Word での問題のトラブルシューティングには、初心者向けガイド

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 322743 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この記事さまざまなエラー メッセージを解決するために体系的なアプローチを提示し、Microsoft Word での問題。さまざまなエラー メッセージや Word での問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用できます。
  • 手動で
  • Support テンプレートの Troubleshoot Utility を使用する
トラブル シュート ユーティリティを使用して、手順を実行する場合は、手順 1 を開始します。手動の手順を実行する場合は、手順 2 から開始します。

順序での手順を実行するまで、問題が解決されます。

詳細

簡単にほとんどの手順で実行することができます。Support テンプレートを Word を使用する場合の記事。

手順 1: Support テンプレートをインストールします。

このテンプレートは既定の設定で Word を起動するのには容易に名前を変更したり、問題を引き起こしている特定の項目を削除します。

入手して Word Support テンプレートをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
820919起動時または Word 2003 または Word 2002 を使用する場合に発生する問題のトラブルシューティング方法

手順 2: 既定の設定で Word を起動します。

起動時 (または終了) Word をすることができますのいくつかのイベントが発生します。動作および Word のパフォーマンスに影響を与えます。これらのイベントには読み込みが含まれます、いくつかの Windows レジストリ キーの読み取りと、アドインの読み込みテンプレート Normal.dotまた、[スタートアップ] フォルダー内のファイル。

Microsoft Word を起動するのにはSupport テンプレートを使用して既定値は、以下の「サポート技術情報の資料の手順を実行します。
820919 起動時または Word 2003 または Word 2002 を使用する場合に発生する問題のトラブルシューティング方法
Microsoft Word を起動するのには/a スイッチを使用して Word の既定の設定を手動で開始します。/A スイッチで Word を起動するのには、次の手順を実行します。
  1. Winword.exe ファイルを検索します。

    デフォルトでは、このプログラムの Word のバージョンに応じて、次の場所にあります。

    Word 2003
    C:\Program 名 Office\Office11
    Word 2002
    C:\Program 名 Office\Office10
  2. クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  3. で、 と入力して ボックスで、手順 1 で見つかった Winword.exe ファイルのパスを入力します。
  4. 以下になるように、パスを引用符で囲みます。
    「C:\Program 名 Office\Office11\Winword.exe」
  5. で、 と入力して 、ボックスのパス ステートメントの末尾の引用符の後にカーソルを移動します。
  6. スペースを入力し、 /a を入力します。.

    パス ステートメントは次のようにようになります。
    "C:\Program 名 Office\Office11\Winword.exe"/a
  7. クリックしてください。 ].

    メモ /A スイッチを二重引用符を入力する必要があります。/A スイッチを二重の引用符を入力すると、コマンドを実行しようとすると、次のいずれかのようなメッセージが表示されます。
    ファイルが見つかりません 'C:\Program 名 Office\Office11\Winword.exe/a' (またはそのコンポーネントの 1 つ)。パスとファイル名が正しいし、必要なライブラリが使用できるかどうかを確認します。
    Windows が見つけることができません ' C:\Program 名 Office\Office11\Winword.exe/は '。名前を正しく入力したかどうかを確認し、再試行してください。ファイルを検索するのには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
Microsoft Word をデフォルト設定で起動しました。検討します。次のパス。
  • 1 のパス。Word を起動すると、問題が発生した場合は、その行った問題が発生するこの時間に Word を起動するとしますか。
  • パス 2です。Word を終了すると、問題が発生した場合は、終了します。単語のここで。この問題は発生しますか。
  • パス 3。起動すると、通常は問題は発生せずかWord を終了、手順 3 に進みますここで問題の再現をやり直してください。
場合は、応答 まだ問題が発生します。 するにはパス 1または項目 2問題は Windows 環境では、最も可能性の高いです。Windows 環境での問題を特定するのには、Windows を再起動します。クリーンまたはセーフ モードで起動します。手順 2 を繰り返し、問題の再現を試みます。

後、クリーンまたはセーフ モード ブートの Windows は、問題が解決しない場合その既定の設定で Word を起動し、Windows を再インストールする必要があります。単語。問題が再発しない場合は、問題を使用して、コンポーネントです。Windows を起動すると、通常読み込まれます。お問い合わせくださいする必要があります。Microsoft Windows 用の追加のトラブルシューティング手順をサポートします。

