Windows 2000 でファイル名の拡張子に基づいて自動インストール オプションを設定する使用してグループ ポリシーを [HOW TO

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 321713 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

手順説明、グループ ポリシーを使用して Microsoft Windows 2000 でファイル名拡張子に基づいた自動インストール オプションを指定する方法します。

使用してグループ ポリシーを持つプログラム ファイルのプログラムを公開する、ユーザー クリックが関連付けられているときに自動的に公開されているプログラムをインストールします。 プログラムの配布をユーザーに公開できます。 ユーザーがコンピューターにログオンすると、公開されたプログラムが アプリケーションの追加と削除 ] ダイアログ表示され、そこからインストールできます。

: Windows 2000 グループ ポリシーの自動化プログラムのインストールには 2000年またはそれ以降は、Windows を実行しているクライアント コンピューターが必要です。

配布ポイントを作成する

コンピュータ プログラムを公開したり割り当てたりするには、公開サーバーに配布ポイントを作成する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理者としてサーバー コンピュータにログオンします。
  2. 配布する、Windows インストーラー パッケージ (.msi ファイル) を格納する共有ネットワーク フォルダーを作成します。
  3. 共有のアクセス許可を設定し、配布パッケージへのアクセスを許可します。
  4. コピーまたは配布ポイントには、Windows インストーラー パッケージをインストールします。 たとえば、Microsoft Office XP を配布するファイルを配布ポイントにコピーする管理者用インストール ( setup.exe/a ) を実行します。

グループ ポリシー オブジェクトを作成する

作成する、グループ ポリシー オブジェクト (GPO)、ソフトウェア パッケージを配布するには、次の手順に従います。
  1. Active Directory ユーザーとコンピューター スナップインを起動します。 これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 アプリケーション 管理ツール ] をポイント] [ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
  2. コンソール、ツリーで、ドメインを右クリックし、[ プロパティ ] をクリックします。
  3. [ グループ ポリシー ] </a0> タブ、[ 新規作成 ] をクリックします。
  4. このポリシー (たとえば、 Office XP の配布 ) を使用する名前を入力して Enter を押します。
  5. [ のプロパティ ] をクリックし、[ セキュリティ ] タブを実行します。
  6. [このポリシーを適用できないようにするセキュリティ グループ、 グループ ポリシーの適用 ] チェック ボックスをオフします。 このポリシーを適用するグループの グループ ポリシーの適用 ] チェック ボックスをクリックします。 完了したら、 [OK] をクリックします。

パッケージを公開する

パッケージをコンピューターのユーザーに発行するユーザーがそのプログラムに関連付けられているファイルをダブルクリックすると自動的にインストールする、次の手順に従います。
  1. Active Directory ユーザーとコンピューター スナップインを起動します。 これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 アプリケーション 管理ツール ] をポイント] [ Active Directory ユーザーとコンピューター ] をクリックします。
  2. コンソール、ツリーで、ドメインを右クリックし、[ プロパティ ] をクリックします。
  3. [ グループ ポリシー ] タブをクリックし、必要なグループ ポリシー オブジェクトを [[ 編集 ] </a0> をクリックします。
  4. [ ユーザーの構成 ] の [ ソフトウェアの設定 </a0>] を展開します。
  5. ソフトウェアのインストール を右クリックして 新規作成 ] をポイントして [ パッケージ ] をクリックします。
  6. ファイルを開く ] ダイアログ ボックス [たい Windows インストーラー パッケージを含む共有フォルダーに完全な UNC パスを入力します。 たとえば、 \ ファイル サーバー \ 共有 \ ファイル名 の .msi

    重要 : 場所に移動はできません。 共有フォルダーに、UNC パスを使用することを確認します。
  7. ファイルを開く をクリックします。
  8. "発行済" をクリックし、 [OK] を実行します。 パッケージが、[グループ ポリシー] ウィンドウの右側のウィンドウに表示されます。
  9. ソフトウェア インストール ] を右クリックし、 プロパティ を実行します。
  10. [ ファイルの拡張子 ] タブをクリックし、 ファイル拡張子の選択 リストで公開されているパッケージの自動インストールをトリガーする拡張機能を実行。 たとえば、[.dot を] をクリックします。
  11. [OK ] をクリックして閉じてから、グループ ポリシー スナップイン。
  12. [ [OK] をクリックして終了、Active Directory ユーザーとコンピューター スナップイン。
  13. パッケージをテストするには、以下の手順を実行します。 これを行うには、次の手順に従います。

    : Word または Office XP を発行することでを選択して .dot ファイル拡張子の選択 リスト、グループ ポリシーを構成したとき、次の手順が前提とします。

    .dot 公開されたパッケージのインストールをトリガーするファイルの拡張子として選択する目的は、たとえば専用です。 ここでは、.dot 拡張子が別のプログラムに関連付けられていないして、Office XP インストールが開始されます。
    1. Windows 2000 Professional を実行して、パッケージを発行したアカウントを使用している、ワークステーションにログオンします。
    2. [スタート ] をクリックして、 プログラム をポイントし、 [アクセサリ] の順 ] をポイントし、[ ワードパッド ] をクリックします。
    3. ドキュメント ウィンドウで テスト を入力します。
    4. [ ファイル ] の [ 名前を付けて保存 </a0>] をクリックします。
    5. [ 名前を付けて保存 ] ダイアログ] ボックスに、 保存 します。
    6. ワードパッドを終了します。
    7. [マイ ドキュメント フォルダーをダブルクリックします。
    8. [ ツール ] メニューの [ フォルダー オプション ] をクリックします。
    9. [ 表示 ] タブをクリックしてを ファイル拡張子は既知の非表示 チェック ボックスをオフ [ OK] をクリック します。
    10. 保存されたドキュメントを右クリックし、[ 名前を変更 しています。
    11. test.dot を入力して Enter を押します。
    12. クリックして [はい] をファイル名拡張子の変更を確認します。
    13. Test.dot ファイルをダブルクリックします。

      公開されたプログラムのインストールの開始します。

関連情報

グループ ポリシーを使用してソフトウェアを展開する方法の詳細については、以下の「クリック、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
304953ネットワーク経由で Office XP を展開する方法
302430特定のグループにグループ ポリシーを使用してソフトウェアを割り当てる方法
314934グループ ポリシーを使用して Windows 2000 でソフトウェアをリモートでインストールする方法

プロパティ

文書番号: 321713 - 最終更新日: 2007年3月14日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB321713 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:321713
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com