文書番号: 318380 - 対象製品

Web サイトでこれらのエラー メッセージを発生する理由

インターネットを参照するときに、訪問している web サイトに問題がある場合、エラー メッセージが表示します。この問題は一時的な場合があります。このため、後で web サイトを使用しようとすることができます。問題が引き続き発生する場合はしようとする問題を修正するように依頼する、web サイトの管理者に問い合わせてください。

この資料に役立つ web サイトの管理者に理解どのようなこれらのエラー メッセージの意味し、問題を修正する方法に関する情報を取得します。

ホーム ユーザー:この資料は、サポート担当者および IT プロフェッショナルが使用するものです。Web サイトのエラー メッセージに関する詳細については、探している場合は、次の Windows の web サイトを参照してください。

ヘルプ web サイトのエラー メッセージ (HTTP エラー) を取得します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Web サイトのビジターが HTTP またはファイル転送プロトコル (FTP) 経由で Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 5.0 および 6.0 を実行しているサーバー上のコンテンツにアクセスしようとすると、IIS は、試行が成功したかどうかを示す数値コードを返します。この状態コードは IIS ログに記録し、Web ブラウザーまたは FTP クライアントにも表示されます可能性があります。ステータス コードは、要求が失敗した正確な理由も指定できます。

IIS の管理者は、要求が失敗したときに、web ブラウザーでユーザーに表示されるエラー メッセージをカスタマイズできます。 IIS でカスタム HTTP エラー メッセージを作成する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する、次の資料番号をクリックしてください。
814869 IIS 6.0 のカスタム エラー メッセージ
302570 カスタムのエラー メッセージを IIS で Web サイトを構成する方法

詳細

ログ ファイルの場所

既定では、IIS はログ ファイルに、次の場所に保存します。
%WINDIR%\System32\Logfiles
このディレクトリには World Wide Web (WWW) および FTP のサイトごとに別々 のディレクトリが含まれています。既定では、ログは毎日そのディレクトリに作成し、使用の日付 (たとえば、exYYMMDD.log) が付けられています。 ログを設定する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
313437 インターネット インフォメーション サービス (IIS) のログを有効にする方法

HTTP

1xx -情報

これらのステータス コードは、仮の応答を示します。クライアントは、通常の応答を受信する前に 1 つまたは複数の 100 番台の応答を受信することがあります。
  • 100-継続します。
  • 101 - プロトコルを切り替えます。
2xx -成功

このクラスの状態コードは、サーバーが正常にクライアントの要求を受け入れることを示します。
  • 200-OK です。クライアント要求は成功しました。
  • 201 - Created
  • 202-受理します。
  • 203-不当な情報です。
  • 204 - コンテンツがありません
  • 205 - コンテンツをリセットします。
  • 206 - 部分的なコンテンツ
  • 207-マルチ状態 (WebDay) です。
3xx リダイレクト

クライアントのブラウザーの要求を満たすためにより多くのアクションにかかる必要があります。たとえば、ブラウザーは、サーバー上の別のページを要求するプロキシ サーバーを使用して要求を繰り返す必要があります。
  • 301-完全に移動されました
  • 302 - オブジェクトが移動されました。
  • 304 - 変更されていません。
  • 307 - 一時的なリダイレクトです。
4xx クライアントのエラー

