方法: ビジュアル C# を持つ COM オブジェクト (System.__ComObject) の種類を確認してください。NET

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 320523
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft では。NET Framework では、 GetType.Type オペレーターには、COM オブジェクトが返されます、 System.__ComObject クラスです。コーディング状況によっては、特定のクラスのオブジェクトを知っている必要があります。たとえば、Microsoft Excel 用オートメーション クライアント ユーザーは Excel で選択したオブジェクトの種類を確認する必要があります。

Microsoft Visual の C#。NET で、 として 演算子ですと同様に、 キャスト 除いての演算子は、変換の失敗時に例外が発生するのではなく null になります。使用できます、 として COM オブジェクトを特定の型を比較する演算子です。Null を返さない、キャストする場合、変換は成功です。

次のステップ バイ ステップの手順、使用方法を示しています、 として Visual C# を使用して、COM オブジェクトの種類を確認するのには演算子です。NET。

ステップ バイ ステップ

  1. Visual C# で新しい Windows アプリケーション プロジェクトを作成します。NET。既定では、Form1 が作成されます。
  2. 参照を追加します。 Microsoft Excel オブジェクト ライブラリ.これを行うには、次の手順を実行します。
    1. で、 プロジェクト メニューをクリックして 参照を追加します。.
    2. で、 参照を追加します。 ダイアログ ボックスをクリックして、 COM タブをクリックして、 Microsoft Excel オブジェクト ライブラリ、し 選択.

      メモ Microsoft Office 2003年にはプライマリ相互運用機能アセンブリ (Pia) が含まれています。Microsoft Office XP Pia は含まれていませんが、ダウンロードすることができます。Office XP の Pia の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      328912情報: Microsoft Office XP の Pia のダウンロードに利用します。
    3. クリックして選択を確定するには、 [OK].
  3. で、 ビュー メニューの選択 ツールボックスをクリックし、ボタンとテキスト ボックスを Form1 に追加します。
  4. フォームのコード ウィンドウを表示するには、Form1 をダブルクリックします。
  5. Form1_Load ハンドラーを交換してください。
    private void Form1_Load(object sender, System.EventArgs e)
    {
    }
    					
    次のように。
    Excel.ApplicationClass oExcel;
    Excel.Workbooks oBooks;
    Excel.Workbook oBook;
    
    private void Form1_Load(object sender, System.EventArgs e)
    {
    	//Start Microsoft Excel with a new workbook and give control
    	//to the user.
    	oExcel = new Excel.ApplicationClass();
    	oBooks = oExcel.Workbooks;
    	oBook = oBooks.Add(System.Reflection.Missing.Value);
    	oExcel.Visible=true;
    	oExcel.UserControl=true;
    
    	//Layout the controls on Form1 and set up the Click event 
    	//handler for the button.
    	textBox1.Text ="";
    	textBox1.Width = 200;
    
    
    	button1.Text = "Get Selection";
    	this.button1.Click += new System.EventHandler(this.ButtonClick);
    }
    
    private void ButtonClick(object sender, System.EventArgs e)
    {
    	object o = oExcel.Selection;
    
    	//Display a message about the selection type in Excel.
    	if((o as Excel.Range)!=null)
    	{
    		textBox1.Text = "Selection is Excel.Range";
    	}
    	else if((o as Excel.Rectangle)!=null)
    	{
    		textBox1.Text = "Selection is Excel.Rectangle";
    	}
    	else if((o as Excel.ChartObject)!=null)
    	{
    		textBox1.Text = "Selection is Excel.ChartObject";
    	}
    	else if((o as Excel.ChartArea)!=null)
    	{
    		textBox1.Text = "Selection is Excel.ChartArea";
    	}
    	// ... There are many additional Selection types you could check for if needed ...
    	else
    	{
    		textBox1.Text = "Selection is Unknown";
    	}
    
    }
    					
  6. 次を追加します。 使用します。 ステートメントをコード モジュールに:
    using Excel = Microsoft.Office.Interop.Excel;

やってみましょう

  1. F5 キーを押してビルドし、プログラムを実行します。フォームが読み込まれると、Microsoft Excel で新しいブックを開始します。
  2. その両方を表示できるように、Form1 および Excel アプリケーションのウィンドウを配置します。
  3. Excel では、ブック内の任意のセルをクリックします。
  4. クリックしてください。 選択範囲を取得します。 Form1 にします。テキスト ボックスに"選択が Excel.Range"が表示されます。
  5. で、 挿入 Excel では、メニューをクリックします。 グラフ、し 終了日 グラフ ウィザードでします。
  6. クリックしてください。 選択範囲を取得します。 Form1 にします。テキスト ボックスには"選択されます Excel.ChartArea"が表示されます。
  7. Excel で、ブックに四角形を描画し、[四角形] を選択します。

    メモ 使用できます、 四角形 制御するのには 図形描画 ワークシート上の四角形を描画するには、[ツールバー] をクリック。
  8. クリックしてください。 選択範囲を取得します。 Form1 にします。テキスト ボックスには"選択されます Excel.Rectangle"が表示されます。

プロパティ

文書番号: 320523 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbautomation kbpia kbmt KB320523 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:320523
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com