方法: Microsoft Windows 2000 上での UNIX 3.0 用の Microsoft Windows サービスをインストール

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 321712
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でをインストールする方法について説明します。UNIX (SFU) 3.0 では、Microsoft Windows 2000 ベースの Microsoft Windows サービスコンピューターです。

UNIX 3.0 を Windows サービスの概要

広範囲の UNIX 3.0 を Windows のサービスを提供します。接続ツールとする相互運用機能します。
  • マイクロソフトの構成される混合ネットワークを統合します。Windows と UNIX ベースのコンピューター。
  • これらのコンピューター間のネットワーク リソースを共有します。
UNIX 3.0 を Windows のサービスにはコンポーネント ファイルにはが含まれています。リモート アクセスと管理、パスワードの同期、共通の共有フォルダーの管理、共通のユーティリティ セット、およびシェル。

メモ: この資料で方法をインストールするのには、主に焦点を当てていますがUNIX 3.0 では、Windows 2000 用の Windows サービス、Windows サービスの UNIX 3.0場合にもサポートします。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows NT 4.0 Server Service Pack 6a または後で
  • Microsoft Windows NT 4.0 ワークステーション Service Pack 6a または後で
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
UNIX 3.0 用の Windows サービスには次が含まれていますコンポーネント:
  • 一般的な UNIX ユーティリティのためのユーティリティ:
    • 基本ユーティリティ: Interix のサブシステムを提供します。実行は、別のサブシステムとして強力なフル機能の UNIX 環境Windows のコンピューター。C および Korn シェルと 350 以上のユーティリティが含まれます。Interix サブシステム上で実行します。このコンポーネントが Windows ベースも用意されています管理者ユーティリティと UNIX スタイル コマンドでは、Windows ベースの Cron サービスタスク、および Windows ベースの Telnet クライアントをスケジュールする使用されます。場合、基本ユーティリティをインストールする、Interix サブシステムもインストールされます。
    • UNIX perl:、perl のスクリプトを実行することができますInterix サブシステムでは。UNIX perl をインストールすると、基本ユーティリティがあります。インストールします。
  • Interix の GNU コンポーネント: Interix ユーティリティ、およびソフトウェアGNU の契約下で配布されている開発キット (SDK) ツール一般公衆利用許諾 (GPL)。
    • Interix の GNU ユーティリティ: 基本ユーティリティを補足します。GNU ユーティリ ティーをインストールすると、基本ユーティリティもインストールするされます。
    • Interix の GNU SDK: ソフトウェア開発キット (SDK) ツールInterix SDK を補足します。GNU SDK ツールは、GNU をインストールする場合は、ユーティリティは、Interix SDK もインストールされます。
  • ネットワーク ファイル システム (NFS) コンポーネント: サポート ファイルとWindows および UNIX システム間でディレクトリの相互運用性。
    • NFS サーバー: Windows は、ことができますNFS サーバーとして動作するように 2000年ベースのコンピューター。Windows フォルダーに NFS をエクスポートします。ファイル システムでは、UNIX ベースの NFS クライアントは、それらをできるように。
    • NFS ゲートウェイしますは、Windows 2000 をできるようになります。NFS ゲートウェイとして動作するサーバー ベースのコンピューター。ディレクトリを共有します。Windows ユーザーをできるように、Windows 共有フォルダーには、UNIX の NFS サーバーからをエクスポートNFS クライアント ソフトウェアをインストールしなくても使用します。
    • NFS クライアント:、Windows コンピューターにことができますUNIX ベースの NFS サーバー上のファイルを使用します。