エラーが発生し、障害時にクライアントが表示されます。たとえば、クライアントが存在しないページを要求するや、有効な認証情報を提供していない可能性があります。
  • 400-不正な要求です。
  • 401-アクセスが拒否されました。IIS では、エラーの原因を示すいくつかのさまざまな 401 エラーを定義します。これらの特定のエラー コードはブラウザーに表示されますが、IIS ログには表示されません。
    • 401.1 - ログオンに失敗しました。
    • 401.2 - サーバーの構成によりログオンに失敗しました。
    • 401.3 - ACL をリソースにします。
    • 401.4 - フィルターによって失敗した承認します。
    • 401.5 - ISAPI または CGI アプリケーションによって失敗した承認します。
    • 401.7 ? アクセスは、Web サーバー上の URL 承認ポリシーにより拒否されました。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
  • 403-許可されていません。IIS には、エラーの原因を示すいくつかのさまざまな 403 エラーを定義します。
    • 403.1 - アクセスは許可されて実行されます。
    • 403.2 - 読み取りアクセスが許可されていません。
    • 403.3 - 書き込みアクセス権が許可されていません。
    • 403.4 - SSL が必要です。
    • 403.5 - SSL 128 が必要です。
    • 403.6 - IP アドレスが拒否されました。
    • 403.7 - クライアント証明書が必要です。
    • 403.8 - サイト アクセスが拒否されました。
    • 403.9 - ユーザーが多すぎます。
    • 403.10 - 無効な構成です。
    • 403.11 - パスワードを変更します。
    • 403.12 - マッパー アクセスが拒否されます。
    • 403.13 - クライアント証明書は失効しています。
    • 403.14 - ディレクトリの一覧表示が拒否されました。
    • 403.15 - クライアント アクセス ライセンスを超えました。
    • 403.16 - クライアント証明書が信頼されていないが無効です。
    • 403.17 - クライアント証明書は有効期限が切れたか、無効です。
    • 403.18 - 要求された URL を現在のアプリケーション プールで実行できません。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
    • 403.19 - このアプリケーション プールでクライアントに対して Cgi を実行できません。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
    • 403.20 - passport ログオンに失敗しました。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
  • 404-が見つかりません。
    • 404.0 - (なし)-ファイルまたはディレクトリは見つかりませんでした。
    • 404.1 - 要求されたポートで Web サイトは、アクセスできません。
    • 404.2 - web サービス拡張のロックダウン ポリシーにより、この要求。
    • 404.3 - MIME マップ ポリシーにより、この要求。
  • 405 - このページにアクセスするために使用する HTTP 動詞は (許可されていないメソッド)。
  • 406-クライアントのブラウザーでは、要求されたページの MIME の種類は使用できません。
  • 407 プロキシ認証が必要です。
  • 412-必須条件に失敗しました。
  • 413-要求したエンティティが大きすぎます。
  • 414-要求 URI が長すぎます。
  • 415 ? サポートされていないメディアの種類。
  • 416: 要求された範囲が満たされていません。
  • 417 ? 実行できませんでした。
  • 423 ? ロック エラーが発生しました。
5xx サーバー エラー

エラーが発生したため、サーバーは要求を完了できません。
  • 500-内部サーバー エラーが発生しました。
    • 500.12 - アプリケーションが使用中の Web サーバーを再起動します。
    • 500.13 - web サーバーがビジー状態です。
    • 500.15 - Global.asa を直接要求は許可されません。
    • 500.16 ? UNC 承認の資格情報が正しくありません。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
    • 500.18 ? URL 承認ストアを開くことができません。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
    • 500.19 - このファイルのデータが正しく構成されていないメタベースの。
    • 500.100 - 内部の ASP エラー。
  • 501-ヘッダー値が実装されていない構成を指定します。
  • 502-web サーバーがゲートウェイまたはプロキシとして動作しているときに、無効な応答を受信しました。
    • 502.1 - CGI アプリケーションがタイムアウトします。
    • 502.2 - CGI アプリケーションでエラーが発生します。
  • 503-サービスは利用できません。このエラー コードは、IIS 6.0 固有です。
  • 504-ゲートウェイがタイムアウトしました。
  • 505-HTTP バージョンはサポートされていません。