詳細についてはクリーン コンピューターの起動は、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックする方法については。
310353Windows XP でクリーン ブートを実行する方法
281770 Windows 2000 用のクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法
267288 Windows Millennium Edition でクリーン ブートを実行する方法
180902 Windows ベースのコンピューターをセーフ モードで起動する方法
場合は、応答 いいえ、問題はないです。これが発生します。項目 1または項目 2に、問題を既定の設定で Word を起動して省略されたアイテムの 1 つです。この問題を解決するのには、いずれかの手順を次の Microsoft サポート技術情報の記事。

トラブル シュート ユーティリティで Support テンプレートを使用する続行するのには、資料のリンクをクリックします。
820919 起動時または Word 2003 または Word 2002 を使用する場合に発生する問題のトラブルシューティング方法
その資料を特定する方法について手順を追って説明されていますコンポーネントが問題の原因です。

手動の方法を使用する続行するのには、資料のリンクをクリックします。
259413 起動時または Word 2000、Word 2002、および Word 2003 の使用時に発生する問題のトラブルシューティング方法

手順 3: 問題を再現しようとしました。

手順 2 で説明されているように Word を起動すると、再現するの問題があります。たとえば、文書を開くし、表示しようとするかどうか問題発生します。
  • 問題が再発する場合は、手順 4 の詳細については. します。トラブルシューティングの手順します、。
  • 問題が再発と、そのコンポーネントの 1 つは、無効になった手順 2 が問題の原因でした。手順を実行する必要があります。以下の「サポート技術情報の文書の 1 つで表示: トラブル シュート ユーティリティで Support テンプレートを使用する続行するのには、資料リンクをクリックします。
    820919 起動時または Word 2003 または Word 2002 を使用する場合に発生する問題のトラブルシューティング方法
    手動の方法を使用する続行するのには、資料のリンクをクリックします。
    259413 起動時または Word 2000、Word 2002、および Word 2003 の使用時に発生する問題のトラブルシューティング方法
    選択した記事の各手順を完了すると、再現します。再度の問題。問題が再発する場合は、次の手順に進みます。場合は、問題再発しない、そのコンポーネントが問題の原因です。

手順 4: 問題の領域を決定します。

それを決定するために、この手順に到達する問題起動時または Word の終了または問題が引き続き発生する場合は発生しませんWord の既定の実行中にドキュメントを作業設定します。

進む前に、次の操作を行います。
  • 他のプログラムでこの問題発生しますか。

    場合は、Word 以外のプログラムで最も発生問題がない単語ではなく、Microsoft Windows のコンポーネントの可能性が高いWindows は、または、バック グラウンドで実行されているソフトウェアの一部。がいくつかのこの資料の解決方法、トラブルシューティングのヒントがあります。Word 以外のエラーの解決に役立つ、この資料の焦点にWord に固有のエラーを解決します。

    詳細についてはWindows で作業すると、次のリソースを参照してください。

    WindowsXP サポート センター。
    http://support.microsoft.com/default.aspx?xmlid=fh%3BEN-US%3Bwinxp
    Windows 2000 サポート センター。
    http://support.microsoft.com/ph/1131
    Windows Millennium Edition のサポート センター。
    http://support.microsoft.com/default.aspx?xmlid=fh%3BEN-US%3Bwinme
  • 特定の文書のみ、現象が変わるか。

    問題が特定のドキュメントに固有である場合、文書が破損している可能性があります。これをテストするのには、新しい文書を作成してを参照してください。かどうか、新しい文書で問題を再現できます。新しいを作成するのにはドキュメントは、次の手順を実行します。
    1. [ファイル] メニューの [新規を] をクリックします。
    2. [新しい文書] 作業ウィンドウで、新しい白紙の文書] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    3. ドキュメントの類似したドキュメント作成します。問題が発生します。
    問題はまた、新しい文書で問題が発生した場合文書の破損には関係ありません。この資料の次のセクションにスキップします。問題のトラブルシューティングを続行します。