      メモ: ゲートウェイの NFS と NFS クライアントをインストールできない、同じコンピューターです。
  • NIS サーバー: Windows 2000 ドメインで可能コント ローラーは、ネットワーク情報サービス (NIS) サーバーとして機能する統合NIS ドメインが Active Directory です。これはウィンドウを管理することができ、NIS ドメインが一緒です。
  • 双方向自動パスワード同期: を示しますWindows と UNIX ベースのコンピューター間でパスワードを同期します。パスワード同期は、ユーザーが Windows の 1 つのパスワードを維持するために容易します。ドメインおよび UNIX システムは、それらのいずれかが変更されたときに同期します。
  • リモート接続コンポーネント: ユーザーが接続し、使用することができますコンピューター リモート。
    • Telnet サーバー: リモート ユーザーがサーバーに接続します。Telnet クライアント ・ ソフトウェアを使用します。
    • Windows リモート シェル サービス: リモートからのコマンドコンピューターは、サーバー上で実行できます。
  • Nfs 認証ツール NFS は、ことができます。ユーザーを認証する.
    • ユーザー名マッピング: 関連付けられますウィンドウと UNIX ユーザー使用してファイルへのアクセスを得ることができる名前Interix または Windows にログオンしなくても NFS リソースへの接続に、UNIX コンピューターとは別にします。
    • NFS 認証用サーバー: ユーザー名での動作マッピングと UNIX ユーザーに対する透過的なアクセスを提供する NFS 用サーバーでファイルNFS 用サーバー上で共有されます。NFS 認証用サーバーをインストールする必要があります。すべてのドメイン コント ローラー上またはコンピューター上で NFS サーバーを実行です。
    • PCNFS サーバーを: と同様に、PCNFS デーモン (PCNFSD)UNIX サーバーで実行します。
  • Interix SDK: は、ソフトウェア開発キット (SDK)簡単に、Interix サブシステム上で実行するプログラムを作成します。インストールすると、このコンポーネントは、基本ユーティリティもインストールされます。
  • アクティブな状態の ActivePerl 5.6: ことできます。サーバー上で実行される Windows ベースの Perl スクリプト

Windows サービスは UNIX 3.0 の要件

UNIX 用の Windows サービスのシステム要件の一覧について3.0 では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb463204.aspx

UNIX 3.0 用の Windows サービスをインストールする方法

  1. Windows サービスに UNIX、cd-rom を挿入する、コンピューターの CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブ。
  2. ようこそ] で、Windows サービスの UNIX のセットアップウィザード」のページをクリックして 次へ.
  3. 名前と組織を入力、 ユーザー名組織 ボックスを該当するボックスにプロダクト キーを入力し、クリックしてください。 次へ.
  4. クリックしてください。 同意します。 後エンド ユーザー ライセンス契約 (EULA) を読み、[クリックしてください 次へ.
  5. 次のいずれかの操作を行います。

    標準インストールを実行します。

    1. コンポーネントの既定のセットをインストールする場合既定のインストール場所 (c:\SFU) をクリックします。 標準的なインストール、し 次へ.
    2. [セキュリティの設定] ページで、指定かどうか、Interix プログラム setuid 動作を有効にして、クリックするとしてください。 次へ.

      メモ: このオプションを有効にするセキュリティに影響を与えます。詳細については詳細は、「Interix プログラム setuid 動作を有効にする」のセクションを参照してください。Windows サービスのルート フォルダーにある Install.htm ファイルUNIX 3.0 の CD-ROM をします。
    3. 「ユーザー名マッピング] ページでは、の名前、ユーザー名マッピング サーバーか (構成の名前をこのボックスを空白のままにインストールが完了したら、サーバ) し、 次へ.

    カスタム インストールを実行します。

    1. 使用するコンポーネントを指定する場合インストールまたは別のインストール場所を指定、クリックしてください ユーザー設定インストール、し 次へ.
    2. で、 コンポーネント ボックスで、[インストールするコンポーネントを指定します。これを行うには、クリックして、+ (正符号) 展開するコンポーネントの横をクリックします。クリックして、[コンポーネント] の横にある下矢印を必要なオプションをインストールします。クリックしてください。 次へ.

      表示されるウィザードのページは次によって異なります。インストールするよう選択したコンポーネントにします。ある指示に従って、UNIX 用の Windows サービスをインストールするのには、表示されるウィザードのページ3.0。
    3. インストールすることを選択した場合は、 GNU ソフトウェア開発キット (SDK)、"Interix GNU SDK] ページが表示されます。クリックしてください。 次へ.
    4. アクティブ状態の Perl をインストールすることを選択した場合は、「アクティブな状態の Perl のライセンスとサポートについて」のページが表示されます。クリックしてください。 同意します。 アクティブ状態の Perl を読んで使用許諾契約書をクリックして、 次へ.
    5. [セキュリティの設定] ページで、指定かどうか、Interix プログラム setuid 動作を有効にして、クリックするとしてください。 次へ.

