Office プログラムで適切な画像ファイル形式を選択するためのガイドラインについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 320314 - 対象製品
Microsoft PowerPoint 2000 については、次の資料を参照してください。272399
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、次の項目について説明します。
  • Microsoft Office プログラムに挿入できる各種の画像ファイル形式
  • 特定の目的に合った最適な形式を選択する方法
  • 画像に適した解像度と階調を選択する方法
この資料は、各種の画像ファイル形式における制限の技術的な詳細を説明するものではありません。この資料では、各種の画像ファイル形式における主な用途の概要、長所と短所、および階調や解像度などについて説明します。

Microsoft Office 2003 製品で使用可能なグラフィック ファイルのファイル形式の詳細については、[ヘルプ] メニューの [Microsoft Office Product ヘルプ] をクリックし、Office アシスタントまたはアンサー ウィザードでグラフィック ファイル形式と入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

Microsoft Office 2007 製品で使用可能なグラフィック ファイルのファイル形式の詳細については、[Microsoft Office Product ヘルプ] ボタンをクリックします。[検索] ボックスにグラフィック ファイル形式と入力し、[検索] をクリックして表示されるトピックを参照してください。

この資料では、以下の内容について説明します。
  • 画像の形式
    • ラスタ形式の画像
    • ベクタ形式の画像
  • 解像度と階調
    • 画面表示
    • 印刷出力
  • 用語集

詳細

画像の形式 : ラスタ形式の画像

BMP : Windows ビットマップ

Windows ビットマップでは、白黒から 24 ビット カラーまでの任意の階調で単一のラスタ イメージが保存されます。Windows ビットマップ ファイル形式は、他の Microsoft Windows プログラムと互換性があります。この形式はファイル圧縮をサポートせず、Web ページには適していません。

全般的に、Windows ビットマップ ファイル形式にはあまり長所がありません。写真画質のイメージには、PNG ファイル、JPEG ファイル、または TIFF ファイルを使用します。BMP ファイルは、Windows の壁紙に適しています。

長所 :
  • BMP は、1 〜 24 ビットの階調をサポートしています。
  • BMP 形式は、既存の Windows プログラム、特に古いプログラムと互換性があります。
短所 :
  • BMP は圧縮をサポートしないため、ファイル サイズが非常に大きくなります。
  • BMP ファイルは、Web ブラウザでサポートされません。

PCX : PC ペイントブラシ

PC ペイントブラシ形式 (Z-Soft ビットマップとも呼ばれます) の画像では、任意の階調で単一のラスタ イメージが保存されます。ペイントブラシの画像は、初期の Windows プログラムと MS-DOS ベースのプログラムで広く使用されており、それ以降の多くのプログラムと互換性があります。PCX の画像は、RLE (Run Length Encoded) 内部圧縮をサポートします。

長所 :
  • PCX は、多くの Windows ベースのプログラムおよび MS-DOS ベースのプログラムの標準形式です。
  • PCX は、内部圧縮をサポートしています。
短所 :
  • PCX は、Web ブラウザでサポートされません。

PNG : ポータブル ネットワーク グラフィックス

PNG の画像では、任意の階調で単一のラスタ イメージが保存されます。PNG はプラットフォームに依存しない形式です。

長所 :
  • PNG は、高レベルの可逆圧縮をサポートしています。
  • PNG は、アルファ チャネル透明度をサポートしています。
  • PNG は、ガンマ補正をサポートしています。
  • PNG は、インターレースをサポートしています。
  • PNG は、最近の Web ブラウザでサポートされています。
短所 :
  • 古いブラウザおよびプログラムは、PNG ファイルをサポートしていないことがあります。
  • インターネット ファイル形式としては、PNG の圧縮率は JPEG の不可逆圧縮よりも低くなります。
  • インターネット ファイル形式としては、PNG ではマルチイメージ ファイルやアニメーション ファイルがサポートされません。GIF 形式では、マルチイメージ ファイルとアニメーション ファイルがサポートされます。

JPEG : Joint Photographic Experts Group

JPEG の画像では、24 ビット カラーで単一のラスタ イメージが保存されます。JPEG は、プラットフォームに依存せず最高レベルの圧縮をサポートする形式ですが、この圧縮は不可逆的です。プログレッシブ JPEG ファイルは、インターレースをサポートします。