    場合は、問題ではないです。新しい文書で発生する可能性は、元の文書が破損している可能性があります。破損しました。ドキュメントが多くの場合、プログラムの仕様の一部ではない動作を表示します。例、改ページ、不適切な文書のレイアウトと書式設定、読み取り不可能な文字の画面では、エラー メッセージの処理中に、システムを読み込むまたは、ファイル、またはその他の異常を表示するときを応答を停止します。プログラムの通常の処理に起因することはできません動作)。この動作の一部をドキュメント以外の要因によって起こる可能性破損しています。

    その他の要因を除外するのには、以下のトラブルシューティングを実行します手順:
    • その他で類似した現象を確認します。ドキュメント。
    • 他のプログラムで同様の現象を参照してください。
    • 文書を別のコンピューターへの移動とその後、現象が再現します。
  • Word で一定の機能を実行すると、問題は発生しますか。

    さらに、問題箇所を特定するにはこの問題が発生したときに何をしているかを定義します。

文書に編集の変更を行うときに問題が発生します。

これを含むいくつかの条件に原因がありますが次の。 ユーザー辞書が破損しているか。

スペースを入力するか、単語の後、ENTER をキーを押すと、バック グラウンドのスペル チェックと文章校正機能で単語を確認しようとします。場合は、バック グラウンドのスペル チェックと文章校正が見つからなかったという単語でメイン辞書、バック グラウンドのスペル チェックおよび文章校正プログラムの検索、カスタムディクショナリ。スペル チェックと文章校正] をクリックし、[スペル チェックの辞書に単語を追加するのには[追加] をクリックすると、その単語を実際にです。ユーザー辞書に追加します。ユーザー辞書が破損している場合スペル チェックと文章校正を実行しようとするとの理由、エラーが発生します。

詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
291176受信は、「ユーザー辞書いっぱいです。単語を追加できませんでした"エラー メッセージでは、Word 2003 および Word 2002 でユーザー辞書に単語を追加する場合

オート コレクト (ACL) ファイルが問題の原因ですか。

スペースを入力するか、押して、背景オート コレクト、スペル チェックまたは文章の単語を修正しようとしました。いくつかの文字の代わりに特殊記号を追加します。オート コレクト リスト (ACL)どの単語またはどの文字を操作し、代わりに何のリストを格納します。それらを。

この ACL ファイルが破損している場合は、問題が発生すると、WordACL ファイルにアクセスしようとしています。この問題を解決するのには、[オート コレクトのバックアップします。コンピューターをリストします。 詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
269006コンピューター間で Word 2002 のオート コレクトの項目を移動する方法

826147 Word 2003 でのコンピューター間で Word のオート コレクトの項目を移動する方法
後、オート コレクト項目のバックアップを探しますコンピューター上の .acl ファイルの一覧。.Acl ファイルの名前を変更して、Word を再起動します。通常の方法です。

注: 個人のオート コレクトの項目を入力できるように .acl ファイルがカスタマイズできます。これらのファイルの名前を変更する場合、行ったすべてのカスタマイズが失われます。そのため、名前を変更し、.acl ファイルは削除しないように推奨します。

問題が解決した場合があります。問題は、破損した ACL ファイルとして識別します。この手順を完了するのには、[ヘルプ] メニューの [アプリケーションの自動修復] をクリックし、いずれかを修復するのには、画面の指示に従いますWord 内の他のエラー。

問題が解決しない場合は、復元を上記のサポート技術情報のいずれかの手順を実行して、オート コレクト リスト「移動の Word のオート コレクト エントリをコンピューター間での単語の記事2002 します。」
または「移動の Word のオート コレクト エントリをコンピューター間での単語2003."
バック グラウンドのスペル チェックと文章校正プログラムが問題の原因ですか。

スペースを入力するか、押して、背景スペル チェックと文章校正入力内容が確認されます。場合は、バック グラウンドスペル チェックと文章校正が見つかったスペル ミスの単語や文法ミスはとして (赤い波線で) を単語入力フラグを設定します。文法上の誤り (緑の波線) を使用します。場合は、スペル チェック ファイルまたは文法ファイルが破損しているは、入力時にエラーが発生する可能性があります。確認するのにはこの問題があるかどうか、バック グラウンドのスペル チェックと文章校正をオフにします。チェッカー ワイプ ()、および、問題の再現を試みます。

