Windows でポリシー ファイルに対する OpLock が許可されていない場合に低速な接続でログオンに遅延が発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 319440 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP319440
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows で、クライアントのログオン時に著しく時間がかかることがあります。この問題は、以下のほとんどまたはすべての条件に該当している場合に発生します。
  • 複数のクライアントが同時にログオンした
  • クライアントが 1 つの大きなポリシー ファイル、またはいくつかの大きなポリシー ファイルを共有している
  • クライアントが低帯域幅の (低速な) 接続を使用している
  • クライアントがアクセスできるドメイン コントローラが少ない
  • クライアントでポリシーのダウンロードに対して低速リンクの検出機能が無効になっているか、Registry.pol ファイルが更新のために取得中になっている

原因

この現象は、クライアントがポリシーをダウンロードする際に OpLock (便宜的ロック、opportunistic locking) を使用できない場合に発生することがあります。このパフォーマンスの低下により、ポリシーのダウンロード時に遅延が発生します。この遅延は、帯域幅の小さい接続を介してドメイン コントローラへのアクセスが行われる場合により顕著になります。

解決方法

Windows Server 2003 の Service Pack の情報

この問題を解決するには、Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
889100 Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手する方法

Windows Server 2003 の修正プログラムの情報

この修正プログラムにより、以下のレジストリ キーがレジストリに追加され、値が設定されます。
レジストリ サブキー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
エントリ : BufferPolicyReads
値の種類 : DWORD
値のデータ : 1
: ファイルの読み取り (File Read) がバッファに格納されるのは、BufferPolicyReads レジストリ エントリが存在し、値が 1 に設定されている場合のみです。

必要条件

この修正プログラムをインストールするには、x86 ベースまたは Itanium ベースの Windows Server 2003 に Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) がインストールされている必要があります。 Windows Server 2003 Service Pack 1 の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
889100 Windows Server 2003 の最新の Service Pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

Windows Server 2003 (x86 ベース)
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォーム
userenv.dll5.2.3790.27492006/07/1822:42775,680x86
Windows Server 2003 (Itanium ベース)
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォームSP の必要性区分
userenv.dll5.2.3790.27492006/07/1807:021,550,848IA-64SP1SP1QFE
wuserenv.dll5.2.3790.27492006/07/1807:02775,680x86SP1wow
Windows Server 2003 (x64 ベース)
元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォームSP の必要性区分
userenv.dll5.2.3790.27492006/07/1807:001,055,744x64SP1SP1QFE
wuserenv.dll5.2.3790.27492006/07/1807:00775,680x86SP1wow

Windows XP の修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次の Windows XP Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。

この問題を直ちに解決するには、Microsoft Customer Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Customer Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
: Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

この修正プログラムにより、以下のレジストリ キーがレジストリに追加され、値が設定されます。
レジストリ サブキー : HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
エントリ : BufferPolicyReads
値の種類 : DWORD
値のデータ : 1
: ファイルの読み取り (File Read) がバッファに格納されるのは、BufferPolicyReads レジストリ エントリが存在し、値が 1 に設定されている場合のみです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows XP Service Pack 2 (SP2) がコンピュータにインストールされている必要があります。
Windows XP Service Pack 2 (SP2) を入手する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時刻サイズプラットフォーム
userenv.dll5.1.2600.29132006/05/2221:14711,680x86

回避策

この現象を回避するためには、すべてのクライアントがポリシー ファイルを速やかにダウンロードし、他のクライアントが OpLock を使用するのを妨げないようにする必要があります。そのためには、次のいずれかの方法を使用します。

ドメイン コントローラをローカルに追加する

これを行うと、クライアントは低速なリンクを介して接続する必要がなくなります。

ドメイン コントローラを追加して、負荷を分散する

クライアントと同じサイトにドメイン コントローラを配置することが現実的でない場合は、クライアントが接続するメイン サイトにドメイン コントローラを追加することで、負荷分散の度合いを高めることができます。この方法を使用すると、クライアントが OpLock を使用して、ポリシー ファイルにアクセスできる可能性が高まります。

単一のポリシー ファイルを複数のポリシー ファイルに分割する

ポリシー ファイルのサイズが数 KB 以上になっている場合は、同じ範囲のポリシーを対象とする数個の排他的ポリシー ファイルを作成します。これによって、OpLock を使用できるかどうかに関係なく、ポリシー ファイルのダウンロードに要する時間が短くなります。また、ファイルが複数になるため、クライアントが OpLock を使用してファイルにアクセスできる可能性が高まります。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2 で最初に修正されました。

詳細

クライアントでは、ポリシー ファイルがダウンロードされる場合に、このログオンに時間がかかる現象の影響を受けます。管理者は ("管理用テンプレート\システム\グループ ポリシー" の設定を使用して) 低速リンクの検出を無効にして、リンクの速度に関係なくポリシーがダウンロードされるようにすることができます。ポリシー ファイルを変更するたびに、リモート クライアントは、Registry.pol ファイルをダウンロードすることになります。