      メモ: このオプションを有効にするセキュリティに影響を与えます。詳細については詳細は、「Interix プログラム setuid 動作を有効にする」のセクションを参照してください。Windows サービスのルート フォルダーにある Install.htm ファイルUNIX 3.0 の CD-ROM をします。
    6. 「ユーザー名マッピング] ページを表示する場合は入力、ユーザー名マッピング サーバーの名前、または (構成できますこのボックスを空白のままにUNIX 管理用の Microsoft Windows サービスを使用して、サーバーの名前インストールした後完了)、し、 次へ.
    7. [インストールの場所] ページで、指定のクリックして、[インストールの場所 次へ.

      メモします。 指定パスが英数字のみ含めることができます。文字は、アンダー スコア「_」文字。
  6. クリックしてください。 終了日 "Windows サービス UNIX のセットアップを完了ウィザード」のページです。
  7. 必要に応じて、コンピューターを再起動する前に、変更をWindows サービス UNIX をオフ各サービスのスタートアップの種類自動に設定します。これを行うには。メモ:、Interix サービス (デーモン) を有効にするには、は、/etc/inted.conf を編集します。ファイルです。

    1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し コントロール パネル.
    2. ダブルクリック 管理ツール、し、をダブルクリック サービス.
    3. 右側のウィンドウで、サービスを右クリックし、構成とクリックします。 プロパティ.
    4. クリックして、 全般 タブします。
    5. 下にあります。 [スタートアップの種類をクリックして 自動、し [OK].
メモ: Windows サービスから UNIX 3.0 をインストールすることもできます、コマンド プロンプトを開きます。これを行う方法の詳細については、Install.htm を参照してください。Windows サービスの Unix 3.0 のルート フォルダーにあるファイルCD-ROM。

3.0 コンポーネント サービスの UNIX の追加または Windows を削除する方法

  1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し コントロール パネル.
  2. ダブルクリック プログラムの追加と削除.
  3. で、 現在インストールされているプログラム 一覧で、クリックしてください。 Windows サービスの UNIX、し 変更.
  4. クリックしてください。 次へ ようこそ] の UNIX のセットアップ用の Microsoft Windows サービスウィザード」のページです。
  5. クリックしてください。 追加または削除します。、し 次へ.
  6. で、 コンポーネント ボックスで、インストールまたは削除するコンポーネントを指定します。これを行うをクリックして、+ (プラス記号) を使用コンポーネントの横にあります。展開し、該当するコンポーネントの横にある下向き矢印をクリックし、必要なインストール オプションをクリックします。クリックしてください。 次へ.
  7. 選択したコンポーネントに応じて、その他ウィザードのページの追加指定する必要があります。 が表示可能性があります。オプションです。指示に従って、ウィザードの他のページに (場合は、表示する)] をクリックし、 終了日 "Windows サービス UNIX のセットアップを完了ウィザード」のページです。

UNIX 3.0 用の Windows サービスを削除する方法

  1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し コントロール パネル.
  2. ダブルクリック プログラムの追加と削除.
  3. で、 現在インストールされているプログラム ボックスで、クリックしてください。 Windows サービスの UNIX、し 削除.
  4. クリックしてください。 [はい] 削除を確認します。

関連情報

Windows サービスをインストールする方法の詳細についてUnix 3.0 である Install.htm と Readme.txt ファイルを参照してください、Windows サービスの Unix 3.0 の CD-ROM のルート フォルダーにします。

詳細についてはUNIX 3.0 では、Windows サービスについては、「はじめに」に次のマイクロソフト Web サイトで利用可能なサービスの UNIX」ホワイト ペーパーサイト:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb742523.aspx

プロパティ

文書番号: 321712 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbenv kbnetwork kbsetup kbmt KB321712 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:321712
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com