応答しない Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 アプリケーションをデバッグする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318357 - 対象製品
ベータ版情報
この資料では、Microsoft 製品のベータ版について記述しています。 この資料の情報には用意されています - はあり通知なしに変更するですが。

このベータ版については、Microsoft による正規の製品サポートはありません。 ベータ版のサポートを入手する方法については、ベータ版に含まれるマニュアルを参照して製品ファイル、または元のリリースをダウンロードした Web の場所を確認します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

このステップ バイ ステップ方法について説明を Microsoft Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 の Microsoft アプリケーションをデバッグします。 Microsoft Visual Studio .NET や Microsoft Visual Studio 2005 デバッガーは、Visual Studio 環境の外部プロセスで実行されているのプログラム接続できます。 デバッガーが応答していませんがプロセスにアタッチできます。 デバッガーは、逆アセンブルの表示され、実行中のプロセスを一時停止します。 混合モードのビューとソース コードを表示 (.pdb) ファイルとソース コードをデバッガー プログラム データベースの可用性に基づいています。

要件

必要なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および Service Pack は、次のとおりです:
  • Microsoft Windows 2000 または Microsoft Windows XP
  • Microsoft Visual Studio .NET や Microsoft Visual Studio 2005

Debug クラスと Trace クラスを使用します。

Debug クラスと Trace クラスを使用してアプリケーションのパフォーマンスに関する情報することができます。 これらのクラスを使用して、アプリケーションの問題の領域を特定することができます。 これが可能アプリケーションの開発中または実稼働展開後。 これらのクラスは、Microsoft .NET Framework で使用できます。 Trace クラス計器リリース ビルドに使用できます。 インストルメンテーションでは、現実の設定で実行されているアプリケーションの状態を監視できます。 トレース クラスを使用して分離およびできます、実行中のシステム影響を与えることがなく問題を解決します。 デバッグ情報は、印刷し、アサーションとロジックを確認するには、[ デバッグ ] </a0> クラス使用できます。 出荷製品のパフォーマンスとコードのサイズに影響を与えずコードより堅牢なを高めることができます。

Visual Basic .NET で、Trace クラスと Debug クラスの使用方法の追加についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
313417方法: トレースし、Visual Basic .NET でのデバッグ

デバッグ、アプリケーションが応答を停止します。


Visual Basic .NET アプリケーションをデバッグするには、次の手順に従います。
  1. Microsoft Visual Studio .NET や Microsoft Visual Studio 2005 を開きます。
  2. [ ツール ] メニューのをクリックして デバッグ プロセス
  3. [ プロセス ] ダイアログ ボックスで 選択可能なプロセス の一覧からアタッチするプログラムを選択をクリックします。 デバッグするプログラムが別のコンピューターで実行されている場合は、リモート コンピューターを選択クリックする必要がありますしています。

    リモート コンピューターを選択する方法の詳細については参照の次の MSDN Web サイトをしてください。

    リモート コンピューターの選択
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/w8wtw2f3(VS.71).aspx
  4. 接続 をクリックします。
  5. 適切なプログラムの種類を デバッグするプログラムの種類選択 で選択されて、 プロセスにアタッチ ] ダイアログ ボックス確認します。 たとえば、アプリケーションを Visual Basic .NET または Visual Basic 2005 のアプリケーションをデバッグするクリックして 共通言語ランタイム を選択します。
  6. [ OK] をクリックします。

    [プロセス ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  7. デバッグを中止したときに 、ボックスの一覧のプログラムを終了せず、プロセスからデタッチするときに、 このプロセスからデタッチ を選択します。 このプロセスの終了 をプログラムを終了したい場合クリックします。
  8. デバッグ プロセス ] </a0> ボックスのプロセスのオン [ 中断 ] をクリックします。

    デバッガーの停止 [逆アセンブリ] ビューで、プログラムが一時停止とします。 .pdb ファイルが実行可能ファイルと同じディレクトリにある、デバッガー、ソース コードを読み込みます。
  9. ソース コードを表示、 [逆アセンブリ] を右クリックし、コード ウィンドウに切り替えますの ソース コードへ移動 します。 目的の位置ブレークポイントを挿入します。
  10. [ デバッグ ] メニューの [ 続行 ] をクリックするか、処理を続行します F5、キーを押してください。

    デバッガーはブレークポイントに達したときに自動的に停止します。
  11. [ デバッグ ] メニューの [には デバッグの停止 をクリックしてしたりデバッグを停止する、Shift キーを押しながら F5 キーボード ショートカットを押したり。

メモリ ダンプ ファイルを使用します。

応答がありませんが、アプリケーションのメモリ ダンプ ファイルを生成できます。 Windows のデバッガーでは応答していないアプリケーションの原因のデバッグにメモリ ダンプ ファイルを使用できます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
286350[HOW TO"ハングをトラブルシューティングしてクラッシュ"を使用します。

トラブルシューティングを行う

  • リモート コンピューター上で実行されているプログラムをデバッグする場合はコンピューターに Mdm.exe をインストールします。 Mdm.exe は、リモート コンピューター上でインストールされていない場合は Mdm.exe をインストールしてプロセスをデバッグする前に開始します。
  • リリース モードで、アプリケーションが実行されている場合はクラスの デバッグ 出力は無視されます。

関連情報

詳細については、の次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

運用デバッグの .NET Framework アプリケーション
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms954594.aspx

プロパティ

文書番号: 318357 - 最終更新日: 2006年12月6日 - リビジョン: 3.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic 2005
  • Microsoft Visual Basic .NET 2003 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic .NET 2002 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbdynamic kbnamespace kbdesigner kbdebug kbdev kbmanaged kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB318357 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318357
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com