Exchange Server でメッセージ サイズの制限を設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 322679 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Exchange 2000 Server および Microsoft Exchange Server 2003 で設定することができるさまざまなメッセージ サイズの制限について説明します。また、これらの制限の設定方法についても説明します。

: グローバル設定で [送信メッセージ サイズ] または [受信メッセージ サイズ] のいずれかのサイズ制限を構成している場合、送受信両方の電子メール メッセージに、より厳しい制限が適用されます。

詳細

メッセージのサイズ制限は、さまざまな設定によって決まり、ユーザーごとに異なる設定を行うことができます。Exchange 2000 または Exchange 2003 の組織、特定のコネクタ、特定の仮想サーバーおよび個々のユーザーの設定をカスタマイズすることができます。

制限よりもサイズの大きいメッセージを送信すると、送信者に、以下の例のような配信不能レポート (NDR) が届くことがあります。

このメールは、受信者全員または一部に届きませんでした。

件名 : Test
送信日時 : 2002/07/18 14:40
以下の受信者にメールが配信できませんでした :
Test Recipient 2002/07/18 14:41
このメッセージのサイズが現在のシステムに設定されている制限値よりも大きいか、または受信者のメールボックスがいっぱいです。メッセージの本文を短くするか、または添付ファイルを削除し、再度送信してください。
<server.domain.com #5.2.3>

グローバル設定

この設定では、Exchange 2000 組織におけるメッセージの最大サイズを指定します。メッセージには、受信メッセージ、送信メッセージおよび内部メッセージが含まれます。

グローバル設定を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャを起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[Microsoft Exchange] の順にポイントし、[システム マネージャ] をクリックします。
  2. [グローバル設定] を展開します。
  3. [メッセージ配信] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [既定] タブをクリックして、グローバル設定を構成します。

コネクタの設定

各コネクタの設定では、そのコネクタ経由でユーザーが送信することができる送信メッセージの最大サイズを制御します。

コネクタの設定を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[Microsoft Exchange] を順にポイントし、[システム マネージャ] をクリックします。
  2. [管理グループ] を展開し、[Administrative Group Name] を展開します。Administrative Group Name は、対象の管理グループの名前です。
  3. [ルーティング グループ] を展開し、[Routing Group Name] を展開します。Routing Group Name は、対象のルーティング グループの名前です。
  4. [コネクタ] を展開し、構成するコネクタを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [コンテンツの制限] タブの [許可するサイズ] で、[次のサイズ (KB) より小さいメッセージのみ] チェック ボックスをオンにして、許可するサイズを KB 単位で入力します。

SMTP 仮想サーバーの設定

この設定では、仮想サーバーの通過を許可するメッセージの最大サイズを指定します。仮想サーバーは、ESMTP (Extended Simple Mail Transfer Protocol) の SIZE コマンド動詞 (RFC 1870) を使用してこのサイズ制限を通知します。

: プロトコル サイズの制限は、他の電子メール システムとの境界でメッセージを拒否するためのものです。この制限は、個々のサーバーに対して適用されるものであり、Exchange Enterprise Servers グループ内でメッセージ サイズに制限を設ける方法として使用するためのものではありません。Exchange 2000 または Exchange 2003 を使用する組織内でメッセージ サイズの制限を設定し、制御するには、グローバル設定のメッセージ配信の設定を使用します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
326154 [XADM] 転送レベルでメッセージ サイズの制限を設定すると OAB がレプリケートされない


SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) 仮想サーバーの設定を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] (または [すべてのプログラム])、[Microsoft Exchange] を順にポイントし、[システム マネージャ] をクリックします。
  2. [管理グループ] を展開し、[Your Administrative Group Name] を展開します。Your Administrative Group Name は、対象の管理グループの名前です。
  3. [サーバー] を展開し、[Your Server Name] を展開します。Your Server Name は、対象のサーバーの名前です。
  4. [プロトコル] を展開し、[SMTP] を展開します。
  5. [SMTP Virtual Server Name] を右クリックします。SMTP Virtual Server Name は、SMTP 仮想サーバーの名前です。[プロパティ] をクリックします。
  6. [メッセージ] タブをクリックして、許可する最大サイズを設定します。

ユーザーのメールボックスの設定

この設定では、ユーザーのメールボックスで送受信可能なメッセージの最大サイズを指定します。ユーザーのメールボックスの設定は、メッセージ カテゴライザではなく、インフォメーション ストアによって適用されます。メッセージ サイズが、ユーザーのメールボックスで設定されているメッセージの最大サイズの設定を超過している場合、インフォメーション ストアにより、サイズを超過したメッセージがトランスポートに転送されないように、防止されます。

個々のユーザーのメールボックスの設定を構成するには、以下の手順を実行します。
  1. Active Directory ユーザーとコンピュータ Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを起動し、構成するユーザー アカウントを見つけます。
  2. ユーザー アカウントを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [Exchange 全般] タブをクリックし、[配信の制限] をクリックして、許可する最大サイズを設定します。
: バイナリの添付ファイルまたはその他の 8 ビット データが含まれている場合、ルーティング グループ間およびインターネットへ送信される SMTP メッセージのサイズは、約 30% 増加します。

効果的なサイズ制限の例

例 1

この例では、以下のサイズ制限を構成しています。
  • グローバル設定を 5 MB に設定
  • Exchange SMTP コネクタを 3 MB に設定
  • SMTP 仮想サーバーを 4 MB に設定
  • ユーザーのメールボックスの設定を 2 MB に設定
これらの設定により、Exchange 2000 または Exchange 2003 の組織内のユーザーは、最大 5 MB のメッセージを送受信できます。コネクタを使用する場合は、最大 3 MB のメッセージを送信できます。SMTP 仮想サーバーを使用して送受信されるメールはすべて、4 MB までに制限されます。個々のユーザーは、メールボックスの設定が 2 MB であるため、送受信可能なメッセージが最大 2 MB に制限されます。

例 2

この例では、次のサイズ制限を構成しています。
  • グローバル設定を 2 MB に設定
  • Exchange 2000 SMTP コネクタを 5 MB に設定
  • SMTP 仮想サーバーを 2 MB に設定
  • ユーザーのメールボックスの設定を 3 MB に設定
グローバル設定が 2 MB に設定されているため、Exchange 2000 Server 組織または Exchange Server 2003 組織の既定のグローバル設定を使用するすべてのユーザーは、送受信できるメッセージが最大 2 MB までに制限されます。メールボックスの設定が 3 MB に設定されているユーザーの場合、このグローバル設定が上書きされます。

: すべてのインターネット電子メール メッセージでは、送受信の制限にグローバル設定が使用されます。メッセージ カテゴライザにより、送信者の送信制限および受信者の受信制限が評価されます。例 2 では、ユーザーのメールボックスが 3 MB に設定されているユーザーは、3 MB の送信制限のある他のユーザーからのメッセージを受信することができます。インターネット ユーザーの場合はグローバル設定が適用されるため、送信できるメッセージは 2 MB までです。

プロパティ

文書番号: 322679 - 最終更新日: 2007年11月26日 - リビジョン: 9.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbinfo KB322679
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com