Windows 2000 での "NTLDR Is Missing" エラー メッセージのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318728 - 対象製品
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは2010 年の 7 月 13 日で終了しました。Windows 2000 からの移行戦略を計画する場合は、最初に Windows 2000 エンド オブ サポート ソリューションセンターにアクセスしてください。詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。Windows 2000 のサポートは2010 年の 7 月 13 日で終了しました。Windows 2000 からの移行戦略を計画する場合は、最初に Windows 2000 エンド オブ サポート ソリューションセンターにアクセスしてください。詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーを参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows 2000 の起動時に "NTLDR is Missing" エラー メッセージが表示されることがあります。この資料では、このエラー メッセージのトラブルシューティングを行う際に使用できる方法について、手順を追って説明します。

"NTLDR Is Missing" エラー メッセージをトラブルシュートする方法

Windows 2000 ベースのコンピューターの起動時、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
NTLDR is missing
Press any key to restart
この問題は、コンピューターの BIOS (Basic Input/Output System) が古いか、以下のいずれかまたは複数の Windows ブート ファイルが存在しないか破損している場合に発生することがあります。
Ntldr
Ntdetect.com
Boot.ini
この問題を解決するには、コンピューターの BIOS が最新であることを確認した後、状況に応じて以下の方法の 1 つまたは複数を使用して Windows 2000 起動環境を修復します。

重要 定期的にデータを完全にバックアップすることをお勧めします。これは、データの損失を防ぐための最も良い方法であり、障害回復計画の一環として行う必要があります。

コンピューターの BIOS が最新であることを確認する

コンピューターに BIOS の最新版をインストールします。コンピューターの製造元に入手方法について問い合わせ、そのコンピューターで利用可能な最新の BIOS 更新をインストールします。

コンピューターに適した BIOS 設定の構成方法および確認方法の詳細については、コンピューターのマニュアルを参照するか、コンピューターの製造元に問い合わせてください。 BIOS の製造元の問い合わせ先を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
243909 BIOS 製造元の Web サイト一覧 (第 1 部)
243971 BIOS 製造元の Web サイト一覧 (第 2 部)

Windows 起動環境を修復するには、状況に応じて以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1: 起動ディスクを使用してコンピューターを起動する

  1. 以下のファイルを含む Windows 2000 起動ディスクを作成します。
    Ntldr
    Ntdetect.com
    Boot.ini
    Ntbootdd.sys
    起動ディスクの作成方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    301680 Windows の NTFS または FAT パーティション用の起動ディスクの作成方法
    101668 Windows 起動ディスクを作成しブート障害に備える方法
  2. Boot.ini ファイルを編集して、Windows のインストール環境に合うように、適切なハード ディスク コントローラーとボリュームを指定します。 起動ディスクの作成方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    311578 Windows 2000 の Boot.ini ファイルを編集する方法
  3. 起動ディスクをコンピューターのフロッピー ディスク ドライブに挿入して、コンピューターを再起動します。
  4. Ntldr ファイル、Ntdetect.com ファイル、および Boot.ini ファイルを、起動ディスクからローカル ハード ディスクのシステム パーティションにコピーします。

方法 2: 回復コンソールを使用する

  1. Windows 2000 セットアップ ディスクを使用してコンピューターを再起動するか、Windows 2000 の CD-ROM を使用してコンピューターを再起動します。
  2. [セットアップへようこそ] 画面で、R キーを押して Windows 2000 インストールの修復を行います。キーボードの種類を指定するよう求められたら、対応するキーを押し、Y キーを押して設定します。
  3. C キーを押し、回復コンソールを使用して Windows 2000 インストールを修復します。
  4. 修復する Windows インストールに対応する番号を入力して、Enter キーを押します。たとえば、「1」と入力し、Enter キーを押します。 詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    229716 Windows 回復コンソールについて
  5. 管理者パスワードを入力し、Enter キーを押します。
  6. map」と入力し、Enter キーを押します。Windows 2000 の CD-ROM が挿入されている CD-ROM ドライブに割り当てられているドライブ文字をメモします。
  7. 以下のコマンドを入力し、各コマンドを入力した後 Enter キーを押します。ここで、ドライブ は、手順 4. で書き留めた CD-ROM ドライブのドライブ文字です。
    copy ドライブ:\i386\ntldr c:\

    copy ドライブ:\i386\ntdetect.com c:\
    ファイルを上書きするかどうかを確認するメッセージが表示された場合は、「y」と入力し、Enter キーを押します。

    注: これらのコマンドでは、ntldr と c:\ の間、および ntdetect.com と c:\ の間に空白が必要です。
  8. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    type c:\Boot.ini
    次の一覧と同様の一覧が表示されます。
    [boot loader]
    timeout=30
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
    
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Microsoft Windows 2000 Professional" /fastdetect
    						
    以下のメッセージが表示された場合は、Boot.ini ファイルが存在しないか破損している可能性があります。
    指定されたファイルが見つかりません。
  9. Boot.ini ファイルが存在しないか破損している場合は、以下の手順を実行して、新しいファイルを作成します。
    1. メモ帳や Edit.com などのテキスト エディターを使用して、次のブート ローダー ファイルと同様のブート ローダー ファイルを作成します。
      [boot loader]
      timeout=30
      default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
      
      [operating systems]
      multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Microsoft Windows 2000 Professional" /fastdetect
      						
      詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
      102873 [NT] BOOT.INI と ARC パスの名前付け規約と使用法
      301680 Windows の NTFS または FAT パーティション用の起動ディスクの作成方法
    2. ファイルを、Boot.ini という名前でフロッピー ディスクに保存します。

