不要な IIS サービスを無効にする方法および削除する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 321141 - 対象製品
マイクロソフトでは、Microsoft Windows Server 2003 で実行される Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 にアップグレードすることを、すべてのユーザーに強く推奨します。IIS 6.0 により、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に強化されます。IIS のセキュリティ関連のトピックについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prodtech/iis.mspx
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、管理されていない状態のままサービスが使用されないように、必要でない Internet Information Server (IIS) およびインターネット インフォメーション サービス (IIS) のサービスを一時的に無効にする方法、および必要のなくなった IIS サービスを個々に削除する方法を手順を追って説明します。

IIS 4.0 で IIS サービスを無効にする

  1. Microsoft Windows NT 4.0 コンピュータで、[スタート] ボタンをクリックして [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [サービス] をダブルクリックします。
  2. サービスの一覧をスクロールし、無効にするサービスをクリックして、[スタートアップ] をクリックします。
  3. [無効] をクリックして [OK] をクリックします。
  4. 無効にするサービスごとに手順 2. 〜 3. を繰り返します。
  5. [閉じる] をクリックして終了し、コントロール パネルを閉じます。

IIS 4.0 で IIS サービスを削除する

  1. Windows NT 4.0 コンピュータで、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントします。[Windows NT 4.0 Option Pack] をポイントして、[Windows NT 4.0 Option Pack セットアップ] をクリックします。
  2. Windows NT 4.0 Option Pack セットアップ ウィンドウで、[次へ] をクリックして、[追加/削除] をクリックします。
  3. [Internet Information Server] をクリックして、[サブコンポーネントを表示] をクリックします。
  4. 1 つまたは複数の、削除する IIS のサブコンポーネントの隣にあるチェック ボックスをオフにします。たとえば、[FTP (File Transfer Protocol) サーバー] チェック ボックスをオフにすると、Windows NT 4.0 サーバーから FTP サービスが削除されます。
  5. サブコンポーネントのチェック ボックスをオフにしたら、[OK] をクリックし、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

    : この手順で、サブコンポーネントのチェック ボックスをオフにするのではなくオンにするとサブコンポーネントを追加することができますが、使用可能な Windows NT 4.0 Option Pack CD が必要な場合があります。

IIS 5.0 および IIS 5.1 で IIS サービスを無効にする

  1. コントロール パネルを開きます。Microsoft Windows 2000 (IIS 5.0 を使用) では、[スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。Microsoft Windows XP (IIS 5.1 を使用) では、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルで、[管理ツール] をダブルクリックして、[コンピュータの管理] をダブルクリックします。Windows XP の場合は [パフォーマンスとメンテナンス] をクリックして [管理ツール] をクリックし、[コンピュータの管理] をダブルクリックします。
  3. [コンピュータの管理] ウィンドウの左ウィンドウにある [サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。
  4. [コンピュータの管理] ウィンドウの右ウィンドウで、一覧をスクロールして [名前] 列の中から無効にするサービスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [service_name のプロパティ] ウィンドウが表示され、[全般] タブが表示された状態になります (ウィンドウ上部のタブをクリックすると、その他のオプションが表示されます)。[スタートアップの種類] ボックスの横の下向きの矢印をクリックして [無効] をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. 無効にするサービスごとに手順 3. 〜 6. を繰り返します。
  8. [サービスの状態] が [開始] になっていることを確認し、サービスを右クリックして、[停止] をクリックします。
  9. [コンピュータの管理] ウィンドウを閉じて、終了します。

IIS 5.0 および IIS 5.1 で IIS サービスを削除する

  1. コントロール パネルを開きます。Microsoft Windows 2000 (IIS 5.0 を使用) では、[スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。Microsoft Windows XP (IIS 5.1 を使用) では、[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] または [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。[アプリケーションの追加と削除] ([プログラムの追加と削除]) ウィンドウの [Windows コンポーネントの追加と削除] (ウィンドウの左下側にある) をクリックします。
  3. [Windows コンポーネント ウィザード] ウィンドウで [インターネット インフォメーション サービス (IIS)] をクリックし、[詳細] をクリックします。
  4. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) のサブコンポーネント] の一覧をスクロールして、1 つまたは複数の削除するサブコンポーネントの隣にあるチェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

    : この手順で、サブコンポーネントのチェック ボックスをオフにするのではなくオンにするとサブコンポーネントを追加することができますが、使用可能なオペレーティング システムの CD が必要な場合があります。

  5. [アプリケーションの追加と削除] または [プログラムの追加と削除] ウィンドウの [閉じる] をクリックして終了し、コントロール パネルを閉じます。

プロパティ

文書番号: 321141 - 最終更新日: 2005年11月29日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.1
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster KB321141
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com