IIS の HTTP ステータス コードとその原因

  • 200 - 成功します。この状態コードは、IIS が要求を正常に処理されることを示します。
  • 206 - コンテンツの一部分です。これは、ファイルが部分的にダウンロードされたことを示します。中断されたダウンロードの再開を有効にするまたは分割の複数のストリームを同時にダウンロードできます。
  • 207 - マルチ状態 (WebDAV).これは、XML メッセージによってサブ要求の数が行われた、いくつかの個別の応答コードを含めることができる前に。
  • 301 - 恒久的に移動します。これと将来のすべての要求は、指定された URI に送信されます。
  • 302 - 見つかりました。「オブジェクト」ために移動フォーム ベースの認証頻繁に表されます。異なる uri、要求されたリソースが一時的に存在します。リダイレクト可能性があります、変更される場合がありますので、将来の要求を要求 URI を使用して、クライアントが続けます。この応答は、Cache-control または Expires ヘッダー フィールドで指定されている場合は、キャッシュだけです。
  • 304 - 変更されていない。クライアントが既にキャッシュに存在するドキュメントを要求して、ドキュメントはキャッシュされてから変更されていません。クライアントは、erver からそれをダウンロードするのではなく、ドキュメントのキャッシュされたコピーを使用します。
  • 401.1 と 401.2 - ログオンに失敗しました。ユーザー名またはパスワードが無効であるため、またはシステム構成に問題があるために、ログオンの試行は成功しません。この問題を解決する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    907273 IIS での HTTP 401 エラーのトラブルシューティング
  • 401.3 - リソース上の ACL によってアクセス権限がありません。これは NTFS アクセス許可に問題があることを示します。場合にもこのエラー mayoccur アクセス許可は、アクセスしようとしているファイルの正しいです。次の例では、IUSR アカウントは、C:\Winnt\System32\Inetsrv ディレクトリとして含めることこのエラー参照してください。 この問題を解決する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する、次の資料番号をクリックしてください。
    271071 IIS 5.0 Web サーバーに対して必要な NTFS のアクセス許可とユーザー権利を設定する方法
    812614 既定のアクセス許可と iis のユーザー権利
  • 403 - 許可されていません。Web サイトに設定すると、既定のドキュメントがないと、サイトには、ディレクトリの参照を許可するのに設定されていない場合は、この汎用 403 ステータス コードを受信できます。 この問題を解決する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    320051 インターネット インフォメーション サービスで既定のドキュメントを構成する方法
  • 403.1 - 実行アクセスは許可されていません。このエラー メッセージの 2 つの一般的な原因を次に示します。
    • 十分な実行アクセス許可がありません。たとえば、場所のアクセス許可を [なし] に設定されてまたはスクリプトのみのアクセス許可を持つディレクトリで CGI スクリプトを実行しようとするディレクトリ内の ASP ページにアクセスしようとする場合は、このエラー メッセージを表示可能性があります。実行のアクセス許可を変更するには、Microsoft 管理コンソール (MMC) で、ディレクトリを右クリックしプロパティ] をクリックして、[ディレクトリ] タブをクリックしてや、実行アクセス許可の設定がコンテンツにアクセスしようとしているは適切であるかどうかを確認します。
    • 動詞を使用することを認識するように設定、スクリプトのマッピングを実行しようとしているファイルの種類がない (たとえば、GET または POST)。これを確認、Microsoft 管理コンソールでは、ディレクトリを右クリックし、プロパティ] をクリックして、 [ディレクトリ] タブをクリックして、[構成] をクリックしておよび適切なファイルの種類に対して、スクリプト マッピングがあることを確認するには、動詞を使用することを許可するを設定します。
  • 403.2 - アクセスは許可されています。ディレクトリへの読み取りアクセスを許可する IIS を設定していることを確認します。また場合は、既定のドキュメントを使用していることを確認、documentexists。 この問題を解決する方法に関する詳細については、次の文書番号、資料、マイクロソフト サポート技術情報」でに移動するをクリックします。
    247677 エラー メッセージ: 403.2: 読み取りアクセスが許可されていません
  • 403.3 - 書き込みアクセスが許可されていません。IIS のアクセス許可と NTFS アクセス許可設定されていること、ディレクトリへの書き込みアクセスを許可することを確認します。この問題を解決する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    248072 エラー メッセージ: 403.3 が許可されていません: 書き込みアクセスが許可されていません
  • 403.4 - SSL が必要ですセキュリティで保護されたチャネルを要求] オプションを無効にするか、ページへのアクセスに HTTP ではなく HTTPS を使用してください。
  • 403.5 - SSL 128 が必要です128 ビットの暗号化のオプションを無効にするまたはページに移動するには、128 ビット暗号化をサポートしてくださいいるブラウザーを使用してください。
  • 403.6 - IP アドレスが拒否されました。現在の IP アドレスへのアクセスを拒否するサーバーを構成しました。 この問題を解決する方法に関する詳細については、次の文書番号、資料、マイクロソフト サポート技術情報」でに移動するをクリックします。
    248043 エラー メッセージ: 403.6 - 許可されていません: IP アドレスが拒否されました
  • 403.7 - クライアント証明書が必要です。、Forclient の認証を要求するようにサーバーを構成したが、クライアントの有効な certificateinstalled はありません。
    186812 PRB: エラー メッセージ: 403.7 は許可されていません: クライアント証明書が必要
  • 403.8 - サイト アクセスが拒否されました。サーバーへのアクセスを使用しているドメインのドメイン名の制限を設定します。この問題を解決する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    248032 エラー メッセージ: アクセスは許可されて: サイトへのアクセス拒否 403.8
  • 403.9 - ユーザーが多すぎます。サーバーに接続しているユーザーの数を設定した接続の制限を超えています。 この制限を変更する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    248074 エラー メッセージ: アクセスは許可されていません: 多数のユーザーが接続 403.9
    : Microsoft Windows 2000 Professional および Windows XP Professional が IIS に接続制限が自動的に表示されます。この制限は変更できません。
  • 403.12 - マッパーがアクセスを拒否します。ページにアクセスするには、クライアント証明書が必要です。ただし、クライアント証明書にマップされているユーザー ID には、ファイルへのアクセスが拒否されました。 詳細については、次の文書番号、資料、マイクロソフト サポート技術情報」でに移動するをクリックします。
    248075 エラー: HTTP 403.12 - アクセスは許可されていません: マッパーがアクセスを拒否されました
  • 404 - 見つかりませんでした。アクセスしようとしているファイルが移動または削除された場合は、このエラーが表示されることがあります。URLScan ツールをインストールした後、制限付きのファイル名拡張子を持つファイルにアクセスしようとする場合にも発生します。URLScan ツールをインストールした後"拒否して URLScan"w3svc ログ ファイルに表示されます。この場合は、「URLScan によって拒否された」要求のログ ファイル エントリで表示されます。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

