BUG: クラスター化された名前付きインスタンスをファイアウォール経由接続できません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318432
# をバグ: 356696 (SHILOH_BUGS)
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

SQL Server のクラスター化された名前付きインスタンスにファイアウォール経由の接続を試みるし、接続文字列にインスタンス名 (SQL_Virtual_Name\Instance_Name など) のみを使用する場合は、接続は失敗し、次のエラー メッセージのいずれかが表示されることがあります。
エラー メッセージ 1
指定した SQL サーバーが見つかりません。
エラー メッセージ 2
SQL Server が存在しないか、アクセスが拒否されました。
サーバーでネットワーク トレースを実行すると、サーバーを実際にはクエリをクライアント コンピューターに、仮想サーバーの IP アドレスの UDP ポート 1434年を受け取っていることがわかります。ただし、答え SQL Server を現在実行しているクラスター ノードの物理 IP アドレスに送信されます。

原因

宛先の TCP ポートは、接続文字列が指定されていない場合、SQL Server のクラスター化インスタンスを実行しているコンピューターにクライアント コンピューターを接続すると、サーバー ポート UDP 1434 は、インスタンスに関する情報を収集するために、クライアント ライブラリを照会します。

サーバー情報を取得すると、ネットワークのフレームには物理ノードが仮想サーバーの IP アドレスの代わりに IP アドレスが含まれます。ファイアウォールの構成、に応じてこのネットワーク パケットが破棄されるか、およびクライアントは応答を受け取らないことがあります。

回避策

この現象を回避するにはできます。
  • 接続文字列で TCP ポート番号を指定します。たとえば、SQL Server 仮想サーバー VSERVER1 では、名前し、TCP/IP ポート番号 2433年がリッスンしている場合は、接続文字列に次の属性が含まれます。
    Data Source=VSERVER1\instancename,2433;Network Library=dbmssocn
    - または -

  • クライアント ネットワーク ユーティリティを使用して各クライアント上で、SQL Server の別名を作成します。エイリアスには、Net ライブラリ (TCP/IP)] を使用してポート番号を指定します。接続文字列で、このエイリアスを使用して、接続文字列で、ネットワーク ライブラリの属性を指定しません。

    ドメイン コント ローラー上のグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して SQL Server エイリアスには、各クライアントの作成を自動化することもできます。VSERVER1\MyInstance SQL Server の仮想インスタンスと呼びますことと仮定します。TCP/IP ポート番号 2433年は SQL Server の仮想インスタンスがリッスンしています。作成する、SQL Server エイリアスの名前は MyAlias です。SQL Server エイリアスの作成を自動化するには、次の手順を実行します。
    1. ドメイン コント ローラーで、SQL Server エイリアスのレジストリ エントリを含む .reg ファイルを作成します。

      たとえば、次の情報が含まれている Myreg.reg ファイルを作成します。
      Windows Registry Editor Version 5.00
      
      [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSSQLServer\Client\ConnectTo]
      "DSQUERY"="DBNETLIB"
      "MyAlias"="DBMSSOCN,VSERVER1\MyInstance,2433"
    2. 組織単位 (OU) を作成するには、次の手順を実行します。
      1. ファイルを開く Active Directory ユーザーとコンピューターを右クリックして ドメイン名、ポイント 新しい、し 組織単位.
      2. で、 [新しいオブジェクト - 組織単位 ダイアログ ボックスは、OU の名前を入力しをクリックして [OK].
    3. ユーザーと OU に GPO を適用するコンピューターを追加します。これを行うには、ユーザーとコンピューターに手順 2 で作成した OU にドラッグします。
    4. GPO を OU に追加します。この GPO は、ユーザーのログオン スクリプトまたは .reg ファイルをインポートするのには、コンピューターのスタートアップ スクリプトを適用します。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. 手順 2 で作成した OU を右クリックしをクリックしてください プロパティ.
      2. で、 プロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 グループ ポリシー タブします。
      3. で、 グループ ポリシー タブで、クリックしてください 新しい、し 編集 開くには グループ ポリシー オブジェクト エディター ウィンドウです。
      4. この GPO をユーザーまたはグループに適用する場合は、この手順を実行します。
        • 展開 [ユーザーの構成を展開 [Windows の設定をクリックして スクリプト (ログオン/ログオフ)、し、をダブルクリック ログオン.
        コンピューターにこの GPO を適用する場合は、この手順を実行します。
        • 展開 [コンピューターの構成を展開 [Windows の設定をクリックして スクリプト (スタートアップ/シャット ダウン)、し、をダブルクリック スタートアップ.
      5. で、 プロパティ ダイアログ ボックス、クリックして ファイルを表示します。 スクリプト ファイルを含むフォルダーを表示します。

        メモ 汎用名前付け規則 (UNC) パスはフォルダー ウィンドウのアドレス バーに表示されます。
      6. ステップ 4e で開いたフォルダーに Myreg.reg ファイルを配置します。
      7. 同じフォルダーには、次の情報が含まれている .bat ファイルを作成します。Mybat.bat ファイル名であることを想定しています。
        Regedit /s <Path>\Myreg.reg
        メモ
        • <path></path> フォルダーの UNC パスを表します。
        • は、 /s サイレント モードで .reg ファイルをインポートするのには、スイッチを指定します。
      8. で、 プロパティ ダイアログ ボックス、クリックして 追加.
      9. で、 スクリプトを追加します。 ダイアログ ボックス、クリックして 参照.
      10. で、 参照 ダイアログ ボックスで、Mybat.bat ファイルを検索し、クリックして ファイルを開く.
      11. で、 スクリプトを追加します。 ダイアログ ボックス、クリックして [OK].
      12. で、 プロパティ ダイアログ ボックス、クリックして [OK].
    5. ユーザーと手順 3 で追加したコンピューターがあることを確認してください、 読み取り アクセス許可とは グループ ポリシーを適用します。 GPO のアクセス許可。これを行うには、次の手順を実行します。
      1. Active Directory ユーザーとコンピューター、手順 2 で作成した OU を右クリックし、をクリックして プロパティ.
      2. で、 プロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 グループ ポリシー タブします。
      3. で、 グループ ポリシー タブ、手順 4 c で作成した GPO をクリックし、クリックしてください プロパティ.
      4. で、 プロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 セキュリティ タブします。
      5. で、 セキュリティ タブで、ユーザーとコンピューターに GPO を適用する] で表示されていることを確認します。 グループ名またはユーザー名.
      6. 確認、 読み取り アクセス許可とは グループ ポリシーを適用します。 アクセス許可は、ユーザーとコンピューターを指定します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

次の場合にこの問題を解決します。
  • Microsoft SQL Server 2008 が Windows Server 2008 をインストールします。
  • Microsoft SQL Server 2008 では、Windows Server 2008 と共存して Microsoft SQL Server 2005
Microsoft SQL Server 2008 年が Windows Server 2003 でこの問題に発生します。

詳細

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
944390修正: SQL Server Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているクライアント コンピューターで名前付きインスタンスに接続するときにエラー メッセージ:「SQL サーバーが見つかりません指定された」または「エラーを検索するサーバーのインスタンス指定」
936302 Windows Server 2008 で SQL Server 2005 をインストールする際の既知の問題の一覧

プロパティ

文書番号: 318432 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbbug kbpending kbmt KB318432 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318432
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com