア マスターのデータと一致することを確認します。同期はすべてのメディア マスターのメディア コピーを更新します。ただし、一度に 1 つのコピーのみを同期できます。ファイルを管理または追加ドライブが使用可能な場合でも、メディア コピー セットを同期中に呼び戻されることはできません。ライブラリから削除される場合は、後でメディア コピーを同期できます。

メディア コピーの同期を
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. リモート記憶域、コンソール ツリーで [メディア] を右クリックし、[メディア コピーの同期] をクリックします。
  3. 同期ウィザードの手順を実行します。

リモート記憶域を削除する方法

理由は次のリモート記憶域を削除する可能性があります。

  • Windows 2000 の完全な再インストールを実行するには。リモート記憶域からデータを呼び戻す場合することができますかままデータ ドライブにはリモート記憶域を認識しない、バックアップ プログラムを使用してデータをバックアップまたは Windows の再インストール中に。
  • ストレージ ・ メディアがフルと、リモート記憶域データベースを複数のテープをしたくないです。リモート記憶域ボリュームの管理を中止できます。場合、リモート記憶域がリモート記憶域にファイルを追加することを停止するが、リモートで既に保存されているファイルを呼び戻すことはありません。
リモート記憶域を削除する前にすべてのボリューム管理を中止するには、ボリューム管理の削除ウィザードでリモート記憶域からコピーされたファイルを呼び戻す] をクリックします。それ以外の場合は、ファイル データが失われる可能性があります。ボリューム管理の削除ウィザードを使用して、管理されるボリュームをリモート記憶域から削除するには。
  1. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、 [管理されるボリュームフォルダーをクリックします。
  3. リモート記憶域から削除、削除を、] をクリックし、[ボリューム管理の削除ウィザードが起動したら [次へ] をクリックすると、ボリュームを右クリックします。
  4. リコール コピー ファイルからリモート記憶域にリモート記憶域からすべてのファイルをリコールし、管理されるボリュームに戻すをクリックします。

    : 管理されるボリュームに、呼び戻されたファイルのすべてを保持するディスク領域の空きが必要です。
  5. リモート記憶域からリモート記憶域にファイルを追加するに停止がリモートで格納されている現在のファイルの管理を継続することを許可するには、維持コピー ファイルのリモート記憶域を選択する] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [はい] をクリックして、設定を確認し、[完了] をクリックします。

トラブルシューティング

  • 問題: インストールまたはリモート記憶域を削除することはできません。

    原因: リモート記憶域の管理アクセス許可があることが必要です。

    ソリューション: 管理者権限でログオンしていることを確認します。
  • 問題: リモート記憶域スナップインが見つからない。

    原因: リモート記憶域は、Windows 2000 Server セットアップを実行する既定の最初の時間ではインストールされません。

    ソリューション: 使用するコンピューターにリモート記憶域をインストールするプログラムの追加と削除します。
  • 問題: リモート記憶域は、有効なメディアを使用する型を見つけられませんでした。

    原因: まだメディアの種類またはサポートされているテープ ライブラリがないか、リムーバブル記憶域が見つかりません。

    ソリューション: 利用可能なメディアを使用することができますが、リムーバブル記憶域スナップインに表示されるまで待機します。

    ソリューション: サポートされるテープ ・ ライブラリであることを確認します。リモート記憶域サポートすべて小規模コンピューター システムのインターフェイス (SCSI) クラスの 4 mm、8 mm、およびデジタル リニア テープ (DLT) テープ ライブラリです。リモート記憶域は、QIC テープや光ディスク ライブラリはサポートしません。
  • 問題: リモート記憶域が特定のボリュームを管理することはできませんやボリュームを管理することを見つけることができません。

    原因: リモート記憶域のみを管理できます他 (固定)、ローカル NTFS ボリュームです。その他のファイル ・ システムやボリュームはリモート記憶域セットアップ ウィザードでは表示されません。

    ソリューション: Windows 2000 の NTFS ファイル システムを使用して、管理するすべてのボリュームをフォーマットします。
  • 問題: ファイルのコピーのスケジュールを設定しているが、リモート記憶域にファイルがコピーされません。

    原因: が指定された条件を満たすすべてのファイル。

    ソリューション: 必要に応じて、ファイルの規則やその他のファイル コピーの条件を変更します。
  • 問題: リモート記憶域からファイルを呼び戻すことができなくします。

    原因: リモート記憶域からリモート記憶域を連続して、指定された回数よりも多くのファイル呼び戻しを行ってから、ユーザーまたはプログラムを禁止するランナウェイ呼び戻しの制限を使用します。ウイルス チェック、データ バックアップ、インデックス作成、および検索プログラム、コンピューター上のすべてのファイルを読み取り、ランナウェイ呼び戻しの制限にすぐにアクセスすることができますが通常。

    ソリューション: 必要に応じて、ランナウェイ呼び戻しの制限を増やすか、過剰なリコール プロセスを引き起こしているプログラムを終了します。
  • 問題: ファイルの呼び戻しに時間がかかる。

