シンボル サーバーを Visual Studio .NET デバッガで使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 319037 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Visual Studio .NET デバッガでシンボル サーバーを使用し、Microsoft Symbol Server からシンボルを読み込む方法を、手順を追って説明します。

次のストリーミング メディアのデモを見るには、[再生] をクリックします。



ハングまたはクラッシュして応答しなくなるアプリケーションをデバッグするには、シンボル情報が必要です。シンボル ファイルは、実行可能ファイルとダイナミック リンク ライブラリ (DLL) に含まれる関数のフットプリントを提供します。また、一連の関数呼び出しを示しているため、これをたどってエラーが発生した場所を発見することもできます。たとえば、デバッガ内部でコール スタックをダンプするときは、シンボルが必要です。

マイクロソフト オペレーティング システム コンポーネントおよびマイクロソフト製品のシンボル ファイルを含む Microsoft Symbol Server の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
311503 Microsoft Symbol Server を使用してデバッグ シンボル ファイルを取得する
: 資料 311503 で参照されている Microsoft Symbol Server は更新されておらず、Microsoft .NET Framework のシンボル情報を含んでいないため、これらのシンボル ファイルは読み込まれません。マイクロソフトは現在、.NET Framework のシンボルを一般に公開されたシンボル サーバーで利用できるように取り組んでいます。

また、Microsoft Product Support Services では、Visual Studio .NET での Microsoft Symbol Server の使用に関して、テストおよびサポートを行っていません。この資料は、ユーザーからの問い合わせに対する参照情報としてのみ提供されています。

デバッグ ファイルを更新する

  1. 最新の Debugging Tools for Windows パッケージをダウンロードし、インストールします。最新の Debugging Tools for Windows パッケージをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/whdc/devtools/debugging/default.mspx
  2. \Program Files\Debugging Tools for Windows フォルダまたは C:\WINDBG フォルダにある Symsrv.dll ファイルを見つけます。

    : Symsrv.dll がこれらのフォルダで見つからない場合は、Debugging Tools が他のフォルダにインストールされている可能性があるため、使用しているハード ディスクで Symsrv.dll を検索します。
  3. Visual Studio .NET を開いている場合は、それを終了します。
  4. Symsrv.dll を C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET\Common7\IDE フォルダにコピーします。これで、次回 Visual Studio .NET を起動したときに、Symsrv.dll ファイルを使用して、指定したシンボル サーバーを見つけることができます。

シンボル サーバーのパスを指定する

  1. Visual Studio .NET を起動します。
  2. Ctrl + Alt + L キーを押して [ソリューション エクスプローラ] ウィンドウを開きます。
  3. ソリューションを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [共通プロパティ] を展開し、[デバッグ シンボル ファイル] をクリックします。
  5. [シンボル ファイルを検索するパス] ボックスに、次のシンボル サーバーのパスを入力します。
    symsrv*symsrv.dll*c:\localcache*http://msdl.microsoft.com/download/symbols
    c:\localcache はシンボルのダウンロード先のローカル フォルダであり、http アドレスはオペレーティング システムおよびその他のマイクロソフト製品のシンボルを含む Microsoft Symbol Server のアドレスです。

    : シンボル ファイルはインターネット経由でダウンロードされるため、Visual Studio .NET デバッガは最初、動作が遅くなる可能性があります。これは、デバッガが必要なシンボル ファイルをすべてダウンロードする必要があるためです。
  6. [デバッグ] メニューの [ウィンドウ] をポイントし、[モジュール] をクリックして、デバッガの実行中に特定のモジュールのシンボルが読み込まれていることを確認します。[モジュール] ウィンドウに、そのモジュールのシンボル情報が読み込まれているかどうかが示されます。
  7. すべてのソリューションやプロジェクトのためにシンボル サーバーのパスを設定する場合は、コントロール パネルでグローバル環境変数を設定することができます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. コントロール パネルで、[システム] をダブルクリックします。
    2. [詳細設定] タブの [環境変数] をクリックします。
    3. [システム環境変数] の [新規] をクリックし、[変数名] ボックスに _NT_SYMBOL_PATH と入力します。
    4. [変数値] ボックスにシンボル サーバーのパスを入力します。たとえば、以下のように入力します。
      symsrv*symsrv.dll*c:\localcache*http://msdl.microsoft.com/download/symbols
: [ソリューション プロパティ ページ] ダイアログ ボックスでシンボル サーバーのパスを設定している場合、Visual Studio .NET デバッガではマネージ コンポーネントのシンボルは検出されません。マネージ コンポーネントのシンボルを使用する場合、デバッガに対して _NT_SYMBOL_PATH 環境変数を使用して、シンボル サーバー上のマネージ コンポーネントのシンボル ファイルが認識されるようにする必要があります。

関連情報

シンボル サーバーや独自のシンボル サーバーの構築方法の詳細については、Debugging Tools for Windows ヘルプ トピック「Using Symbol Servers and Symbol Stores」を参照してください。

プロパティ

文書番号: 319037 - 最終更新日: 2006年11月8日 - リビジョン: 6.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Academic Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Academic Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Enterprise Developer
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
キーワード:?
kbvs2005doesnotapply kbvs2005swept kbhowtomaster KB319037
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com