      注: メモ帳を使用してファイルを作成した場合、Boot.ini ファイルの名前に .txt 拡張子が付いていないことを確認してください。
    3. 回復コンソールのコマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Boot.ini ファイルをフロッピー ディスクからコンピューターにコピーします。
      copy a:\Boot.ini c:\
  10. exit」と入力し、Enter キーを押します。コンピューターが再起動します。

方法 3: Windows 2000 の CD-ROM を使用する

  1. コンピューターの CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに Windows 2000 の CD-ROM を挿入し、Windows 2000 セットアップを起動します。
  2. [セットアップへようこそ] ページで R キーを押します。キーボードの種類を指定するよう求められたら、対応するキーを押し、Y キーを押して設定します。
  3. [Windows 2000 修復オプション] ページで、R キーを押します。
  4. 修復オプションのいずれかを選択するように求めるメッセージが表示されたら、M キーを押します。
  5. 上方向キーを 2 回押して [Windows 2000 システム ファイルの確認] を選択し、Enter キーを押して選択を解除します。
  6. 下方向キーを押して [続行 (選択したタスクを実行)] を選択し、Enter キーを押します。次のメッセージが表示されます。
    修復する Windows 2000 インストールのための
    システム修復ディスクが必要です。
  7. 表示された内容に応じて、以下のいずれかの手順を実行します。
    • システム修復ディスクがある場合は、次の手順を実行します。
      1. Enter キーを押します。
      2. システム修復ディスクをコンピューターのフロッピー ディスク ドライブに挿入し、Enter キーを押します。
      3. 手順に従ってインストールを修復し、コンピューターを再起動します。
      または
    • システム修復ディスクがない場合は、次の手順を実行します。
      1. L キーを押します。次のようなメッセージが表示されます。
        次のフォルダーに Windows 2000 がインストールされています。
        ドライブ:\WINNT "Microsoft Windows 2000"
      2. Enter キーを押します。

        セットアップによりディスクが検査され、修復処理が完了します。
    システム修復機能の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    231777 Windows 2000 でシステム修復ディスクを作成する方法


セットアップが Windows 2000 を検出できない場合

Windows 2000 システム修復ディスクがなく、セットアップがインストールされた Windows 2000 を検出できない場合は、以下の手順を実行します。
  1. Windows 2000 セットアップを起動します。
  2. [パーティションに Windows 2000 をインストールします] ページで、[現在のファイル システムをそのまま使用 (変更なし)] を選択し、Enter キーを押します。
  3. Esc キーを押して新しいフォルダーに Windows 2000 をインストールします。
  4. [これらのファイルのコピー先のフォルダーを選んでください] ボックスに「\tempwin」と入力し、Enter キーを押します。

    セットアップにより、新しい Windows 2000 がインストールされます。
  5. 新しくインストールした Windows 2000 にログオンします。
  6. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  7. [名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
  8. コマンド プロンプトで「ドライブ:」と入力し、Enter キーを押します。ドライブ はコンピューターのブート ドライブです。たとえば、「c:」と入力して Enter キーを押します。
  9. attrib -h -r -s Boot.ini」と入力し、Enter キーを押します。
  10. edit Boot.ini」と入力し、Enter キーを押します。

    Edit.com により、次のファイルと同様の Boot.ini ファイルが開かれます。
    [boot loader]
    timeout=30
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\TEMPWIN
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\TEMPWIN="Microsoft Windows 2000 Professional" /fastdetect
    
    					
  11. TEMPWIN のすべてのインスタンスを WINNT で置き換えます。表示される Boot.ini ファイルは、次のファイルと同様になります。
    [boot loader]
    timeout=30
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Microsoft Windows 2000 Professional" /fastdetect
    
    					
  12. Alt キーを押しながら F キーを押し、次に S キーを押します (Edit.com を使用した場合)。
  13. Alt キーを押しながら F キーを押し、次に X キーを押します (Edit.com を使用した場合)。
  14. コマンド プロンプトで「attrib +h +r +s Boot.ini」と入力し、Enter キーを押します。
  15. exit」と入力して、コマンド プロンプトを終了します。
  16. コンピューターを再起動します。
  17. [オペレーティング システムの選択] 画面で、方向キーを使用して [Microsoft Windows 2000] を選択し、Enter キーを押します。
  18. エクスプローラーを起動し、以下のフォルダーを探してそれらを削除します。
    Tempwin
    All Users.Tempwin

補足資料

"NTLDR is Missing" エラー メッセージのトラブルシューティング方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
255220 Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium Edition に Windows 2000 をアップグレードまたはインストールするとエラー メッセージ "NTLDR is missing" が表示される
228004 アクティブなパーティションを変更するとシステムを起動できない
883275 Windows Server 2003、Windows XP または Windows 2000 でアクセス許可を変更した後コンピューターを起動できない

Windows 2000 のパラレル インストールを実行する

この資料に記載されているどの説明を使用しても、またはこの資料の「追加のリソース」にあるサポート技術情報を参照しても、この資料の「現象」に記載されている現象を解決できない場合は、Windows 2000 のパラレル インストールを実行し、エクスプローラーを使用して元の Windows インストールから回復したいデータをコピーしてください。

Windows 2000 のパラレル インストールを実行する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
266465 Windows 2000 または Windows Server 2003 のパラレル インストールを実行する方法

関連情報

Windows 2000 で起動時の問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
315396 Windows 2000 における起動時の問題をトラブルシューティングする方法
Windows 2000 の手動修復と高速修復の違いの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
238359 Windows の手動修復と高速修復の違い
301645 Windows 2000 で起動できないコンピューターで回復コンソールを使用する方法
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 318728 - 最終更新日: 2014年2月26日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kberrmsg kbhowtomaster KB318728
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com