文書番号: 318027 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows XP の起動時に、次のいずれかまたは複数の現象が発生する場合があります。
  • 通常の方法でログオンすると、タスク バーが表示されません。
  • Ctrl + Esc キーを押しても、[スタート] メニューが表示されません。
  • セーフ モードで Windows にログオンした場合は、タスク バーが表示されます。

原因

この現象は、特定のユーザー アカウントに対する Windows 設定が破損している場合に発生することがあります。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1 : 最小限のドライバのみを使用して Windows を起動し、トラブルシューティングを行う

破損したドライバや互換性のないドライバを使用していることが、この現象の原因であるかどうかを確認します。確認するには、Windows XP をセーフ モードで起動し、クリーン ブートによるトラブルシューティング方法を使用して、特定のドライバまたはファイルがこの問題の原因であるかどうかを確認します。

クリーン ブートによるトラブルシューティングを実行する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310353 Windows XP でクリーン ブートを実行する方法
特定のプログラムによって読み込まれるドライバ ファイルが問題の原因であることが確認できた場合は、そのプログラムを削除した後、通常どおり Windows を再起動します。

方法 2 : 新しいユーザー アカウントを作成する

管理者としてコンピュータにログオンし、新しいユーザー アカウントを作成します。これを行うには、以下の手順を実行します。

: Windows XP Home Edition では、ローカル ユーザーとグループ スナップインを使用できないため、そのままでは以下の手順を実行できません。アカウントの追加には、ローカル ユーザーとグループ スナップインではなく、コントロール パネルの [ユーザー アカウント] を使用してください。
  1. コンピュータを再起動します。Power On Self Test (POST) が完了したら、F8 キーを押します。
  2. Windows 拡張オプション メニューで、方向キーを使用して [セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。
  3. 起動するオペレーティング システムの選択を求めるメッセージが表示されたら、[Microsoft Windows XP edition] (edition はインストールされている Windows XP のエディション) を選択し、Enter キーを押します。
  4. [開始するにはユーザー名をクリックしてください] 画面で、[Administrator] をクリックします。
  5. Administrator のパスワードを入力し、矢印のボタンをクリックします。

    : Administrator のパスワードが空白の場合があります。この場合は、パスワードを入力せずに、矢印ボタンをクリックします。
  6. [はい] をクリックして、Windows がセーフ モードで実行されていることを通知するメッセージを閉じます。
  7. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] を右クリックします。表示されるショート カットメニューの [管理] をクリックします。
  8. [コンピュータの管理 (ローカル)] のツリーの [ローカル ユーザーとグループ] を展開します。
  9. [ユーザー] を右クリックし、[新しいユーザー] をクリックします。
  10. 該当する各ボックスにユーザー名とパスワードを入力し、[パスワードの確認入力] ボックスにパスワードを再入力します。

    : ユーザー アカウントに対してパスワードを設定しない場合は、[パスワード] ボックスおよび [パスワードの確認入力] ボックスにパスワードを入力しないようにします。
  11. [ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要] チェック ボックスをオフにします。
  12. パスワードに期限を設定しない場合は、[パスワードを無期限にする] チェック ボックスをオンにします。
  13. [作成] をクリックし、[閉じる] をクリックし、コンピュータの管理スナップインを終了します。
  14. Windows を通常の方法で再起動し、作成した新しいユーザーとしてログオンします。
  15. 問題が解決した場合、必要なプログラムを再インストールし、必要なドキュメントを以前のユーザー アカウントの [マイ ドキュメント] フォルダからコピーします。以前のユーザー アカウントの [マイ ドキュメント] フォルダの内容をコピーするには、以下の手順を実行します。
    1. Ctrl + Alt + Del キーを押し、Windows からログオフします。

      [Windows へログオン] ダイアログ ボックスが表示されます。
    2. [ユーザー名] ボックスに Administrator と入力します。[パスワード] ボックスに、Administrator のパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
    3. [スタート] ボタンを右クリックし、[エクスプローラ] をクリックします。
    4. [フォルダ] ツリーで、[Documents and Settings] の下の、古いユーザー アカウントを展開します。
    5. [user name のドキュメント] をクリックします (user name は、この問題が発生した古いユーザー アカウントの名前です)。
    6. [編集] メニューの [すべて選択] をクリックし、[編集] メニューの [コピー] をクリックします。
    7. [Documents and Settings] の下で、新しいユーザー アカウントのフォルダを展開します。
    8. [new user のドキュメント] をクリックします (new user は、作成した新しいユーザー アカウントの名前です)。
    9. [編集] メニューの [貼り付け] をクリックします。
    10. ファイルやフォルダの上書きを確認するメッセージが表示されたら、[すべて上書き] をクリックします。
    11. [ファイル] メニューの [閉じる] をクリックします。
    12. Windows からログオフします。

方法 3 : Windows XP を修復する

Windows XP のインプレース修復を実行します。Windows XP のインストールを開始し、既存のインストールを修復するオプションを選択します。これにより、Windows ファイルがすべて置き換えられます。インストールされているプログラムやデータには影響はありません。

Windows XP のインプレース修復の実行方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
315341 Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法

詳細

アドレス帳とメール フォルダの回復方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
188854 [OLEXP] Outlook Express のアドレス帳およびメール フォルダをバックアップする方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 318027 (最終更新日 2003-12-15) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 318027 - 最終更新日: 2005年3月18日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbenv kbprb KB318027
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com