    原因: リモート記憶域はテープ ベースのライブラリを使用してデータを格納します。5 分をかかることがあります以上のファイルをリコールします。

    ソリューション: キャッシュされたファイルのデータが頻繁に削除されないように、望ましい空き領域の値を低く設定します。この場合、データとして多くの場合、リモート記憶域から呼び戻すがありません。
  • 問題: 大量のファイルの呼び戻しが発生しているがあります。

    原因: ウイルス チェック、データ バックアップ、インデックス、検索プログラムが通常、コンピューター上のすべてのファイルを読み取る。具体的には、Microsoft Office 95、または管理されるボリューム上のコンテンツを検索するには、後で ( [編集] メニューの検索を使用する場合は、リモート記憶域内のすべてのファイルが自動的に呼び戻されます。

    ソリューション: プログラムの活動を計画するときに、管理されるボリューム上過剰なファイルの呼び戻しの原因を検討してください。

    原因: リモート記憶域内のすべてのファイルがリモート記憶域を実行しているコンピューターに Microsoft Office 97年をインストールする場合は、リコールする場合は、Microsoft Word (.doc)、Microsoft PowerPoint (.ppt)、またはハイパー テキスト マークアップ言語 (HTML) ファイルがリモート記憶域にコピーされて、します。この現象は、Office 97 のインストールの最後に発生します。

    ソリューション: の呼び戻しを停止する Findfast.exe タスクを終了するタスク マネージャー (CTRL + ALT + DEL キーを押します) を使用します。
  • 問題: 2 つのライブラリを使用して、メディア コピーを実行することはできません。

    原因: リモート記憶域がメディア コピー メディア マスターと同じライブラリからのテープを使用しようとして可能性があります。この現象は、十分な容量のメディアが、リモート記憶域のメディア プールに存在しないと、テープが空きメディア プールから代わりに使われる場合に発生します。

    ソリューション: をリモート記憶域のメディア プールに空きメディア プールから別のライブラリにテープを移動するには、リムーバブル記憶域を使用します。
  • 問題: Windows のファイル マネージャーを使用しているクライアント コンピューター (など Windows 3.x または Windows 95 ベースのコンピューターで) リモート記憶域によって管理されているファイルにアクセスできません。

    原因: この問題は Exabyte 8200 テープ ライブラリを使用している場合に発生します。リモート記憶域で Exabyte 8200 テープ ライブラリは使用しません。リモート記憶域は、QIC テープ ライブラリや光ディスク ライブラリをサポートしていません。

    ソリューション: リモート記憶域サポートすべての SCSI クラス 4 mm、8 mm、および DLT のテープ ライブラリです。
  • 問題: 取り消す、またはメディア コピーを同期するときに、リモート記憶域にデータをコピーすることはできません。

    最適な結果を得るには、時間後に、メディア コピーを同期してください。
  • 問題: メディア マスターが破損または紛失したために、メディア マスターを再作成する必要があります。

    ソリューション: メディア マスター上のデータが壊れたり失われます場合は、最近同期メディア コピーからメディア マスターを再作成することができます。

    : エラーが発生した場合にのみ、次の手順を使用します。この手順を完了した後が、前回のデータのローカル キャッシュがまだ消去されていない場合は、メディア コピーを同期するリモート記憶域に移行されたすべてのデータが失われます。
    1. リモート記憶域メディアで利用可能な十分な空き領域があることを確認します。
    2. [スタート] ボタン、プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントおよびリモート記憶域] をクリックします。
    3. リモート記憶域、コンソール ツリーでメディアフォルダーをクリックします。
    4. メディア マスターを再作成する、最も最近同期メディア コピーを右クリックし、[メディア コピー] をクリックします。
    5. [回復] タブをクリックし、マスターの再作成] をクリックします。
  • 問題: リモート記憶域からファイルを呼び戻すには、次のエラー メッセージが表示されます。
    Path\filename.doc。ファイルは、システムにアクセスできません。
    ソリューション: 次のマイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
    235469 リモート記憶域データベースを復元する方法
  • 問題: 次のエラー メッセージのいずれかが表示されるリムーバブル記憶域にアクセスする、ときに。
    バックアップはリムーバブル記憶域に接続できません。このサービスは、テープ ドライブ、およびその他のバックアップ デバイスを使用するために必要です。
    - または -
    リムーバブル記憶域: サーバーの実行に失敗しました。
    - または -
    リムーバブル記憶域データベースは、読み込みに失敗しました。イベント ログを確認します。
    ソリューション: 次のマイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
    235032 破損したリムーバブル記憶域マネージャー データベースの問題


関連情報

リモート記憶域の詳細については、Windows 2000 のヘルプおよび 『 Windows 2000 リソース キット 』 を参照してください。Windows 2000 リソース キットには、構成、管理、最適化、およびリモート記憶域のトラブルシューティングを行う方法に関する詳細情報が含まれています。『 Windows 2000 リソース キット 』 の完全版は、Windows 2000 への補足的な製品です。ただし、Windows 2000 のコンパクト ディスク セットには、すべての Windows 2000 リソース キットのサブセットが含まれます。

リムーバブル記憶域マネージャーの用語と定義については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する下記事番号をクリックします。
240856 リムーバブル記憶域マネージャーの用語と定義






プロパティ

文書番号: 317369 - 最終更新日: 2014年2月4日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbmt KB317369 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:317369
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com