    248033 システム管理者は、"HTTP 404 - ファイルは見つかりませんでした"のトラブルシューティング方法、IIS を実行しているサーバー上のエラー メッセージ
    • 404.1-Web サイトは、要求されたポートにはアクセスできません。このエラーは、Web サイトにアクセスしようとしているが、この要求を受信するポートを使用しない IP アドレスを示します。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
      248034 IIS エラー: 404.1 Web サイトが見つかりません
    • 404.2: ロックダウン ポリシーにより、この要求します。IIS 6.0 で Web サービス拡張の一覧で、要求を禁止されて ことを示します。詳細については、次の技術情報の記事に移動する、次の資料番号をクリックしてください。
      328419 IIS 6.0 で Web サービス拡張ファイルを削除し、追加する方法
      328505 IIS 6.0 で Web サーバーの拡張と拡張ファイルを一覧表示する方法
      328360 有効にして、ISAPI 拡張機能、および IIS 6.0 で CGI アプリケーションを無効にする方法
    • 404.3 - MIME マップ ポリシーにより、この要求します。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
      1. 要求されたファイル名拡張子のハンドラー マッピングが構成されていません。
      2. 適切な MIME の種類は、Web サイトまたはアプリケーションに構成されていません。
  • 405-メソッドは許可されていません。クライアントが、IIS を実行しているサーバーへの HTTP 要求を送信するときにこのエラーが発生し、サーバーが認識できない HTTP 動詞が要求に含まれています。問題を解決するのには、クライアントの要求が HTTP rfc に準拠する HTTP 動詞を使用することを確認します。HTTP rfc については「関連情報」セクションを参照してください。
  • 500 - 内部サーバー エラーです。多くのサーバー側のエラーに対してこのエラー メッセージが表示されます。イベント ビューアーのログで、このエラーが発生する理由についての詳細があります。さらに、エラーの詳細な説明を表示する HTTP エラー メッセージを簡易を無効にすることができます。 HTTP エラー メッセージの簡易表示を無効にする方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    294807 方法: Internet Explorer のサーバー側では、5 ' 簡易 HTTP エラー メッセージを表示する' 機能を無効にします。
  • 500.12 - アプリケーションを再起動します。これは、IIS がアプリケーションの再起動中に、ASP ページを読み込むしようとしたことを示します。ページを更新するときに、このメッセージは表示されなくなります。ページを更新する場合は、Global.asa ファイルをスキャンしているウイルス対策ソフトウェアによって発生する可能性がありますメッセージが再度表示されます。 詳細については、次の文書番号、資料、マイクロソフト サポート技術情報」でに移動するをクリックします。
    248013 エラー メッセージ: HTTP エラー 500-12-アプリケーションを再起動します。
  • 500-100.asp から ASP エラー 。このエラー メッセージが表示されたら、エラーをコードでは、ASP ページを読み込むしようとします。エラーに関する詳細情報を入手するには HTTP エラー メッセージの簡易表示を無効にします。既定では、このエラーは onlyenabled 既定の Web サイトでは。既定以外の web サイトでこのエラーを表示する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    261200 500-100.asp から ASP エラー メッセージではなく、HTTP 500 エラー メッセージが表示されます。
  • 502 - 無効なゲートウェイです。HTTP ヘッダーの有効なセットを返さない CGI スクリプトを実行しようとするときは、このエラー メッセージを表示します。この問題を解決するのには IIS を無効な HTTP 情報が成功する理由を確認するのには、CGI アプリケーションをデバッグするがあります。
  • 503 (サービス利用できません。IIS 6 以降は、カーネル モードの Http.sys コンポーネントは HTTP 503 ステータスを生成します。 識別し、HTTP 503 エラーのトラブルシューティング方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
    820729 HTTP API でログに記録するエラー
  • 500.19。このエラーは、XML メタベースにアクセスしようとしているコンテンツの種類の無効な構成情報が含まれている場合。この問題を解決するのには削除または無効な構成を修正します。この問題は、通常、スクリプト マップ メタベース キーの問題を示します。

