メモリを特定する方法は、共通言語ランタイムでリークが発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318263
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではメモリのリークが発生してリスト一部説明します。メモリ リークの原因します。さらに、この資料では説明を認識されたメモリ リークと方法は真のメモリ リークとして解釈できます。

詳細

メモリ リークが発生可能性がありますアプリケーションを実行するにはリソースや、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。識別することが重要です。メモリ リークが発生します。メモリ リークの問題では、C および C++ 開発者に悩まさ年。Microsoft Visual Studio 2005年や Microsoft Visual Studio。NET では、包括的なガベージ コレクションパッケージおよびマネージ メモリは、メモリ リークを停止できますが、いくつかの下で状況は、メモリ リークが発生してプログラムが表示されます。

メモリ リークの定義

メモリは、プログラムで割り当てられていると、メモリ リークが発生します。プログラムを使用していない場合でもは、オペレーティング システムが返される今後のメモリ。メモリ リークの 4 つの基本タイプを次に示します。
  • 手動でマネージ メモリ環境で: メモリ動的に割り当てられた、ポインターによって参照されています。前に、ポインターが消去されます。メモリは解放されます。ポインターを消去した後、メモリことはできません。アクセス、したがってを解放することはできません。
  • メモリを動的に管理された環境で: メモリオブジェクトへの参照はまだなので決して収集が破棄アクティブです。オブジェクトへの参照がまだアクティブになってガベージ コレクションコレクターは、メモリを収集します。これで参照が発生する可能性がシステムまたはプログラムによって設定します。
  • メモリを動的に管理された環境で: ガベージ コレクションコレクターを収集し、空きメモリが、操作に返ることはありません。システムです。ガベージ コレクターがオブジェクトを移動できない場合に発生します。これは、メモリの一部を使用して、残りの空き。
  • すべてのメモリの環境で: 低いメモリ管理できます多くの大規模なオブジェクトを宣言してスコープにできませんする場合の結果です。したがって、メモリ使用ありは解放します。

ディスカッション

実装されているガベージ コレクション パッケージのためマイクロソフト。NET Framework では、メモリ リークがあることはできません。マネージ コードです。これは、2 つの質問を提示: どのように、メモリ リークが発生をするか。なぜ、メモリ リークがあることは。

メモリ リークが発生します。発生がします。アンマネージ コードの一部として使用すると、NET Framework アプリケーションアプリケーションです。このアンマネージ コード、メモリ リークが発生することができ、します。NET Frameworkランタイムは、その問題を解決できません。

また、プロジェクト可能性があります。メモリ リークが発生するが表示されます。多くの場合この状況が発生することができます大規模なオブジェクト (など データ テーブル オブジェクト) を宣言して、コレクションに追加 (など、 データセット).可能性がありますが解放されないこと、これらのオブジェクトを所有しているリソースと全体のプログラムを実行するため、リソースは生きて残されます。これが表示されます。リークが発生するが実際には、ただの現象は、メモリがされている方法ではプログラムで割り当てられています。

たとえばがある、 データセット.新しいクエリが実行されるたびに新規追加します。 データ テーブル 要素には、 データセット 返されるデータを保持します。ある場合、大量廃棄は、データ、データのまま生きている限り、 データセット まだ使用中です。これが発生する場合は、可能な限りです。メモリが不足実行します。これはメモリ リークではありませんが、代わりにそれの問題であります。メモリを管理します。次のコード例を参照してください。
  Dim DS As DataSet
  Dim cn As New SqlClient.SqlConnection("data source=localhost;initial catalog=Northwind;integrated security=SSPI")
  cn.Open()
 
  Dim da As New SqlClient.SqlDataAdapter("Select * from Employees", cn)
  Dim i As Integer
  DS = New DataSet()

  For i = 0 To 1000
      da.Fill(DS, "Table" + i.ToString)
  Next
				
メモ 次の使用例は、コードのスニペットです。次の使用例前提としています。ローカル コンピューターと、その Microsoft SQL Server がインストールされているユーザーこのコードを実行している人が、 Northwind SQL Server に含まれているデータベースです。

がこのコードは、言うまでもなく非効率的とは適切です、そのためのものです。コレクションにオブジェクトを追加する場合、ことを示す (の追加など、テーブルをするには、 データセット コレクションの場合)、オブジェクトは保存作業中であれば、コレクションは引き続き動作します。コレクションのグローバル レベルで宣言されている場合プログラム、オブジェクト、プログラム全体で宣言されているし、するには、追加コレクション、つまり、オブジェクトは有効範囲ではなくなった場合でも、まだ参照されているためオブジェクトは有効なままです。

各この場合、時間、プログラムを使用しているメモリの量増加します。メモリは、プログラムが終了するまで小さくなりません、コレクションからのオブジェクトのリリースです。とき、監視プログラムでは、パフォーマンス モニターは、これは、メモリ リーク、考えられますが、ありません。は、プログラムがメモリを制御することが、それを解放しないことを選択しました。は、プログラム コントロールをまだ持っている事実これは、メモリ リークが発生を妨げる、事実、プログラム メモリの使用量が増加し続けることができますがメモリ リークが発生するが表示されますを確認します。

メモリ リークの症状

プログラムを使用しているメモリの量を継続するとき実行中に大きく、このメモリ リークの兆候です。(できます。この数をパフォーマンス モニターのメモリをウォッチします)。メモリの量プログラムを使用して、最終的にリソースが不足すると、プログラム可能性があります。クラッシュします。

関連情報

詳細についてはのヘルプ トピックの一覧次に示しますメモリとその管理について。
  • GC クラス
  • メモリ パフォーマンス カウンター
  • 自動メモリ管理
  • アンマネージ コードとの相互運用性
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
317297ハング、メモリ リーク、デッドロック、および Visual Basic で競合状態のデバッグのロードマップNET
詳細については、以下を参照してください。開発者 (MSDN) Web サイト。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/x98tx3cf.aspx

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/fz5w87ad.aspx

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/kxx6e7z6.aspx

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/s3aw423e.aspx

プロパティ

文書番号: 318263 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB318263 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318263
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com