JPEG ファイル圧縮のレベルは増減可能ですが、ファイル サイズを小さくすると画質は低下します。圧縮率は 100:1 まで上げることができます (JPEG 形式では、10:1 〜 20:1 の圧縮率を使用すると、ほとんど画像を劣化させることなくファイルが圧縮されます)。JPEG 圧縮はリアルな写真作品に最適です。ただし、色数が少なく、高コントラストで、単色の境界線や広い塗りつぶし領域があるシンプルな作品では、JPEG 圧縮では最適な結果は得られません。場合によっては、圧縮率を 5:1 まで下げても、画像の整合性が大きく損なわれることがあります。この損失は、JPEG 圧縮方式では類似する色相の圧縮率が高くなるために発生します。JPEG 圧縮方式では、明るさが急に変わる場合や単色領域がある場合には、最適な結果が得られません。

長所 :
  • 写真作品やリアルな作品に最適な圧縮がサポートされます。
  • 可変圧縮を使用して、ファイル サイズを制御できます。
  • インターレース (プログレッシブ JPEG ファイル) がサポートされます。
  • JPEG は、広くサポートされているインターネット標準です。
短所 :
  • 非可逆圧縮のため、元の画像のデータが劣化します。
  • JPEG ファイルを編集して再保存すると、元の画像のデータが劣化します。この劣化は、編集と再保存を繰り返すたびに進行します。
  • JPEG は、色数が少なく、類似する色の領域が広く、明るさが極端に異なる単純な画像には適していません。

GIF : Graphics Interchange Format

GIF の画像では、8 ビット、つまり 256 色で単一または複数のラスタ イメージが保存されます。GIF の画像では、透明度、圧縮、インターレース、およびマルチイメージ画像 (アニメーション GIF) がサポートされます。

透明 GIF は、アルファ チャネル透明度ではなく、半透明効果をサポートしません。GIF 圧縮は、圧縮率が約 3:1 の LZW 圧縮です。アニメーション GIF は、GIF ファイル仕様の GIF89a バージョンでサポートされています。

長所 :
  • GIF は、広くサポートされているインターネット標準です。
  • 可逆圧縮と透明度がサポートされます。
  • アニメーション GIF は一般的に普及しており、多くの GIF アニメーション プログラムで簡単に作成できます。
短所 :
  • GIF は 256 色しかサポートしないため、詳細な画像やリアルな写真イメージでは色情報が失われ、平板な表示になります。
  • ほとんどの場合、GIF 形式の可逆圧縮は JPEG 形式や PNG 形式よりも圧縮効率が劣ります。
  • GIF でサポートされる透明度は限定的なものであり、アルファ チャネル透明度のような半透明効果やフェード効果はサポートされません。

TIFF : Tagged Image File Format

TIFF の画像では、任意の階調で単一のラスタ イメージが保存されます。TIFF は、印刷業界で最も広くサポートされているグラフィック ファイル形式です。TIFF はオプションで圧縮をサポートしますが、Web ブラウザでの表示には適しません。

TIFF 形式は拡張可能であり、プログラマが機能を追加したり、特定の目的に合わせて元の仕様を変更したりできます。仕様を変更すると、種類が異なる TIFF の画像間の互換性が失われることがあります。

長所 :
  • TIFF は、特に Macintosh コンピュータと Windows ベースのコンピュータ間で広くサポートされている形式です。
  • オプションで圧縮がサポートされます。
  • 拡張可能な形式により、多くのオプション機能がサポートされます。
短所 :
  • TIFF は、Web ブラウザでサポートされません。
  • 拡張性が高いため、多くの異なる種類の TIFF の画像が存在します。TIFF ファイルの中には、ベースライン TIFF 標準をサポートするプログラムと互換性がないものがあります。

画像の形式 : ベクタ形式の画像

DXF : AutoCAD Drawing Interchange File

DXF 形式は、Autodesk AutoCAD プログラムで使用されるベクタ ベースの ASCII 形式です。AutoCAD では、完全にスケーラブルで高度に緻密なスキームが提供されます。

長所 :
  • AutoCAD では、高度に緻密で正確な図面を作成できます。
  • AutoCAD ファイルは、建築、デザイン、および製版業界で一般的です。
短所 :
  • Office では、AutoCAD のサポートが限定されます。AutoCAD バージョン R12 までがサポートされます。
  • AutoCAD の操作の習得には時間がかかります。DXF の画像をエクスポートするには、他のグラフィック プログラムも使用できることを考慮してください。

CGM : コンピュータ グラフィックス メタファイル

CGM メタファイルには、ベクタ情報とビットマップ情報を含めることができます。BSI (英国規格協会)、ANSI (米国規格協会)、アメリカ国防総省など、多くの組織と政府機関で使用される国際的に標準化されたファイル形式です。
: Office 2007 で CGM グラフィック ファイル形式を使用する場合は、グラフィック フィルタが必要です。

長所 :
  • CGM は、国際的な標準形式です。

CDR : CorelDRAW!

