Windows 2000 クラスターの"stop 0x000000B8 (ATTEMPTED_SWITCH_FROM_DPC) のエラー コード"エラーが発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 318988
重要です: この資料には、レジストリの編集に関する情報が含まれます。レジストリを変更する前に、必ずバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解しているかどうかを確認するを確認します。バックアップ、復元、およびレジストリを編集する方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明」
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

クラスター ノードは、ランダムにバグチェックを実行して、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
0X000000B8 を停止します。
ATTEMPTED_SWITCH_FROM_DPC (b8)A 待機操作プロセスのアタッチまたは降伏は DPC ルーチンから試行されました。

これは不正な処理、スタックのトラックが問題になります。コードは、元の DPC ルーチン。
- または -
0X000000D1 を停止します。
DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
これらのエラー メッセージが発生すると、クラスターは正常にフェールオーバーします。

以下は、Stop 0x000000b8 エラーのスタックのトラックです。
f2027320 8042a43b 00000003 f2027368 00000000 nt!RtlpBreakWithStatusInstruction
f2027350 8042aa2e 00000003 85e7e588 85e7e588 の nt!KiBugCheckDebugBreak + 0x31
f20276dc 8042a2bd 000000b8 00000000 00000000 nt!KeBugCheckEx + 0x390
f20276f4 8046a076 000000b8 ffffffff 00000202 nt!KeBugCheck + 0 xf
f2027704 80469dc9 f2027740 85e7e5f4 85e7e588 nt!ScPatchFxe + 0x34
f2027718 8042bd4d 00000000 85b603f8 00000000 nt!KiSwapThread + 0x1b1
f2027740 8041516b 855a22e8 00000000 00000000 nt!KeWaitForSingleObject + 0x1a3
f202777c 804146df 85b603f8 85b603f8 f20277a0 nt!ExpWaitForResource + 0x2d
f202778c 80414733 80065410 85b603f8 85cece00 nt!ExpAcquireResourceExclusiveLite + 0x7b
bff569fd 85b6042c 00000001 e204f3c8 nt を f20277a0!ExAcquireResourceExclusiveLite + 0x45
f20277b8 bff587fe 85b603e8 e204f3c8 f20277e7 KSecDD!KSecDereferenceListEntryPaged + 0x21
f20277e8 bff59cde e204f3c8 bf237874 00000001 KSecDD!KSecDereferenceListEntry + 0x1c
f202780c bff585fd e204f3c8 f202785c 00000000 KSecDD!NtLmVerifySignature + 0x75
f2027874 bf233f61 857272c8 00000001 00000010 KSecDD!VerifySignature + 0x33
f2027890 bf235e22 857272c8 00000001 00000001 clusnet!CcmpReceivePacketHandler とトラブルシューティングのヒント
f20278cc bf28cfb6 857272c8 00000016 f2027934 の clusnet!CnpTdiReceiveDatagramHandler + 0x17a
f2027958 bf28d41e 8568ee48 2e01010a f2020f0d tcpip!UDPDeliver + 0x256
f20279b4 bf28d89b 85ca2488 2f01010a 2e01010a tcpip!UDPRcv + 0x27b
f2027a00 bf28d757 bf28d32d 85ca2488 85cece1e tcpip!DeliverToUser + 0xf9
f2027ab8 bf28c805 85ca2488 85cece32 00000030 tcpip!IPRcvPacket + 0x581
f2027af8 bf28c866 00000000 85cea858 85cece10 の tcpip!ARPRcvIndicationNew + 0x17b
f2027b34 bfec179a 85c39dc8 00000000 85 d 12510 の tcpip!ARPRcvPacket + 0x5c
f2027b8c bfe1f3bb 85d4ba00 f2027bac 00000002 NDIS! ethFilterDprIndicateReceivePacket + 0x2ea
Stop 0x00000D1 エラーのスタック トラック、以下です。
ChildEBP RetAddr Args の子
f6823de4 bfeca768 e2b52008 4d4c544e 00000000 KSecDD!KSecReferenceListEntry + 0x10
f6823e10 bfec90ff e2b52008 00000000 f6823e60 の KSecDD!NtLmMakeSignature + 0x16
f6823e24 bf8b6434 bf8ba87c 00000000 f6823e60 の KSecDD!MakeSignature + 0x33
f6823e7c bf8b4df2 00000001 00004bb7 00004bb7 の clusnet!CxSendHeartBeatMessage + 0xc4
f6823eb0 80431d00 bf8baae0 00000000 7057917a の clusnet!CnpHeartBeatDpc + 0x348
f6823fb0 80431be6 fb658c1c ffdff848 ffdff000 nt!KiTimerListExpire + 0x112
f6823fdc 80464a18 80482e60 00000000 00177b05 の nt!KiTimerExpiration + 0xb6
f6823ff4 80469e3b be87bd44 020f7c78 0026def8 nt!KiRetireDpcList + 区

原因

コンピューターの起動時にで Clusnet.sys ドライバーが読み込まれて場合、間違った時にこの問題が発生する可能性があります。ロード時間のサードパーティ ベンダーによって変更された可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、Microsoft Windows 2000 の最新の service pack を入手します。詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
260910 Windows 2000 の最新の Service Pack の入手方法
Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)、Windows クラスターのドライバーの読み込みに失敗することを許可し、イベント ID メッセージが記録されます。クラスター サービスを起動すると、そのドライバーを再読み込みしようとします。その時点では、パッケージが初期化し、クラスターは正常に動作します。

この問題を解決するには、以下の手順を実行することもできます。

警告レジストリ エディターを誤って使用すると、深刻な問題、オペレーティング システムを再インストールする必要がある可能性があります。マイクロソフトは、レジストリ エディターの誤用により発生した問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリ エディターを使用します。
  1. レジストリ エディター (Regedit.exe) を起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Clusnet\Start
  3. ダブルクリック、 ボタンをクリックし、 値をし入力し 3 続いて [値のデータ ボックス。

    既定の設定は、この値は 3 です。この問題は、この値を 1 に設定される場合に発生します。

状況

Microsoft では、これこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、まず Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 で修正済みです。

プロパティ

文書番号: 318988 - 最終更新日: 2012年1月31日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbbug kbwin2000presp3fix kbqfe kbwin2000sp3fix kbsecurity kbpending kbwin2ksp4fix kbmt KB318988 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:318988
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com