匿名クエリできるようにするのには、[Active Directory の構成方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 320528
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されます。 2010 年 7 月 13日両端の Windows 2000 をサポートします。 は、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 から移行の計画の開始点です。詳細については、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

多くの環境への匿名クエリを作成する必要があります。Active Directory。など、匿名を返すクエリを作成する必要があります。電子メール アドレス。これらを許可するのには、Active Directory を構成することができます。クエリです。

Active Directory を構成する方法についてを説明します匿名クエリをサポートして匿名クエリを許可のレベルを下げることができますが、Active Directory のセキュリティ。アクティブにアクセス許可を適用するときの注意します。設定ミス認証されていないユーザーがクエリを実行することも可能であるためディレクトリセキュリティで保護された情報をします。一般的な規則としては、のみ、Anonymous Logon を与える匿名のクエリを実行するために必要なアクセス許可をアカウントします。

詳細

匿名のクエリをサポートするためには、Active Directory は、次の条件を満たす必要があります。
  • Active Directory に対するアクセス許可は匿名を許可するように設定されてクエリです。
  • クエリを行っている LDAP クライアントが構成されています。正しくします。
この資料を検索するのには、LDAP クライアントを構成する方法について説明します。Active Directory。

Active Directory のアクセス許可を設定します。

ルート ドメインの名前付けの次のアクセス許可を適用します。に対するクエリを作成するドメインのコンテキストです。

するには匿名アクセス用の必要なアクセス許可を付与、次の手順を実行します。繰り返しテーブル内の各項目の手順します。テーブルに必要な権限を示しています。電子メール アドレスを検索するクエリを実行します。一覧を表の見出しを置き換える手順を次の表に示す値。

元に戻す全体を表示する
ユーザーオブジェクトアクセス許可継承アクセス許可の種類
匿名でログオンします。 内容の一覧表示 コンテナーオブジェクト オブジェクト
匿名でログオンします。 内容の一覧表示 組織単位オブジェクト オブジェクト
匿名でログオンします。パブリック インフォメーションの読み取り ユーザーオブジェクト プロパティ
匿名でログオンします。 読み取りの電話とメールのオプション ユーザー オブジェクトプロパティ

警告: ADSI Edit スナップイン、LDP ユーティリティ、または他を使用している場合LDAP version 3 クライアントは、アクティブの属性を誤って変更します。ディレクトリ オブジェクト、深刻な問題が発生することができます。これらの問題をする必要があります。Microsoft Windows 2000 Server、Microsoft Exchange 2000 Server を再インストールするのには、またはその両方。マイクロソフトことを保証できない場合に発生する問題が正しくActive Directory のオブジェクトの属性を解決することができますを変更します。これらを変更します。ご自身の責任で属性します。
  1. Windows 2000 のサポートから ADSIEdit を開きますツールです。
  2. 検索、 ドメイン名前付けコンテキスト フォルダーです。このフォルダーには、ドメインの LDAP パスがあります。
  3. 右クリックし、 ドメイン名前付けコンテキスト フォルダーとクリック プロパティ.
  4. クリックしてください。 セキュリティ.
  5. クリックしてください。 高度な.
  6. クリックしてください。 追加.
  7. クリックして、 ユーザー オブジェクト ユーザーは、し[OK].
  8. クリックして、 アクセス許可の種類 タブします。
  9. クリックしてください。 継承 から、 適用先 ボックス。
  10. オンにし、 許可します。 チェック ボックスは、 アクセス許可 アクセスを許可します。

クライアントを構成します。

Active Directory への匿名クエリを実行するには、[使用する必要があります。サーバー名、ポート番号、ユーザー名とパスワードを適切に構成は、LDAP クライアントがクエリを行っています。ここで入力した情報を適用します。すべての LDAP クライアントにします。
  • サーバー名:

    サーバー名が完全修飾ドメイン名でなければなりません(FQDN) がグローバル カタログでもある Windows 2000 ドメイン コント ローラーのサーバーです。すべての LDAP クエリがグローバル カタログにあるために送信する必要があります、グローバルカタログにはセット、一部だけが、フォレスト内のすべてのオブジェクトのコピーが含まれています。属性を指定します。これは非常に高速検索を実行するのには、グローバル カタログができますが、ドメインの外部でオブジェクトにも場合は、属性検索はグローバル カタログには含まれています。
  • ポート番号:

    ポート番号を設定するのには 3268.これは指定されたが、グローバル カタログのリッスン ポートです。照会します。また、グローバルで唯一のドメイン コント ローラー サーバー使用をカタログします。このポートです。
  • ユーザー名:

    セット ユーザー名 するには 匿名.この設定が記載されたセキュリティ設定と一致します。以前のバージョン。設定 ユーザー名 この方法が同様に重要です。ドメインに適切なセキュリティを適用します。
  • パスワード:

    パスワードは空白のままにします。
この構成にはアクティブな匿名クエリことができます。ディレクトリです。これは単に Active Directory を構成する方法の例です。匿名のクエリは、特定のユーザーの電子メール情報を取得することができます。検索したい場合は、別のアクセス許可の設定を試してくださいする必要があります、別のオブジェクトまたは属性を使用します。次のクエリを行うことができますの例です。この記事で使用した構成をテストするのには、次のコマンドを使用します。
(&(objectclass=user) (cn = * [ユーザー名]))

プロパティ

文書番号: 320528 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB320528 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:320528
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com