PRB: IMAP 接続の制限を高くと、匿名ポート経由で接続しようとすると"WSAEADDRESSINUSE"エラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 319502
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

IMAP 接続の数を増やすしが非常に低いとされて、Microsoft テレビのメール サービスが IMAP サーバーに接続してみます MailboxCacheTTL 設定する、"WSAEADDRESSINUSE"のエラー メッセージを受信 (エラー コード: 10048)。

原因

この現象は、次の組み合わせのため発生します。
  • 既定では、Windows 2000 の匿名ポートが制限されます。この領域が不足してより限られています。 MailboxCacheTTL Microsoft テレビのメール サービスで構成されています。(匿名ポートは、コンピューターの IP スタックによって割り当てられている一時のポートです。 ポートの指定した範囲から匿名ポートが割り当てられています。ポート 1024年 〜 5000 のしか Windows 2000 で使用されます)。
  • は、 SO_REUSEADDR すぐに終了した後、ソケットを使用ことはできませんので、ソケット オプション オンになっていません。ソケットが TIME_WAIT 状態で 4 分の予約ままする必要があります。設定するかどうかは、 SO_REUSEADDR オプションは、Windows は、リスニング ソケットに対する複数のバインドを許可します。
匿名ポート (ephemeral ポート) の範囲は、1 台のコンピューターからリモート コンピューター上の特定のサービスへの接続の最大数を制限します。(サーバーの IP、サーバー ポート、クライアントの IP およびクライアント ポート) 間の接続。 を区別するために、接続の 4 組、TCP/IP プロトコルが使用されます。匿名ポート範囲しかワイド 4000 のポートが (約) できるだけ 4000 の一意な接続、クライアント コンピューターからリモート サービスに同時にします。

接続が終了すると、全体 ephemeral ポートのプールが使用されるまでほとんど IP スタックをそのポート番号再利用しないが、ephemeral ポートは、再利用可能です。したがって、クライアント プログラムを再接続すると、クライアントは新規接続のクライアント側の一時的なポート番号を割り当てられます。Microsoft TV メール サービスの場合、非常に低い MailboxCacheTTL IMAP 接続を頻繁に (ほとんどすべて要求を) 閉じてするための設定状況を悩ませ。

4000 のポート範囲を大きく見える場合がありますが、実際に完了する前に、TCP 接続が TIME_WAIT 状態で期限切れする必要があることを考えるの現在のコンピューティング ニーズ小規模です。接続の両側正しく TCP のエラー制御のための接続の終了を閉じますした場合でも、接続のリソースを本当に破棄できる前に TIME_WAIT 状態を期限切れになるまで、各辺待つ必要があります。

TIME_WAIT 状態は 2 回、最大セグメント有効期間 (MSL) です。(このような理由から、TIME_WAIT 状態とも呼ばれる、2MSL されません。)一般に、IP スタックによって、TIME_WAIT 状態 240 秒の合計で構成されています。したがって、240 秒ウィンドウごと 4000 のみ接続を持つことができ、実際には、これらの 4000 の接続使用します。

解決方法

この現象を回避するには、次のいずれかの操作を行います。
  • 約 20,000 のポートへの匿名のポート (たとえば) 変更することによって使用されるポート範囲を大きく、 MaxUserPort レジストリのキーです。Windows が匿名 (短期) ポート範囲は 1024年 〜 5000 の従来の BSD 範囲を使用します。Ephemeral ポートの範囲の上限だけを設定できます。変更するのには MaxUserPort レジストリ キーに、次の手順を実行します。

    1. レジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動します。
    2. 検索、 MaxUserPort レジストリ キー:

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
    3. で、 編集 メニューをクリックして 値を追加します。、し、次のレジストリ値を追加します。

      値の名前: MaxUserPort
      データ型: REG_DWORD
      値: 65534 (たとえば)
      有効な範囲: 5000-65534 (10 進)
      デフォルト値: 0x1388 (10 進数の 5000)
    4. レジストリ エディターを終了します。
    説明: このパラメーターは、アプリケーションがシステムから任意の利用可能なユーザー ポートを要求するときに使用されるポートの最大数を制御します。通常、一時的な (つまり、短時間) 値 1024 〜 5000 までのポートを割り当てられます。

    - または -
  • 240 からの接続のタイムアウトの変更時間 (既定値) 任意の長さに 300 秒に 30 秒から。使用して、 TcpTimedWaitDelay レジストリ パラメーターを使用してこの値を変更します。これを行うには、レジストリで、次のキーを見つけますレジストリ エディター (Regedt32.exe) を起動、次値を変更します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrectControlSet\services\Tcpip\Parameters

    TcpTimedWaitDelay

    キー: Tcpip\Parameters
    値の種類: REG_DWORD-時間 (秒単位)
    有効な範囲: 30 〜 300 (10 進)
    デフォルト値: 0xF0 (10 進数を 240)

    説明
    : このパラメーターは、接続が閉じている場合は、接続を TIME_WAIT 状態のままの時間の長さを指定します。接続が TIME_WAIT 状態にできますが、ソケット ペアを再使用できません。詳細については、「RFC 793」を参照してください。
メモ: この問題がさらに悪い場合に行われます、 MailboxCacheTTL 設定は非常に低いです。上記で説明したレジストリ変更を行った後、問題が再発する場合は、変更することによってメールボックスの TTL を増やす、 MailboxCacheTTL SiteConfig.cfg ファイル (Microsoft サーバー インストールの構成ファイル) で設定します。

詳細

既定の匿名のポート範囲を大ききます。 詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
196271 5000 以上の TCP ポートから接続できません。
149532 Windows NT クライアントのポートが不足を実行します。

プロパティ

文書番号: 319502 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB319502 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:319502
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com