FTP

1xx -正の暫定的な応答

これらのステータス コードは、操作が正常に開始するが、クライアントが新しいコマンドに進む前に別の応答を予測を示します。
  • 110 リスタート マーカー応答をします。
  • 120-サービスの準備 nnn 分。
  • 125-データ接続が既に開かれています。転送を開始します。
  • 150 ファイル ステータスがいりません。約データ接続を開きます。
2xx -肯定的な完了応答

操作が正常に完了します。クライアントは、新しいコマンドを実行することができます。
  • 200 のコマンドは正常終了します。
  • 202 コマンド実装されていない、このサイトでは不要です。
  • 211-システム状態、またはシステム ヘルプの返答です。
  • 212 ディレクトリの状態です。
  • 213 ファイルの状態です。
  • 214: ヘルプ メッセージです。
  • 215 名システムの種類、名前で数値を割り当てられているドキュメントのリストから公式のシステム名です。
  • 220 サービスは新しいユーザーの準備ができて。
  • 221 サービスの制御接続をクローズします。該当する場合記録されます。
  • 225 のデータ接続を開きます。進行中の転送がないです。
  • 226 データ接続を終了します。要求されたファイル操作が成功しました (たとえば、ファイルの転送やファイルの停止など)。
  • 227 入力パッシブ モード (h1、h2、h3、h4、p1、p2)。
  • 230-ユーザーがログインして、続行します。
  • 250 要求されたファイル操作が正常に完了しました。
  • 257「パス名」が作成されます。
3xx -正の中間の応答

コマンドが成功したが、サーバーが要求の処理を完了するのには、クライアントからの追加情報が必要です。
  • 331-ユーザー名、パスワードが必要です。
  • 332 のログイン アカウントが必要です。
  • 詳しくは保留中の要求されたファイル操作 350。
4xx -一時的な否定完了応答

コマンドが失敗しましたが、エラーは一時的です。クライアントが、コマンドを再試行する場合は成功します。
  • 421-サービスは利用できません接続をします。Thismay は、サービスは、シャット ダウンする必要がありますそれを知っている場合は、任意のコマンドへの応答があります。
  • 425 データ接続を開けません。
  • 426 接続終了転送は中止されました。
  • 450 要求されたファイル操作は実行されませんでした。ファイルが使用できない (たとえば、ファイルが使用中)。
  • 451 要求された操作は中断されました: ローカルのエラーを表しています。
  • 452 要求された操作は実行されませんでした。十分な記憶域の空間システム。
5xx -永続的な完了応答

