HighPoint ドライバーをインストールすると、復元ポイントを作成することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 322246
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

コンピューター上に復元ポイントを作成するのには、システムの復元ユーティリティを使用しようとすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
システムの復元は、復元ポイントを作成できませんでした。コンピューターを再起動し、システムの復元をもう一度実行してください。
いくつかのイベントがイベント ログに記録することがあります。これらのイベントに類似したことがあります。
イベント ソース: SRService
イベント番号: 832
イベント ID: 74
イベントの種類: EVENTLOG_INFORMATION_TYPE
メッセージ: システムの復元の監視すべてのドライブで無効にされました。

イベント ソース: SRService
イベント番号: 836
イベント ID: 73
イベントの種類: EVENTLOG_INFORMATION_TYPE
メッセージ: システムの復元の監視すべてのドライブで有効になっています。

イベント ソース: SRService
イベント番号: 749
イベント ID: 72
イベントの種類: EVENTLOG_INFORMATION_TYPE
メッセージ: システムの復元の監視ドライブの無効にされました。 ドライブ文字.
この問題が発生すると、システムの復元を無効にし、コンピューターを再起動すると復元ポイントを作成する必要があります。ただし、問題、次回に、コンピューターを再起動する再発します。

原因

HighPoint の RAID コント ローラーの種類、HPT370、HPT370A、または HPT372 用の製造元のドライバーがインストールされている場合は、この問題が発生する可能性があります。ドライバー バージョン 2.30 と 2.31、デジタル署名されていないとはこの問題が発生する可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1 の (推奨)

入手して、Windows XP 用に設計されたドライバーをインストールします。

Windows XP の CD-ROM デバイス用のデバイス ドライバーが表示されない場合は、Microsoft Windows Update Web サイトで最新のドライバーを検索します。更新されたドライバーが利用できない場合は、デバイスの製造元の Web サイトでは、参照または製造元更新されたドライバーに問い合わせてください。更新されたドライバーがない場合は、方法 2 の手順を実行します。

方法 2

マイクロソフトによってこのメソッドがテストされていないことに注意してください。ただし、この方法 HighPoint テクノロジによって確認されました。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. コンピューターが、電源の自己テスト (POST) が完了したら、F8 キーを押すし、選択 セーフ モード で、 Windows の詳細オプション メニューです。

    取得中に問題がある場合は、 Windows の詳細オプション メニューは、コンピューターの起動時に f8 キーを繰り返し押します。
  3. 管理者は、またはを持つ任意のアカウントを使ってログオンします。管理者のアクセス許可。
  4. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ %systemroot%\system32\drivers\、し [OK].
  5. で、 ツール メニューをクリックして フォルダー オプション.
  6. クリックして、 ビュー タブします。
  7. 下にあります。 隠しファイルとフォルダーをオンにし、 隠しファイルとフォルダーを表示します。 チェック ボックスします。オフにし、 既知のファイルの種類の拡張子を非表示にします。 チェックオフにする] をクリックして、 保護を非表示にします。オペレーティング システム ファイル (推奨) チェック ボックスします。

    メモこの手順を完了後にこれらの変更を逆にすることができます。
  8. 選択内容を確認するメッセージが表示されたらをクリックします。 [はい].
  9. Hptpro.sys ファイルを探します。ファイルを右クリックし、クリックしてください。 削除.
  10. コンピューターを再起動します。

詳細

詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
302796 Windows XP でシステムの復元のトラブルシューティング
この資料に記載されているサードパーティ ベンダーへの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/vendors
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトの会社によって製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 322246 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kberrmsg kbprb kb3rdparty kbmt KB322246 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:322246
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com