.Resources ファイルは、フォームの実行時にアクセスすると「System.Resources.MissingManifestResourceException」エラー メッセージを受け取ることががあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318603
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

場合、Visual Basic を実行しています。NET または Visual Basic 2005、Visual C#.NET、または Visual J# の各します。NET の Windows アプリケーションは、次があります。エラー メッセージや、フォームを読み込むときのような 1 つ。
は、未処理の例外の種類 'System.Resources.MissingManifestResourceException'mscorlib.dll で発生しました

追加情報: 見つかりませんでした適切なリソースは、指定されたカルチャ (またはニュートラル カルチャ) に、指定されたアセンブリです。"Form1.resources"が正しく埋め込むまたはリンクされていることを確認します。アセンブリ"myApplication"にします。

baseName。 Form1 の locationInfo。WindowsApplication4.Form1 リソース ファイル名: Form1.resources のアセンブリ。myApplication をバージョン = の 1.0.781.33026、カルチャ ニュートラル、PublicKeyToken = = null
クリックすると、 エラー] ダイアログ ボックスで、コード実行している場合は、統合開発環境 (IDE) で、発見は、行のコード内部に InitializeComponent ステートメントは、この問題が発生します。作成する場合など、サンプルの「関連情報」セクションで、このエラーが発生します。使用します。 イメージ リスト コントロールです。エラー メッセージは別に参照していますがことを確認します。 リソース。GetObject その行のコードで、エラー メッセージが表示されます。
this.imageList1.ImageStream =((System.Windows.Forms.ImageListStreamer)(resources.GetObject("imageList1.ImageStream"))) です。

原因

この問題が発生するため、 フォーム クラスのコード モジュールで最初のクラスではありませんがフォームです。

メモ この問題が発生するこの資料ドキュメントの 1 つの。そこような結果につながる場合があります。

解決方法

この問題を解決するには、すべての他のクラスを移動します。定義は、フォームのクラス定義の後に表示されるようにします。

回避策

この問題を回避するには、変更を リソース ファイル名 .resX ファイルがプロジェクトのプロパティ。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio を起動します。NET 2003 または Visual Studio 2005.
  2. 「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されるローカライズされたフォーム クラスを含むプロジェクトを開きます。
  3. ソリューション エクスプ ローラーで、[すべてのフォルダー] を展開します。
  4. 右クリックします。 Form1.resX、し プロパティ.
  5. で、 Form1.resX プロパティ ページ ダイアログ ボックスで、を展開 構成プロパティ、し 全般 下にあります。 マネージ リソース.
  6. 変更は、 リソース ファイル名 プロパティ $(IntDir)/ <placeholder></placeholder> .Form1.resources するには $(IntDir)/ <placeholder> .<b00></b00></placeholder>MyForm .resources、し [OK].

    メモ MyForm ローカライズするフォーム クラスのクラス名のプレース ホルダーです。
  7. プロジェクトを保存するのには ctrl キーと shift キーを押しながら S キーを押します。ソリューションをビルドするのには ctrl キーと shift キーを押しながら B キーを押します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    824495FIX Visual Studio でリンク リソースを追加すると、「MissingManifestResourceException」エラー メッセージに発生します。NET 2003
  8. F5 キーを押してアプリケーションを実行します。アプリケーションの実行し、Form1 のフォームが表示されます。
.

状況

これ動作は仕様です。

詳細

フォームのコード モジュールは、複数のクラスを含めることができます。場合は、プロジェクトのビルド、ビルド システムを使用する必要があります。 クラスの選択する必要があります。.resources ファイルを作成します。プロジェクト ビルド システムのデザインを指定します。コード モジュールで最初のクラスはクラスである、.resourcesファイルに基づいています。この .resources ファイルは、そのクラスには名前がない、フォームの名前です。ほとんどの場合、これら 2 つの名前は同じです。ただし場合、これらの名前とは異なるに記載されているエラー メッセージが表示されます、「現象」記載します。

実行時に、フォームを読み込むとき、 InitializeComponent メソッドは .resources ファイルからオブジェクトを取得する必要があります。 InitializeComponent 検索、 Form_Name.resourcesアセンブリ内のファイル。最初の Form_Nameこの .resources ファイルは作成またはリンクされました。アセンブリには、.resources ファイルを取得するために失敗します。

現象の再現手順

  1. Visual Basic では、Windows アプリケーション プロジェクトを作成します。NET、Visual Basic 2005Visual C#。NET、または Visual J# の各します。NET。デフォルトで Form1 が作成されます。メモ Visual Studio 2005 年には、次の警告メッセージが表示されます。
    ローカリゼーション モードでコンポーネントを追加できません。(既定値) のコンポーネントを追加し、既定のフォームに戻るに [言語] プロパティを選択します。
    メモ Visual Basic 2005年でこのコードを変更する必要があります。Windows フォーム プロジェクトを作成すると既定では、2 つのファイルは、プロジェクトの Visual Basic を作成します。フォームが Form1 という名前の場合は、フォームを表す 2 つのファイルの名前は Form1.vb と Form1.Designer.vb にです。Form1.vb ファイルにコードを記述します。Windows フォーム デザイナー、Form1.Designer.vb ファイルにコードを書き込みます。Windows フォーム デザイナーは、partial キーワードを使用して Form1 の実装を次の 2 つの別々 のファイルに分割します。この現象、デザイナー生成コードがコードに混入されるできなくなります。

    新しい Visual Basic 2005年の言語拡張機能の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms379584 (vs.80)
    部分クラスおよび Windows フォーム デザイナーの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms171843.aspx
  2. 追加します。 イメージ リスト Form1 に制御します。
  3. アイコン ファイルを追加、 イメージ リスト コントロールです。
  4. Form1 のコード モジュールでは、前に、次のコードを追加します。Form1 の定義: Visual Basic。NET:
    Public Class someClass
    End Class
    					
    Visual C#。NET、Visual J# で。NET:
    public class someClass
    {
    }
    					
  5. プロジェクトをビルドします。プロジェクトをビルドすることを確認正常にします。
  6. プロジェクトを実行します。エラー メッセージが表示されることに注意してください。「現象」に記載されていますいます。

プロパティ

文書番号: 318603 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbprb kbvs2005applies kbvs2005swept kbmt KB318603 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318603
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com