Microsoft Internet Explorer 6 または Windows Internet Explorer 7 で、ホーム ページの設定が予期せず変更される、あるいはホーム ページの設定を変更できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 320159 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP320159
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Internet Explorer 6 または Windows Internet Explorer 7 の使用時に、ホーム ページの設定で問題が発生することがあります。ホーム ページの設定が予期せず変更されることや、設定を変更できないことがあります。また、ホーム ページの設定を変更した後でコンピュータを再起動すると、ホーム ページの設定が再び別の Web サイトに戻る場合があります。

この問題は、いくつかの原因で発生します。コンピュータがウイルスに感染したか、悪意のあるコードがコンピュータで実行されたか、ホーム ページの設定を書き換えるサードパーティ製のソフトウェアがインストールされた可能性があります。また、管理者が、Microsoft Internet Explorer 管理者キット (IEAK)、グループ ポリシー、システム ポリシー、または手動によるレジストリ設定 (ログオン スクリプトなど) を使用してホーム ページを構成したために、この問題が発生する場合もあります。

この資料では、この問題の解決に役立つ 2 つの方法を、手順を追って説明します。また、「高度なトラブルシューティング」では、上級レベルのコンピュータ ユーザーを対象に、ハード ディスクでウイルスまたは悪意のあるコードによって使用されたファイルを検索し、これらのファイルを削除する方法を、手順を追って説明します。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。
この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

問題の現象

Microsoft Internet Explorer 6 または Windows Internet Explorer 7 の使用時に、以下の現象が発生することがあります。
  • Internet Explorer のホーム ページが自分で選択したページ以外の Web サイトに変更されます。
  • ホーム ページを、自分が設定したい Web サイトに変更できません。
  • [インターネット オプション] ダイアログ ボックスでホーム ページを自分が設定したい Web サイトに変更することはできますが、コンピュータを再起動すると、ホーム ページの設定が再び別の Web サイトに戻ります。

この問題の解決方法

: Microsoft Windows NT 4.0、Microsoft Windows 2000、または Microsoft Windows XP を実行している場合、次の手順を実行するには、管理者の資格情報を持つユーザーとしてログオンする必要があります。ネットワーク システム管理者が IEAK、グループ ポリシー、システム ポリシー、またはレジストリ設定を使用してホーム ページを構成している場合は、次の推奨事項を実行する前にシステム管理者に問い合わせてください。

この資料は、初級レベルから中級レベルのコンピュータ ユーザーを対象にしています。
この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

方法 1 : ウイルス対策プログラムを実行する

コンピュータがウイルスに感染していたり、悪意のあるコードがコンピュータで実行された場合、ホーム ページの設定が書き換えられることがあります。たとえば、IRC.Becky.A ワーム、Trojan.JS.Clid.gen トロイの木馬型ウイルス、JS.Exception.Exploit コードなどに感染すると、Internet Explorer のホーム ページの設定が書き換えられます。サードパーティ製のソフトウェアのインストールによって、Internet Explorer のホーム ページの設定が書き換えられることもあります。たとえば、Xupiter.com の Xupiter ツール バー、SecondPower.com の SecondPower Multimedia Speedbar、または GoHip.com の GoHip! Web ブラウザ拡張機能をインストールすると、Internet Explorer のホーム ページの設定が書き換えられます。他のプログラムをインストールする際、これらのプログラムの 1 つをインストールすることを確認するメッセージが表示される場合があります。

コンピュータがウイルスまたは悪意のあるコードに感染していないことを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. 最新のウイルス定義 (シグネチャ) を使用している最新のウイルス対策ソフトウェアを入手して実行し、指示に従って、検出されたすべてのウイルスを削除または駆除します。コンピュータからウイルスを駆除する方法および今後の感染を予防する方法の詳細については、ウイルス対策ソフトウェアの製造元にお問い合わせください。

    ウイルス対策ソフトウェアを所有していない場合、マイクロソフトの Windows Live OneCare PC セーフティを利用することもできます。Windows Live OneCare の無料の試用版をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://onecare.live.com/standard/ja-jp/default.htm
  2. Internet Explorer で、ホーム ページとして設定する Web サイトを開きます。
  3. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックし、[現在のページを使用] をクリックします。コンピュータを再起動した後、Internet Explorer を再起動します。問題が解決されない場合は、サポート担当者にお問い合わせください。
ウイルス対策ソフトウェアでウイルスが検出されなかった場合、レジストリまたはポリシーの設定が原因で問題が発生している可能性があります。

高度なトラブルシューティング

以下の説明は、上級レベルのコンピュータ ユーザーを対象としています。高度なトラブルシューティングに自信がない場合は、サポート担当者にお問い合わせください。お問い合わせ方法については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus

方法 2 : 以前のバージョンの Internet Explorer を使用している場合、Windows Internet Explorer 7 にアップグレードする

Microsoft Internet Explorer 6 以前のバージョンの Internet Explorer を使用している場合は、Windows Internet Explorer 7 にアップグレードします。Windows XP 用の Windows Internet Explorer 7 および Windows Vista の Windows Internet Explorer 7 ではさまざまな点でセキュリティが強化されており、スパイウェアやマルウェアの影響を受けにくくなっています。通常、不適切に記述されたアドインは、Internet Explorer 7 でのブラウザ操作に影響を及ぼします。そのような場合に、RIES を使用して Internet Explorer 7 を復旧することができます。

Windows Internet Explorer 7 で RIES を使用するには、以下の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックし、[リセット] をクリックします。
  3. [Internet Explorer の設定のリセット] ダイアログ ボックスで、[リセット] をクリックします。
  4. Internet Explorer 7 でデフォルトの設定の復元が完了したら、[閉じる] をクリックし、[OK] を 2 回クリックします。
  5. Internet Explorer 7 を終了します。次回 Internet Explorer 7 を起動するときに、変更内容が有効になります。
: 何らかの理由により Internet Explorer 7 を起動できない場合は、コントロール パネルの [インターネット オプション] から RIES を使用します。

詳細

Internet Explorer の検索機能に関連した問題の情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
323869 [検索] をクリックすると、成人向けコンテンツの Web サイトが不意にブラウザ ウィンドウに表示される
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 320159 - 最終更新日: 2008年3月7日 - リビジョン: 9.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Internet Explorer 7 for Windows Server 2003
  • Windows Internet Explorer 7 for Windows XP
  • Windows Internet Explorer 7 for Windows Server 2003 IA64
  • Microsoft Internet Explorer 6.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows 2000 Standard Edition
    • Microsoft Windows NT 4.0
キーワード:?
kbexpertiseinter kbresolve kbprb KB320159
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com