[HOW TO Ntdetect.chk を使用して Windows 2000 でハードウェアの問題を特定するには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 320040 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

手順説明を Ntdetect.com (Ntdetect.chk) のデバッグ バージョンを使用してコンピューターを起動できなくハードウェア問題を特定するのに役立つ方法します。

ハードウェアに問題があるため、コンピューターを起動に関する問題が発生する場合、Ntdetect.chk を使用して、問題の原因と考えられるハードウェア コンポーネントを決定できます。 Ntdetect.chk は、『 Windows 2000 リソース キット 』 コンパニオン コンパクト_ディスク (CD) から Debug.cab ファイルにあります。 Debug.cab、ファイルを開きし、Ntdetect.chk ファイルを抽出します。

Ntdetect.chk を使用してハードウェアの問題を特定する方法

このセクションを使用してハードウェアの問題を特定することができます 2 方法について説明します。

方法 1: Ntdetect.chk を使用して、Windows 2000 セットアップ ブート ディスクからコンピューターを起動するには

  1. Windows 2000 セットアップ ブート ディスクからセットアップ ディスク 1 のコピーを作成します。Windows 2000 の起動ディスクの作成方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    197063How to Create Setup Boot Disks for Windows 2000 JP197063 Windows 2000 のセットアップ ブート ディスクを作成する方法
  2. "Ntdetect.bak": 手順 1 で作成した Windows 2000 セットアップ ブート ディスクのコピーに Ntdetect.com ファイル名を変更します。
  3. Windows 2000 セットアップ ブート ディスクに、Windows 2000 リソース キットの CD-ROM 上の Debug.cab ファイルからの Ntdetect.chk ファイルを抽出します。
  4. Ntdetect.chk ファイルに"Ntdetect.com:"を Windows 2000 セットアップ ブート ディスクのコピー名を変更します。
  5. 手順 1 をドライブ A で作成した Windows 2000 セットアップ ディスクのコピーを挿入して、コンピューターを再起動します。

方法 2: ハード_ディスクからコンピューターを起動するのに Ntdetect.chk を使用します。

Windows 2000 セットアップ ブート ディスクを使用するしたくない場合は、Ntdetect.com、システム パーティションのルート フォルダー内の置換するに、次手順を使用します。

: によってコンピューターの現在の状態必要があります、コンピューターをセーフ モードで起動またはここに記載されている手順を実行する、Windows 回復コンソールを使用します。

回復コンソールを使用しているが正しく起動しないまたはまったく起動しないか、Windows ベースのコンピューターの回復を利用することができます。 セーフ モードやその他のスタートアップ手順は機能しない場合、回復コンソールを使用することがあります。 お勧め上級ユーザーを識別し、問題のあるドライバーやファイルを検索する基本的なコマンドを使用することができますが、場合にのみ、このメソッドをします。 また、回復コンソールを使用するには、管理者権限が必要です。 Windows をセーフ モードで起動する方法についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
281770ハウツー解説: Windows 2000 のクリーン ブート トラブルシューティングを実行するには
Ntdetect.chk を使用して、ハード_ディスクからコンピューターを起動します。
  1. Ntdetect.com、システム パーティションのルート フォルダーには、"Ntdetect.bak"に変更します。
  2. システム パーティションのルートには、Windows 2000 リソース キットの CD-ROM での Debug.cab ファイルから、Ntdetect.chk ファイルを抽出します。
  3. Ntdetect.chk のシステム パーティションのルート フォルダーには、"Ntdetect.com"に名前を変更して、コンピューターを再起動します。

分析結果の表示方法

Ntdetect.com のデバッグ バージョンを実行する場合が検出されるとハードウェアの情報が表示されます。 次のウィンドウに移動] するには、キーを押します。 セットアップ応答を停止 (ハング) までを繰り返します。 セットアップが問題の原因と考えられるハードウェア コンポーネントを決定する応答を停止と表示されるウィンドウの内容を確認します。

以下はテキストが表示される内容の一例です。
システム コンポーネントを検出しています.
読み取り BIOS の日付.
BIOS の読み取りを行う日付 (1/20/2002)
バス アダプターとコンポーネントを検出しています.
ディスク ジオメトリを収集しています.
キーボードのコンポーネントを検出しています.
Ntdetect.com は、コンポーネント情報を表示、したら Enter 続けます Ntdetect.chk のキーを押します。 Ntdetect.chk は、コントローラーと周辺機器の現在のノード情報を表示します。 各ウィンドウを表示した後 Enter キーを押して必要があります。

: したら、Ntdetect.chk を使用して、後にマイクロソフトではこと Ntdetect.com"Ntdetect.chk、"に名前を変更してお勧めしますし Ntdetect.bak"Ntdetect.com:"に名前を変更

トラブルシューティング

Windows 2000 をインストールするときに、 非表示 システム 、および 読み取り専用 属性はで Ntdetect.com 構成します。 これらの属性、ファイルを表示するを解除する必要があります。 マイ コンピューター、エクスプローラーで、またはコマンド プロンプトを使用してこれら属性を変更します。

キャンセルを使用するマイ コンピューターまたはエクスプローラーがファイルを変更する属性の方法

  1. [マイ コンピューターを開くか Windows エクスプローラーを起動します。
  2. フォルダー オプション [ ツール ] メニューのをクリックします。
  3. 表示 タブをクリック、 ファイルとフォルダーを非表示 </a0>] セクションで 隠しファイルとフォルダーを表示する ] をクリックします。
  4. [、 保護されたオペレーティング システム ファイル (推奨) を非表示 </a0>] チェック ボックスをオフ、 [はい] をクリックして [OK] をクリックします。
  5. C ドライブのルートである Ntdetect.com ファイルをクリックします。
  6. [ ファイル ] メニューの [ のプロパティ にします。
  7. 読み取り専用 ] チェック ボックスおよび [ 非表示] チェック ボックスをオフ、 [全般 ] タブの [ 属性 ] ボックスを [ OK] をクリック します。

かを使用して、コマンド プロンプトや、回復コンソール変更ファイルの属性にする方法

コマンド プロンプトまたは回復コンソールを使用して、ファイルの属性を変更する、 attrib-s-h-r ntdetect.com を入力して、Enter を押します。

プロパティ

文書番号: 320040 - 最終更新日: 2006年10月30日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB320040 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:320040
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com