Windows 2000 でネットワークの診断ツール (Netdiag.exe) を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 321708 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows 2000 を実行しているコンピュータでのネットワーク診断ツール (Netdiag.exe) の使用方法について説明します。Netdiag.exe は、コンピュータのネットワーク接続のテストに使用できるコマンド ライン ツールです。Netdiag.exe では、一連のテストを実行することによって、ネットワーク クライアント コンピュータの状態と機能を確認します。これらのテストの結果と、Netdiag.exe によって取得されるネットワークの状態の情報を使用して、Windows 2000 ベースのワークステーションやサーバーでのネットワークと接続に関する問題を切り分けることができます。

Netdiag.exe は、Microsoft Windows 2000 サポート ツールに含まれています。Windows 2000 サポート ツールをインストールするには、Windows 2000 の CD-ROM の Support\Tools フォルダにある Setup.exe を実行する必要があります。Netdiag.exe をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/kb/927229
: Netdiag.exe を使用してコンピュータのネットワーク接続をテストするには、先に TCP/IP を 1 つ以上のネットワーク アダプタにバインドしておく必要があります。

Netdiag.exe の概要

Netdiag.exe は次の構文を使用します。
netdiag [/q] [/v] [/l] [/debug] [/d:domain_name] [/fix] [/dcaccountenum] [/test:test_name] [/skip:test_name]
Netdiag.exe では次のパラメータを使用することができます。
  • /q : 出力を抑制し、エラーのみを画面に表示します。
  • /v : 詳細モードで Netdiag.exe を実行して、実行される処理に関する情報を表示します。
  • /l : Netdiag.log ファイルに出力を書き込みます。Netdiag.log ファイルは、Netdiag.exe を実行するフォルダと同じフォルダに作成されます。
  • /debug : Netdiag.exe をデバッグ モードで実行します。/v パラメータを使用した場合より詳細な内容が出力されます。
  • /d:domain_name : 指定したドメインのドメイン コントローラを検索します。
  • /fix : DNS (Domain Name System)、ドメイン コントローラ テストのほか、次のような問題を修正します。
    • DNS テスト
      コンピュータがドメイン コントローラである場合、Netdiag.exe は Netlogon.dns ファイル内の DNS エントリすべてを検証して、それが正しいかどうかを判断します。また、Netdiag.exe は問題がある場合には適切なエントリを更新します。
    • ドメイン コントローラ テスト
      プライマリ ドメイン上にあるローカル コンピュータ内にキャッシュされているドメイン GUID がドメイン コントローラ内に保存されているドメイン GUID と異なる場合、Netdiag.exe は、ローカル コンピュータ内にキャッシュされたドメイン GUID を更新します。
  • /dcaccountenum : ドメイン コントローラのコンピュータ アカウントを列挙します。
  • /test:test_name : 実行するテストを指定します。test_name には、以下のいずれかの値を指定できます。
    Autonet : 自動プライベート IP アドレス指定 (APIPA) アドレスのテスト
    Bindings : バインドのテスト
    Browser : リダイレクトとブラウザのテスト
    DcList : ドメイン コントローラ一覧のテスト
    DefGw : デフォルト ゲートウェイのテスト
    DNS : ドメイン ネーム サービス (DNS) のテスト
    DsGetDc : ドメイン コントローラ探索のテスト
    IpConfig : IP アドレス構成のテスト
    IpLoopBk : IP アドレス ループバックの ping テスト
    IPSec : IPSec (Internet Protocol Security) のセキュリティ テスト
    IPX : IPX (Internetwork Packet Exchange) のテスト
    Kerberos : Kerberos のテスト
    Ldap : LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) のテスト
    Member : ドメイン メンバシップのテスト
    Modem : モデムの診断テスト
    NbtNm : NetBIOS over TCP/IP (NetBT) 名のテスト
    Ndis : ネットワーク カードの問い合わせのテスト
    NetBTTransports : NetBT トランスポートのテスト
    Netstat : Netstat 情報のテスト
    NetWare : NetWare のテスト
    Route : ルーティング テーブルのテスト
    Trust : 信頼関係のテスト
    WAN : 広域ネットワーク (WAN) の構成のテスト
    WINS : Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サービスのテスト
    Winsock : Winsock のテスト

    複数のテストを指定するには、それぞれの /test:test_name 項目をスペースで区切って指定します。/test で明示的に指定していなくても、そのテストをスキップしてテストできない場合は、そのテストも実行されます。

  • /skip:test_name : 実行しないテストを指定します。test_name には、上記の /test:test_name 一覧のテストの 1 つを指定できます。

    複数のテストを指定するには、それぞれの /skip:test_name 項目をスペースで区切って指定します。

  • Netdiag.exe を詳細モードで実行するには、コマンド プロンプトで次の行を入力し、Enter キーを押します。
    netdiag /v
  • Netdiag.exe を使用して、ドメイン内のドメイン コントローラに関する情報を表示するには、次の行を入力し、Enter キーを押します。
    netdiag /v /l /test:dsgetdc


    ドメイン内にあるドメイン コントローラに関する情報を Netdiag.log ファイルに書き出します。Netdiag.log ファイルは Netdiag.exe が実行されたフォルダ内に存在します。
  • Netdiag.exe を使用して、現在有効な IPSec ポリシーを表示するには、次の行を入力し、Enter キーを押します。
    netdiag /test:ipsec /debug

関連情報

Netdiag.exe の詳細については、W2rksupp.chm ファイルを参照してください。Windows 2000 サポート ツールをデフォルトでインストールした場合、W2rksupp.chm は Drive:\Program Files\Support Tools フォルダにあります。Drive は、Windows 2000 がインストールされているドライブです。

Netdiag を使用してネットワークおよび接続の問題のトラブルシューティングを行う方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
265706 ドメイン参加と DC 作成を容易にする DCDiag と NetDiag
257225 Windows 2000 での IPSec の基本的なトラブルシューティング
216899 Windows 2000 ドメイン コントローラのセットアップの推奨事例
250842 グループ ポリシー適用の問題のトラブルシューティング
Windows 2000 サポート ツールのインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301423 Windows 2000 サポート ツールを Windows 2000 Server ベースのコンピュータにインストールする方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 321708 (最終更新日 2005-02-24) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 321708 - 最終更新日: 2007年9月14日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowtomaster KB321708
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com