SQL Server サポートでは、ハイパー スレッド環境

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 322385 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料で SQL Server をサポートします。ハイパー スレッド環境です。

詳細

コアSQL Server の設計は、ハイパー スレッド環境で完全に機能です。ハイパー スレッド環境を使用している場合は、ただし、その推奨を次の操作を行います。
  • Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) またはそれ以降のサービス パックを実行します。
  • 最新のセキュリティ更新プログラムをインストールします。
Microsoft Windows オペレーティング システムが、論理のハイパー スレッド Cpu は物理 Cpu として表示されます。SQL Server であるため既に高度にスケーラブルな Cpu が SQL Server を使用することができます。複数のプロセッサ。

Microsoft Windows の追加についてハイパー スレッドのサポートは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/system/sysinternals/ht-windows.mspx

注意する必要があります。ハイパー スレッドの導入を検討する際に、次のことを。
  • ライセンス
  • プロセッサ マッピング
  • パフォーマンス
  • インテルの CPU のユーティリティをカウントします。
各項目の詳細については、次に示します。

ライセンス

ハイパー スレッディングを有効にすると、基本的な入力出力システム (BIOS) は、論理と物理 CPU の比率を使用します。現在の実装は 2: 1 の比率を使用しています。2 論理 Cpu 各物理 CPU をしていることを意味します。これらの比率は、将来変更可能性があります。ただし、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 3 (SP3) およびそれ以降のバージョンには比率を処理するために、ライセンスの制限を調整する追加のライセンス コードがあります。たとえば、インストールされている SQL Server の製品コードは、SQL Server 2000 SP3 ビルドを 2: 1 の比率で 4 CPU ライセンスを許可し、以降のビルドを調整し、8 個の Cpu を使用することができます。

SQL をインストールする場合は、サーバー、物理 CPU の数を使用して、SQL Server を処理できるように、比を変換します。アフィニティ マスクオプションを設定すると、SQL Server であるため、論理 CPU 値使用します。すべての Cpu を使用するは、物理プロセッサと同様。

詳細についてはライセンスとサポートされている構成の詳細について、以下を参照してください。Web サイト:
http://www.microsoft.com/sql/howtobuy/default.mspx

プロセッサ マッピング

既定では、SQL Server が論理ユーザー モード スケジュール作成されます。(UMS) スケジューラを序数に基づくプロセッサーの順序に従って。でハイパー スレッドが有効な環境では、Microsoft Windows のすべてのプロセッサになります利用可能な SQL Server プロセスに真の物理プロセッサと同様。A論理および物理プロセッサのマッピングの例を以下に示しますテーブルです。

プロセッサ マッピング テーブル 1
元に戻す全体を表示する
論理物理
00
11
22
33
40
51
62
73
ここでは別のプロセッサ マッピング サンプルです。

プロセッサマッピング テーブル 2
元に戻す全体を表示する
論理物理
00
10
21
31
42
52
63
73
いずれかのマッピングは、SQL Server に許容されます。ただし、注意が必要SQL Server が予期せずに制限する状況を作成しないようにします。複数の物理 Cpu を使用するが予想される場合の物理 CPU。

を予想される物理的に変更するには、SQL Server のアフィニティ マスク オプションを使用できます。プロセッサの使用率。これを行うには、プロセッサのマッピングの表 1 を参照してください。場合は、アフィニティマスクが 00010001 で、プロセッサ 0 およびプロセッサ 4 の論理を使用しています。使用されているプロセッサは、#0、サンプル物理プロセッサにマップされます。これは、結果、論理の両方をサポートしている 1 つの物理プロセッサ使用中プロセッサの 2 つの物理プロセッサではなく。このような状況を場合します。パフォーマンスが低下します。

アフィニティ マスクを組み合わせてを使用することができます。オプションと IO 関係マスクのスタートアップ パラメーターの既定値を変更するには動作します。詳細については、アフィニティ マスク オプションまたは IOアフィニティ マスクのスタートアップ パラメーター、SQL Server オンライン ブックを参照してください。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
298402SQL に設定する方法サーバの I/O アフィニティ オプション
警告アフィニティを確立するときは、注意を使用します。簡単にことができます。アフィニティが正しくを同一の物理プロセッサを使用していない構成します。別の物理的な使用を意図したとき、2 つの論理プロセッサをサポートします。プロセッサ。

パフォーマンス

ハイパー スレッド環境のパフォーマンスによって異なります。控えめなテスト SQL Server ワークロードの 10 〜 20% 向上を示しました、アプリケーションのパターンに大きな影響をしていません。あります。一部のアプリケーションの増加のパフォーマンスを利用して表示されません。ハイパー スレッドの。物理プロセッサは既に飽和するを使用する場合論理プロセッサは、実際に達成する作業負荷を削減できます。

を例では、高レベルの競合の可能性があります原因を削減するアプリケーションハイパー スレッド環境でのパフォーマンス。テストすることをお勧めしてアプリケーションを徹底的には、ハイパー スレッド環境を提供することを確認するのにはパフォーマンスと同等の購入することを得ること物理 Cpu。ハイパー スレッドに非常に役立つことが、ハイパー ・ スレッディングをことはできません。追加の物理 CPU を交換してください。

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

インテルの Web サイトは良い情報があります。ハイパー スレッディングに関するチュートリアル (インテル ? netburst ? マイクロアーキテクチャー)。をハイパー スレッドをサポートするシステムの詳細についてを参照してください、以下のインテル Web サイト:
http://software.intel.com/en-us/blogs/2009/06/02/intel-hyper-threading-technology-your-questions-answered

http://developer.intel.com


並列処理 (MAXDOP) の最大限度

ハイパー スレッド CPU はマルチプロセッサの物理的な実装は発生しませんする共通の CPU キャッシュ無効化問題について説明します。アプリケーションのワークロード パフォーマンスが向上し、CPU キャッシュの一般的な動作に影響します。アプリケーションの作業負荷とMAXDOPの設定のいくつかのバリエーションをテストすることをお勧めします。以上、使用されている物理プロセッサの数が設定するMAXDOPを使用してパフォーマンスの向上を実現可能性があります。NUMA を使用している場合に、 MAXDOP設定各 NUMA ノードの Cpu の数以下に設定する必要があります。たとえば、2 つの物理プロセッサと論理プロセッサを 4 つのシステムが構成されている場合は、 MAXDOP設定 2 にする必要があります。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2023536 推奨事項とガイドラインを 'の並列処理の最大限度を' 構成オプション

プロパティ

文書番号: 322385 - 最終更新日: 2013年1月18日 - リビジョン: 15.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 64-bit Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2000 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2012 Business Intelligence
  • Microsoft SQL Server 2012 Developer
  • Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2012 Express
  • Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • Microsoft SQL Server 2012 Web
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
キーワード:?
kbinfo kbmt KB322385 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:322385
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com