コマンドが失敗しましたし、エラーは恒久的です。クライアントが、コマンドを再試行する場合は、同じエラー メッセージを受け取ります。
  • 500 の構文エラー、コマンドが認識されません。これは、includeerrors などのコマンド行が長すぎます。
  • パラメーターまたは引数の構文エラー 501 です。
  • 502-コマンドは実装されていません。
  • 503 不良の一連のコマンドです。
  • 504 コマンドのパラメーターには実装されていません。
  • 530 がログインしていません。
  • 532 ファイルを格納するためのアカウントが必要です。
  • 550 要求された操作は実行されませんでした。ファイルが使用できない (たとえば、ファイルが見つからない、アクセスがない)。
  • 551 要求された操作は中断されました: ページの種類が不明です。
  • 552 要求されたファイルの操作は中止されました。(現在のディレクトリまたはデータセット) の超過分の storageallocation。
  • 553 要求された操作は実行されませんでした。ファイルの名前を送出。

一般的な FTP 状態コードとその原因

  • 150 - FTP は 2 つのポートを使用する: 21 のコマンド、および 20 sendingdata に送信します。状態コード 150 は、サーバーがポート 20 いくつかのデータを送信するには newconnection を開くしようとしていますを示します。
  • 226 - コマンドがポート 20 をファイル転送など、通常の実行では、データ接続を開きます。この操作は正常に完了し、データ接続が閉じられます。
  • クライアントは、correctpassword を送信した後は、 230 - この状態コードが表示されます。これは、ユーザーが正常にログオンすることを示します。
  • 331 - この状態コード表示、クライアントがユーザー名を送信した後。関係なく、この同じ状態コードが表示されますが、システム上で有効なアカウントのユーザー名によりそのであるかどうか。
  • 426 - コマンドが操作を実行するには、データ接続を開き、ない操作が取り消され、データ接続が閉じられます。
  • 530 - この状態コードは、ユーザー名とパスワードの組み合わせが正しくないため、ユーザーがログオンできないことを示します。ログオンするユーザーの accountto を使用する場合、する可能性がありますを誤って入力したユーザー名またはパスワード、または havechosen を匿名アクセスのみを許可することがあります。Anonymousaccount を使用してログオンした場合は IIS の匿名アクセスを拒否するを構成可能性があります。
  • 指定したファイルが利用できないために、 550 - コマンドは実行されません。たとえば、してが存在しない、ファイルを取得しようとすると、この状態コードが発生やディレクトリにファイルを配置しようとするときにどの書き込みアクセスを持ちます。
メモ すべての Web サイトの管理者には、インターネット インフォメーション サービス (IIS) バージョン 7.0 をアップグレードすることを強くお勧め Windows Server 2008 を実行しています。IIS 7.0 は、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に増加します。IIS のセキュリティ関連のトピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/security/prodtech/IIS.mspx
IIS 7.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.iis.net/

関連情報

HTTP ステータス コードの定義の詳細については、次の World Wide Web コンソーシアム (W3C) Web サイトを参照してください。

ステータス コードの定義
FTP ステータス コードの定義の詳細については、セクション 4.2 (「FTP 応答」) で、次の W3C Web サイトを参照してください。

ファイル転送機能http://www.w3.org/Protocols/rfc959/4_FileTransfer.html
Iis 6 でカスタム HTTP エラー メッセージを作成する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
814869 IIS 6.0 のカスタム エラー メッセージ
IIS5 でカスタム HTTP エラー メッセージを作成する方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。

302570 カスタムのエラー メッセージを IIS で Web サイトを構成する方法
「簡易 HTTP エラー メッセージ」Internet Explorer で無効にする方法の詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。

294807 サーバー側では、Internet Explorer 5.x および 6.x」を表示する HTTP エラー メッセージを簡易」機能を無効にする方法
IIS 7.0 で HTTP ステータス コードの詳細については、次の技術情報の記事に移動する次の文書番号をクリックしてください。
943891 IIS 7.0 で HTTP ステータス コード
ここで、記事は解決できない場合、問題を解決するか、この資料に記載されているものとは異なる現象が発生する場合の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報を検索します。Microsoft サポート技術情報を検索するには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com
次に、エラー メッセージが表示される、または検索サポート (KB) ] フィールドには、問題の説明を入力することを入力します。

プロパティ

文書番号: 318380 - 最終更新日: 2014年4月2日 - リビジョン: 22.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Services 6.0
キーワード:?
kbresolve kbproductlink kbinfo kbmt KB318380 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318380
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com