CorelDRAW! メタファイルには、ベクタ情報とビットマップ情報の両方を含めることができます。
: Office 2007 で CDR グラフィック ファイル形式を使用する場合は、グラフィック フィルタが必要です。

長所 :
  • CDR は、プリプレス業界と芸術デザイン業界で広く使用されています。
短所 :
  • Office では、CDR のサポートは限定的です (サポートされるのは CorelDRAW! 6 以前です)。

WMF : Windows メタファイル

Windows メタファイルは、ベクタ情報とビットマップ情報の両方を含めることができる 16 ビット メタファイル形式です。Windows オペレーティング システムに最適化されています。

長所 :
  • WMF は、Office で効率的に使用できる Windows 標準形式です。

EPS : Encapsulated PostScript

Encapsulated PostScript 形式は、ベクタ情報とビットマップ情報の両方を記述できる専用のプリンタ記述言語です。
: Office 2007 で EPS グラフィック ファイル形式を使用する場合は、グラフィック フィルタが必要です。

長所 :
  • EPS は、あらゆる PostScript プリンタで正確に印刷できます。
  • EPS は業界標準形式です。
短所 :
  • 画面表示が印刷表示と一致しないことがあります。画面表示が低解像度の異なるイメージになったり、単にプレースホルダ イメージになったりすることがあります。
  • EPS ファイルは印刷用に設計されています。画面上の情報表示に最適な形式ではありません。

EMF : 拡張メタファイル

拡張メタファイル形式は、ベクタ情報とビットマップ情報の両方を含めることができる 32 ビット形式です。この形式は Windows メタファイル形式の改良版であり、以下のような拡張機能を持っています。
  • 組み込みの倍率情報
  • ファイルに保存されるビルトインの説明
  • カラー パレットの改良とデバイス非依存性
EMF 形式は拡張可能です。プログラマが機能を追加したり、特定の目的に合うように元の仕様を変更したりできます。仕様を変更すると、異なる種類の EMF の画像間で互換性が失われることがあります。

長所 :
  • 拡張可能なファイル形式
  • WMF よりも強化された機能
短所 :
  • 拡張性が高いため、多くの異なる EMF の画像が存在します。EMF ファイルによっては、EMF 標準をサポートするプログラムとの互換性がないことがあります。

PICT : Macintosh ピクチャ

PICT ファイルは、Macintosh コンピュータ用の 32 ビット メタファイル形式です。PICT ファイルでは、十分に機能的な RLE (Run Length Encoded) 内部圧縮が使用されます。PICT ファイルは、QuickTime がインストールされている場合に、JPEG 圧縮をサポートします (Macintosh のみ)。
: Office 2007 で PICT グラフィック ファイル形式を使用する場合は、グラフィック フィルタが必要です。

長所 :
  • PICT は、Macintosh コンピュータでの画面表示に最適なファイル形式です。
  • PICT は、Macintosh コンピュータから非 PostScript プリンタに印刷する場合に最適な印刷形式です。
短所 :
  • プラットフォーム間で移動すると、フォントが正しく表示されないことがあります。
  • 一部の PICT ファイルを適切に表示するには、QuickTime をインストールする必要があります。

解像度と階調

ここでは、ラスタ形式の画像に適した階調と解像度について説明します。適切な解像度と色設定を使用して画像を保存すると、ファイル サイズが小さくなります。ファイル サイズが小さくなるほど、ドキュメント作成と表示が高速になります。画像の用途の範囲内で、画像のサイズをできる限り小さくします。

画面表示

元に戻す全体を表示する
色の数 インターネット用 非インターネット用
1 (白黒) 72 ppi (ピクセル/インチ) の GIF 72 ppi (ピクセル/インチ) の GIF
16 72 ppi の GIF 72 ppi の GIF
256 (単純な画像)* 72 ppi の GIF 72 ppi の GIF
256 (複雑な画像)* 72 ppi の JPEG 72 ppi の JPEG
256 を超える 72 ppi の JPEG または PNG 72 ppi の JPEG、PNG、または TIFF

: 大部分のモニタは 60 〜 80 ppi であるため、マイクロソフトでは、72 ppi の解像度をお勧めします。モニタでは、画面上に物理的に存在するピクセル数を超えて表示できないため、画面のピクセル数より高い解像度で保存しても表示画質は向上しません。元のサイズではなく、完成時の画像のサイズに応じて ppi を計算します。たとえば、8.5 x 2 インチのレターヘッドをスキャンして Web ページ上で幅 2 インチで使用する場合、2 インチに対して 72 ppi、合計 144 ピクセルでスキャンします。作成されたファイルは、2 インチのサイズでモニタに表示される場合に最適になります。

