実行する方法と Web サービスを Visual C# キャッシュを出力します。NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318299
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

メモ 次の.NET Framework クラス ライブラリの名前空間この資料で参照されています。
  • System.Web.Services
  • System.Text
この資料では、ASP のサンプルを作成する方法について説明します。NET出力キャッシュを使用する web サービス。出力応答を出力キャッシュ キャッシュします。Web サービスの結果を基に、 期間 対応する指定した属性 Web メソッド.

メモ ASP では。NET 2.0 の HTTP メソッドのテスト ページ GET から post の実行に変更されました。ただし、Post は通常はキャッシュされません。Asp テスト ページを変更した場合。NET 2.0 Web サービス アプリケーションを使用する取得、動作が正常にキャッシュします。さらに、HTTP ユーザー エージェント (ブラウザー、または呼び出し元アプリケーション) キャッシュ コントロール ヘッダーに"no-cache"を設定することにより、サーバーのキャッシュを無効にできることを示していますしたがって、ASP。"No-cache"ヘッダーを見つけたら NET アプリケーションでキャッシュされている結果を無視します。

要件

次の一覧は、推奨されるハードウェア、ソフトウェアです、ネットワーク インフラストラクチャ、および service pack は必要です。
  • Microsoft Windows 2000 Professional、Microsoft Windows 2000サーバーは、Microsoft Windows 2000 Server、または Microsoft Windows 高度なXP
  • [マイクロソフト]。NET Framework
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS)

新しい ASP を作成します。NET Web サービス アプリケーション

新しい ASP を作成します。NET Web サービス アプリケーションは、WSCacheSample という名前します。
  1. Visual Studio を起動します。NET。
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し プロジェクト 「新規プロジェクト」ウィザードを開始します。
  3. 下にあります。 [プロジェクトの種類を選択 Visual C#.下にあります。 テンプレートを選択 ASP。Net サービス.
  4. で、 場所 ボックスで、"web サービス"のシャープの URL パスの名前でを置き換えます、プロジェクトは、 WSCacheSample.ローカル サーバーを使用している場合は、サーバー名としてままにしておきます。http://localhost、ように、 場所 ボックスは、次のようななります。
    http://localhost/WSCacheSample

サンプルの Web サービスを作成します。

  1. ソリューション エクスプ ローラーで、プロジェクト ノードを右をクリックしてポイントするには 追加、し Web サービスを追加します。.
  2. 名前を入力します。 CacheDemo.asmx,し ファイルを開く.Web サービスは、デザイン ビューで開きます。
  3. 目的の Web サービス] を右クリックしをクリックしてください [コードの表示.
  4. CacheDemo.asmx.cs のクラス ファイルに次のコードを追加します。これを追加な Web メソッド 名前付きの属性 GetCacheEntryTime 使用します。 CacheDuration 60 秒の。
    [WebMethod(CacheDuration=60)]
    public string GetCacheEntryTime(string Name)
    {
    	StringBuilder sb = new StringBuilder("Hi ");
    	sb.Append(Name);
    	sb.Append(", the Cache entry was made at ");
    	sb.Append(System.DateTime.Now.ToString());
    	
    	return(sb.ToString());
    }
    						
    メモ: 既定では、 CacheDuration は、 Web メソッド 属性はキャッシュされていないことを意味 0 に設定されます。
  5. サンプル コードを使用しているため、 StringBuilder メソッドへの参照が含まれます、 System.Text 名前空間です。Web サービスを一覧表示する名前空間を検索します。次のようにします。
    using System;
    using System.Collections;
    using System.ComponentModel;
    using System.Data;
    using System.Diagnostics;
    using System.Web;
    using System.Web.Services;
    using System.Text;
    						
    メモ: 詳細については、 StringBuilder クラスに、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) の Web を参照してください。サイト:
    StringBuilder クラス
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.text.stringbuilder (vs.71)
  6. Visual Studio のでは。NET IDE をクリックします。 ソリューションをビルドします。 で、 ビルド メニューです。
  7. で、 ファイル メニューをクリックして すべて保存します。 プロジェクトと関連付けられているファイルを保存します。

プロジェクトをテストします。

このサンプルを作成しましたが CacheDemo Web サービスの実行には、 GetCacheEntryTimeWeb メソッド 効果を確認するのには CacheDuration 属性の設定
  1. ソリューション エクスプ ローラーで右クリックします。 CacheDemo.asmx、し ブラウザーでの表示します。.

    ブラウザーで .asmx ファイルを開きし、 GetCacheEntryTimeWeb メソッド 属性が箇条書き項目の上部に表示されている、ページします。
  2. クリックして、 GetCacheEntryTime リンクします。
  3. で、 名前 メソッド、型のボックス ジョー しクリックしてください。 呼び出す 実行するのには Web メソッド 属性および XML の結果が返されます。時刻がスタンプに注目してください。メッセージで返されます。

    メモ: に書き込めませんを支援するとページが表示されない、実行できます、 Web サービス 次を入力して、[アドレス] ボックスで、Web メソッドブラウザー:
    http://localhost/wscachesample/cachedemo.asmx/GetCacheEntryTime?Name=Joe
    					
  4. 実行、 Web メソッド もう一度入力 ジョー. メモ: 実行すると、 Web メソッド 属性、60 で指定されている秒の期間で、 CacheDuration 属性は、同じタイムスタンプが表示されます。
  5. タイプがステップ 4 を繰り返します 西村 その代わりにジョーでは 名前 ボックスする、 Web メソッド パラメーターを属性します。

    タイム ・ スタンプが発生することに注意してください。違います。既定の出力結果をキャッシュに基づいているために発生します。パラメーターを Web メソッド 属性です。この例では、 ジョー パラメーター値の最初の 2 つのテストと、キャッシュされています。出力は、2 番目のテスト用返されます。使用すると、 西村 3 番目のテストでは、新しい結果を受信します。かどうかは、繰り返し実行、テスト 60 秒後に、キャッシュされた出力結果が表示されます。差出力キャッシュのバージョンのパラメーターに関連している、 Web メソッド 属性です。

トラブルシューティング

出力キャッシュを実装するかどうか決定します。Web サービス、サーバー リソースできますが影響悪影響を及ぼす場合に注意してくださいは、 Web メソッド 要求に関連付けられた属性のパラメーターを変更します。広くまたは応答に大量のデータが含まれる場合。

関連情報

詳細については、 WebMethodAttribute.CacheDuration プロパティおよび WebMethodAttribute クラスに、次のトピックを参照してくださいが。NET Framework クラスライブラリのドキュメント:
WebMethodAttribute.CacheDuration プロパティ
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.services.webmethodattribute.cacheduration (vs.71)
Web サービスの詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。
ASP を使用して作成された XML Web サービスのデザインのガイドライン。NET
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/w8excbb0 (vs.71)

WebMethod 属性の使用
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/byxd99hx (vs.71)
その他のサンプル、ドキュメント、および関連するリンクプログラミングには。NET Framework の次の CodePlex Web サイトを参照してください。
http://www.codeplex.com

プロパティ

文書番号: 318299 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbcaching kbmt KB318299 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318299
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com