[HOW TO アップグレード プロジェクト中央データベースを Microsoft Project Server 2002 に 2000

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 321344 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Project Server インストールすると、Microsoft Project Central データベース更新できます。 ここでは、データベースをアップグレードする方法について説明します。



: 既存 Microsoft Project Central のアップグレード インストールが必要です Microsoft Project Server で使用するデータベースを変換することです。 この資料に記載されている手順を想定します。
  • Microsoft Project Standard で使用する Microsoft Project Server にアップグレード Microsoft Project Central から使用するときにのみこの手順を実行します。 Microsoft Project Professional で使用する Project Server にアップグレードする場合は最初の別のコンピューターに Microsoft Project Server をインストールし、既存のデータを移行します。
  • Microsoft Project Central がインストールされている同じコンピューターに Microsoft Project Server をインストールする場合は Microsoft Project Server をインストールする前に Microsoft Project Central 削除します。
  • カスタマイズを Microsoft Project Central のページには、アップグレード中に失われます。
  • 一部のユーザーを他のユーザーの割り当てを表示を許可するユーザーのアクセス許可は、アップグレード中に失われます。
  • 一部のカスタマイズを適用する必要は可能性がありますが追加したすべての Microsoft Project Central のビューが保持されます。


プロジェクトのサーバー データベースを Microsoft Project Server 2002 にアップグレードする方法

次の Microsoft Project Server にプロジェクトのサーバー データベースをアップグレードする手順に従います。
  1. 既存の Microsoft Project Central データベースをバックアップします。

    注意 : 変換プロセスは、Microsoft Project Central データベースに格納されている任意の Microsoft Project 計画を削除します。 また、保留中のチーム更新メッセージは変換中に失われます。
  2. (省略可能) 異なるコンピューターに Microsoft Project Central データベースをコピーします。

    そのコンピューターに、データをコピーする、データ変換サービス インポート/エクスポート ウィザードやデータベース コピー ウィザードなどの Microsoft SQL Server ツールを使えます。 見つけるには、ウィザードを SQL Server Enterprise Manager を起動する、 ツール ] をポイントし、[ ウィザード ] をクリックします。 データ変換サービス インポート/エクスポート ウィザードは [ データ変換サービス ] で、 DTS インポート ウィザード としてリストされてされ、データベース コピー ウィザードを [ 管理 ] の下にある [示されます。

    : この手順に切り替えようと Microsoft SQL Server Microsoft データ エンジン (MSDE) から、アップグレード プロセスの一部として場合、勧めします。
  3. CD-ROM または DVD-ROM ドライブに、Microsoft Project Server CD を挿入したり、ネットワーク インストール ポイントに接続します。
  4. コマンド プロンプトで、CD-ROM ドライブまたはネットワーク インストール ポイントにアクセスして、次のフォルダーを開きます。
    \Support\Database
  5. Microsoft Project Server で使用するための Microsoft Project Central データベース変換に次のコマンドを入力します。
    osql-S server_name-U account_name-P password-d database_name-i Upgwtbls.sql
    場所 server_nameaccount_namepassword、および database_name はプレースホルダー。

    : パラメーター文字 S、U、P、d、i は大文字と小文字を区別します。

    入力例を以下に示します。

    osql-S ProjCentralSvr01-U sa-P SApass * 22-d ProjCentralDB-i Upgwtbls.sql
    ヒント : この特定のデータ、ログ、およびパフォーマンスや管理のためのインデックス ファイルの配置場所を指定するファイルを編集することができます。

    ヒント : データベースを変換、Microsoft Project Server、テーブルを作成および 1 つのステップに既定のデータを挿入に Upgdb.cmd ファイルを使用することができます。
  6. 次のコマンド、Microsoft Project Server のテーブルを作成して既定のデータの挿入を入力します。
    • スキーマを作成、Microsoft Project 2002 テーブル (テーブル名が"MSP_"で始まる)。
      osql-S server_name-U account_name-P password - d database_name - i Projtbls.sql
    • 使用を Microsoft Project Server のストアド プロシージャを作成するには、プロジェクト データの整合性を確保するに。
      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Projsps.sql
    • テーブルを作成する (テーブル名は"MSP_VIEW"で始まる) のプロジェクト センターでプロジェクトを表示するときに使用するデータを格納します。
      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Viewtbls.sql
    • ステージング テーブル (テーブル名が"MSP_CUBE"で始まる)、Microsoft Project Server の OLAP キューブの作成。
      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Cubetbls.sql
    • ストアド プロシージャを Microsoft Project Server を作成するのには。
      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Websps.sql
    • ビューを作成、Microsoft Project Server セキュリティ。
      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Secviews.sql
    • 挿入するには、Microsoft Project 2002 のテーブルにデータをローカライズしました。

      osql-S 名 >:-U account_name-P パスワード-d database_name-i Locdata.sql
      : このスクリプトは、使用する言語のロケール ID (LCID) に対応するフォルダーにあります。 英語版、たとえば、フォルダーにある、以下。
      \Support\Database\1033
    • エンタープライズ グローバルとエンタープライズ リソースを Microsoft Project 2002 テーブルに挿入。

      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Eglobal.sql
      : このスクリプトは、使用する言語のロケール ID (LCID) に対応するフォルダーにあります。 英語版、たとえば、フォルダーにある、以下。
      \Support\Database\1033
    • 変換するには、Microsoft Project Web Access テーブル内のデータをローカライズしました。

      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Upgdef.sql
      : このスクリプトは、使用する言語のロケール ID (LCID) に対応するフォルダーにあります。 英語版、たとえば、フォルダーにある、以下。
      \Support\Database\1033
    • 言語パックのデータを Microsoft Project Web Access のテーブルに挿入。

      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Insdeflp.sql
      : このスクリプトは、使用する言語のロケール ID (LCID) に対応するフォルダーにあります。 英語版、たとえば、フォルダーにある、以下。
      \Support\Database\1033
      Microsoft Project Server のローカライズされたバージョンをインストールする場合バージョンでは、言語に固有実行後にこのスクリプトの英語版を実行します。
    • Microsoft Project Server 内のグループには、Microsoft Project Central のユーザー ロールを割り当てる。
      osql-S server_name - U account_name - P password - d database_name - i Upgwsec.sql
  7. Microsoft インターネット インフォメーション サービス、Microsoft Project Server データベースにアクセスできる、SQL Server ユーザー アカウントを (または既存の統合 Windows 認証の信頼アカウントを持って) を作成を与えるアクセス許可、データベースにアクセスし、MSProjectServerRole の役割を割り当てます。
  8. Microsoft Project Professional は SQL Server ユーザー アカウントを作成、付与、Microsoft Project Server データベースにアクセスする、データベース アクセス許可にアクセスし、MSProjectRole の役割を割り当てます。
  9. Microsoft Project Server のセットアップ プログラムを実行し、 ユーザー設定 を実行します。

    セットアップ プログラムのデータベース接続ページ、[ 既存のデータベースへの接続 ] をクリックして、要求された情報を更新したデータベースを入力します。
: スクリプトの一部の行が長すぎるためクエリ アナライザーのため必要なは OSQL ツールを使用して。 OSQL ツールは、次のフォルダーにあります。
\Support\Database

プロパティ

文書番号: 321344 - 最終更新日: 2007年2月1日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Project Server 2002
  • Microsoft Project 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB321344 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:321344
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com