低速リンクの検出方法と、低速リンクにおけるグループ ポリシーの拡張機能のデフォルトの動作に関する情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
227369 低速接続に関するグループ ポリシーの拡張機能のデフォルト動作
227260 [NT]低速接続が検出される方法
デフォルトでは、リモートからファイルが開かれる場合、リダイレクタは OpLock の取得を試行します。これによって、リダイレクタは先読みキャッシュを使用できるようになり、パフォーマンスが向上します。 OpLock の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
129202 [PC Ext] Windows NT の Opportunistic Locking の説明
特定の状況で、ファイル サーバーが OpLock 要求を拒否することがあります。この現象が発生しやすいのは、ファイルが排他的かつ書き込み使用のためにロックされている場合です。また、データの破損を防止し、安定性を向上させるため、サーバー サービスによって、この他にも以下に示すチェックが実行されます。
  • ファイルがシステム ファイルであるかどうかを確認する
  • ネットワーク リンクの信頼性が高いかどうかを確認する
  • ジョブが終了していないフィルタ ドライバがあるかどうかを確認する
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
306981 ファイルがロックされた後、レベル II の Oplock が許可されない
OpLock を使用してファイルにアクセスする場合には、この現象は発生しません。これは、リダイレクタが先読みキャッシュを実行し、ファイルの読み取りがリダイレクタのキャッシュから行われるためです。

リダイレクタがリモート ファイルを開く際に OpLock を使用しない場合の Windows NT 4.0 SMB (CIF 2.0) の仕様について、MSDN には以下のように記載されています。
クライアントが OpLock を保持していない場合、読み取り以外のすべての要求はサーバーに送信される必要があります。読み取りは、そのバイト範囲がクライアントによってロックされていれば、キャッシュまたは先読みのデータを使用して実行できる場合があります。ロックされていない場合は、読み取りの要求もサーバーに送信される必要があります。
このため、ポリシー読み込みメソッドの読み取りでは、読み取られる Unicode 文字ごとにネットワークを介してサーバーにアクセスすることになります。ポリシー ファイルのサイズが大きく、クライアントから利用できる帯域幅が小さい場合、ポリシーの読み込み時に著しい遅延が発生し、これによりログオンに時間がかかります。

この状況であるかどうかを確認するには、次のいずれかの方法を実行します。

方法 1

次の Sysinternals Web サイトから、サードパーティの Filemon.exe ツールを入手して実行することができます。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/default.aspx
Filemon.exe ツールの出力の例を以下に示します。
System:8 FSCTL_REQUEST_BATCH_OPLOCK C:\WINNT\SYSVOL\domain\Policies\{Policy-GUID}\user\registry.pol OPLOCK NOT GRANTED
System:8 FSCTL_REQUEST_OPLOCK_LEVEL_2 C:\WINNT\SYSVOL\domain\Policies\{Policy-GUID}\user\registry.pol OPLOCK NOT GRANTED
System:8 FASTIO_QUERY_NETWORK_OPEN_INFO C:\WINNT\SYSVOL\domain\Policies\{Policy-GUID}\user\registry.pol SUCCESS

方法 2

Microsoft ネットワーク モニタのトレースでは、ファイル オープン要求に対するサーバーの応答が Oplock Level=none と表示されます。
SMB: R NT create and X, FID = 0x4009
+ SMB: NT status code = 0x0, Facility = System, Severity = Success, Code = (0) STATUS_WAIT_0
+ SMB: Header: PID = 0x00B8 TID = 0x0804 MID = 0x0841 UID = 0x1000
SMB: Command = C NT create and X
SMB: Word count = 42
SMB: Word parameters
SMB: Next offset = 0x0087
SMB: Word count = 42
SMB: Word parameters
SMB: Oplock Level = NONE
SMB: File ID (FID) = 16393 (0x4009)
SMB: File name = \mydom.com\Policies\{E3FDB1FB-0FA1-484E-8751-7009DD5287BD}\User\registry.pol
ポリシー ファイルの 2 バイトの順次読み取りで、ファイルが大きい場合にダウンロードが遅くなっています。
107 26.234375 SMB C NT create n X, File = \mydom.com\Policies\{E3FDB1FB-0FA1-484E-8751-7009DD5287BD}\User\registry
108 26.234375 SMB R NT create n X, FID = 0x4009 161.123.162.142 161.123.110.40
109 26.296875 SMB C read n X, FID = 0x4009, Read 0x4 at 0x00000000 161.123.110.40 161.123.162.142
110 26.296875 SMB R read n X, Read 0x4 161.123.162.142 161.123.110.40
111 26.343750 SMB C read n X, FID = 0x4009, Read 0x4 at 0x00000004 161.123.110.40 161.123.162.142
112 26.343750 SMB R read n X, Read 0x4 161.123.162.142 161.123.110.40
113 26.406250 SMB C read n X, FID = 0x4009, Read 0x2 at 0x00000008 161.123.110.40 161.123.162.142
114 26.406250 SMB R read n X, Read 0x2 161.123.162.142 161.123.110.40
115 26.453125 SMB C read n X, FID = 0x4009, Read 0x2 at 0x0000000A 161.123.110.40 161.123.162.142

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

x64 ベースの Windows はハードウェアにインストールされて提供されるため、その技術サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。x64 ベースの Windows に関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。

Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/64bit/default.mspx
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/64bit/x64/default.mspx


他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 319440 - 最終更新日: 2008年1月16日 - リビジョン: 6.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 2
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
キーワード:?
kbenv kbnetwork kbprb kbhotfixserver kbwinserv2003sp2fix KB319440
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com