* 注 : 256 色では、JPEG ファイルの方が GIF ファイルよりも圧縮レベルが高くなります。ただし、単純なファイルの場合は、JPEG 圧縮では GIF 圧縮ほど効率的に圧縮されません。
  • 画像がグレースケールで、画像に単色の広い領域やコントラストが高い (明るい領域と暗い領域の差が大きい) 領域がある場合は、GIF 形式を選択します。
  • 画像がカラーで、画像に明るさまたは暗さ (値) が類似するいくつかの色 (色相) がある場合は、圧縮効率が優れている JPEG 形式を選択します。JPEG 圧縮は、色相に対して機能し、値が類似する異なる色相がある場合に効率が高くなります。色相が類似していても値が異なる色の場合は、JPEG 圧縮の効率は低下します。

印刷出力

高品質の印刷出力を作成する方法は単純ではありません。これは、使用できるプリンタの種類が膨大で、カラー出力およびグレースケール出力を行うプリンタの機能が多岐にわたるためです。高品質の印刷出力のための第 1 の要素は、プリンタで印刷可能な LPI (線/インチ) です。

カラーまたはグレースケールで印刷するには、ハーフトーンで印刷する必要があります。ハーフトーンは、グリッドに配置され、グレーの陰影として各イメージ ピクセルを表現するドットの配列です。暗いグレーの場合、グリッドの大部分のドットが塗りつぶされます。明るいグレーの場合、グリッド上のドットの一部のみが塗りつぶされます。プリンタの LPI 設定により、このグリッドのサイズが決定されます。LPI が高いほど、グリッドが小さくなり、プリンタで表現できるグレーの陰影が精細になります。

カラー印刷を行うには、色のドットを線上に重ねて印刷する必要があります。各ドットは他のドットとは異なる角度で、少しだけずらして設定されます。そのため、各ドットは互いに完全には重なりません。この単位はスクリーン線数と呼ばれ、その色を構成するドットの線の回転角度で表されます。

以下の表は、スキャンに最適な解像度を dpi (ドット/インチ) で選択する場合に役立ちます。
元に戻す全体を表示する
プリンタの種類 出力 dpi 出力 LPI スキャン ppi
レーザー プリンタ 300 55-65 120
レーザー プリンタ 600 65-85 150
インクジェット プリンタ 300 50-60 110
昇華プリンタ 300 55-70 125
イメージセッター 1250+ 120-150 300

目的のスキャン解像度を計算するには、プリンタの LPI を 2 倍にします。これは一般的な原則です。プリンタの LPI を確認するには、プリンタのマニュアルを参照してください。

: 原則に従って LPI を 2 倍にする場合は、実験を行う必要があります。プリンタによっては、非常に高い解像度をサポートしているものもあります。300 ppi を超える解像度で画像を保存すると、サイズの大きな画像のためにより多くのディスクの空き領域が必要となり、コンピュータ上の他の操作が遅くなることがあります。文書内にサイズの大きな画像が複数含まれていると、プログラムや Windows が応答を停止することがあります。

この原則の唯一の例外は、単純な白黒のイメージ、つまり "ライン アート" イメージです。これらのイメージでは、1 ビットを使用して、色情報が保存されます。これらのイメージは 1:1 の比でスキャンします。600 dpi のプリンタを使用する場合、ライン アート モードの 600 ppi でこれらのイメージをスキャンします。

画像をグレースケールまたは 256 色未満にする場合は、TIFF 形式または GIF 形式を使用します。TIFF 形式では非可逆圧縮方式が使用されないため、印刷業界ではグラフィックの標準形式となっています。JPEG などの他の形式では、非可逆圧縮方式が使用されます。また、TIFF では、他の形式ではほとんどサポートされない複数レベルの透明度がサポートされています。

256 色を超える画像の場合は、TIFF 形式または PNG 形式で画像を保存します。透明度が必要な場合は PNG 形式をお勧めします。透明度が不要の場合は、TIFF 形式を使用します。

マイクロソフトでは、完成時の画像のサイズに対するプリンタ解像度で画像を保存することをお勧めします。たとえば、8.5 x 2 インチのレターヘッドがあり、レターヘッドを 2 インチのサイズで印刷するときに、プリンタが 600 dpi および 85 の LPI をサポートする場合、画像の解像度を 2 インチで 150 ppi、300 x 71 ピクセルのサイズに設定します。

用語集

  • アルファ チャネル : アルファ チャネルは、画像の透明領域を表します。この透明領域を使用すると、背景を表示することができます。アルファ チャネルでは 64,000 を超える透明度レベルを使用でき、半透明効果やブレンド効果を使用できます。
  • 階調 : 階調は、画像内の色数です。階調は、その深度で分類されます。深度の大きい階調を使用すると、画像内の色は増加しますが、ファイル サイズも大きくなります。
    • 1 ビット - 白黒のみ
    • 8 ビット - 256 グレースケールまたは 256 色
    • 16 ビット - High Color、65,536 色
    • 24 ビット - True Color、16,777,216 色
    • 32 ビット - True Color、4,294,967,296 色
  • 圧縮 : 圧縮は、重複する情報を削除して画像ファイルのサイズを小さくするための数学的な方式です。可逆と非可逆の 2 種類の圧縮があります。
  • 可逆圧縮 : 可逆圧縮は、元の画像の整合性を維持することに重点を置く圧縮方式です。画像の圧縮を解除すると、圧縮を解除した元の画像と同じ解像度と画質が維持されます。
  • 非可逆圧縮 : 非可逆圧縮は、画質を犠牲にして、サイズの小さな画像ファイルを作成することに重点を置く圧縮方式です。非可逆圧縮では、可逆圧縮よりも画像ファイルのサイズを小さくできます。ただし、画像の圧縮を解除すると、元の画像のデータの一部が失われ、復元することができません。
  • ファイル サイズ : ファイル サイズは、画像ファイルを使用するときの最大の制限要素です。ファイル サイズは、Microsoft Office で画像を使用したときに発生する問題の最も一般的な原因です。ファイル サイズは、画像のサイズ、ファイル形式、圧縮、階調などの要素によって決定されます。
  • ガンマ補正 : これは、どのモニタ上でも同じ明るさで画像が表示されるように、画像の明るさと暗さを補正する方法です。
  • 色相 : 色相は、色に含まれる赤、緑、または青の相対的な量を表します。たとえば、ピンクと深紅は、どちらも赤の色相を持ちます。
  • インターレース : インターレースは、インターネット経由で画像データを送信する方法です。画像がインターレースで表示されると、画像の 1/64 がダウンロードされ、概略イメージが表示されます。その後、画像の細部がダウンロードされて、画像全体が表示されるまで解像度が上がっていきます。
  • メタファイル形式の画像 : 通常、メタファイル形式の画像には、ベクタ情報が含まれます。メタファイル形式の画像には、ラスタ形式の画像など、あらゆる種類の画像データを含めることができます。
  • パレット : パレットは、特定の形式の画像に使用できる色の一覧です。画像のファイル形式ごとに、最大色数が異なります。特定の画像形式で使用できるよりも多くの色が画像に含まれている場合、パレットにない色がカラー パレットの色で置き換えられ、結果のイメージの色が劣化することがあります。これは "パレット効果" と呼ばれます。
  • ピクセル : ピクセルは、ラスタ ベースの画像またはモニタの基本単位です。ラスタ形式の画像とモニタは、個別に割り当てることができるドットの行によって定義されます。これらのドットは、ピクセルと呼ばれます。
  • ラスタ形式の画像 : ラスタ形式の画像は、互いに隣に配置された色付きのドットの行を定義することによって表示される画像です。各ドットには、個別の色が割り当てられます。
  • 解像度 : 解像度は、画像の特定領域に含まれる画像データの量です。通常、解像度はピクセル/インチで定義されます。解像度が高くなると、画像がより正確に、鮮明になります。ただし、解像度を高くすると、画像ファイルのサイズも増加します。
  • 透明度 : 透明度は、画像の領域を透明に表示して、背景を表示する方法です。透明度には、アルファ チャネル透明度などのいくつかの方法があります。
  • 値 : このプロパティは、色の明暗を表します。たとえば、ピンクと淡いブルーでは、色相は異なりますが、値は類似しています。
  • ベクタ形式の画像 : ベクタ形式の画像は、座標と数式で定義された領域によって構成されます。ベクタ形式の画像は、あらゆるサイズへの拡大と縮小ができるため、このファイル形式はラスタ形式よりも汎用性が高まります。ベクタ形式の画像では、グループ解除してより小さな部分に分割できる場合もあります。

関連情報

この資料に記載されているグラフィック ファイルの種類の詳細については、次のサードパーティ Web サイトを参照してください。
http://www.sanstudio.com/tech/GraphicFileTypes.html

http://scantips.com

http://www.libpng.org/pub/png/

http://www.jpeg.org/public/jpeghomepage.htm

http://www.adobe.com/jp/print/postscript/
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 320314 - 最終更新日: 2007年3月20日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbformat kbgraphic kbhowto KB320314
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com