無効 (または有効にするのには.バック グラウンドのスペル チェックと文章校正プログラム) は、次の手順を実行します。
  1. 可能な場合は、ドキュメントを開きます。
  2. すぐに、他の操作する前に、オプション[ツール] メニューをクリックします。
  3. [スペル チェックと文章校正] タブをクリックします。
  4. オフにします。 スペル チェックを行うには種類 チェック ボックスと、 入力時に文章を校正を行うチェック ボックスします。
  5. [OK] をクリックし、問題の再現を試みます。
問題が解決した場合、または場合は、上記を実行することはできません。テストは、問題が破損しているスペル チェック ファイルまたは文法ファイルが可能性があります。(校正ツール)。この問題を解決するのには、[ヘルプ] メニューの[アプリケーションの自動して修復を実行します。[アプリケーションの自動修復] を実行した後、バック グラウンドのスペル チェックおよび文章校正を有効にします。

場合この問題を修正しない、手順に従ってトラブルシューティングを続行この資料の「フォントが破損しているよろしいですか?」] セクションで。
[フォントが破損しているか。

作業中に破損したフォントは、無効なページ違反が発生がすることができます。Microsoft Word (または他の Windows プログラムで)。

ドキュメントの場合作業しているときに応答を停止してくださいフォントがどのようなものかを判断するのには文書にし、これらのフォントに基づいた新しい文書に適用Normal.dot テンプレートです。新しい文書で発生する場合は、削減、数のフォントを別の文書に 1 つずついるフォントまで問題の原因です。

:、Tahoma フォントのダイアログ ボックスと Word でメニューの使用および Office。それを起動すると Word がクラッシュした場合は、原因をことがありますが破損した Tahoma フォントです。削除し、Tahoma を再インストールするための手順を実行します。フォントです。

フォントが破損していることが疑われるかした後、実行します。削除し、再インストールするのには、以下の手順します。

: このプロシージャは、フォントをシステムから削除されますする必要があります元のソースからフォントを再インストールします。
  1. すべての Microsoft Office プログラムを終了します。
  2. スタート] メニューの [設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。

    : Windows XP の場合は、 [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. フォントをダブルクリックします。
  4. ドラッグ フォント (またはフォント) に破損している可能性があります。デスクトップ (またはフォント フォルダー以外の場所に)。フォントにします。今「駆除」。設定されている任意のドキュメントフォントを別のフォントが使用されます。
  5. フォント フォルダーを閉じ、通常どおりに Word を再起動します( /aを使用することがなく切り替え) をクリックし、問題の再現を試みます。
問題が解決した場合は、破損したフォントの原因かもしれません。問題。問題を解決するのには、[ヘルプ] メニューの[アプリケーションの自動して修復を実行します。[アプリケーションの自動修復] を実行した後、問題を再現するのにしてください。

: 削除したフォントが別のソフトウェアを付属している場合プログラムを使用する必要がありますフォントを置き換えるには、そのプログラムを再インストール、システムです。
印刷したり、文書を書式設定を変更しようとすると問題が発生します。

印刷するかを確認しようとすると、問題が発生した場合ここは、Word 文書の書式設定の変更を判断することができます。かどうか、問題がプリンター ドライバーまたはビデオ ドライバーで発生します。実行します手順は、Word で問題が解決したかどうかを確認するのには、[テスト。は問題があるかどうかを確認するのには何回かの手順を繰り返す必要があります。プリンター ドライバーやビデオ ドライバーを変更して解決します。

プリンター:

単語は頻繁にプリンター ドライバーを問い合わせますWord の書式設定と文書を印刷するときに必要な情報です。A破損したプリンター ドライバーに無効なページ違反や例外エラーが発生することができます。文書で作業しているときに発生します。

ほとんど非 PostScript PCLプリンター ドライバー問い合わせてファイルと呼ばれる一般的なコア ファイルを使用します。これMicrosoft Fax および汎用/テキストのみが含まれています。使用している場合は、このため、PCL プリンター ドライバー、プリンター ドライバーのトラブルシューティングを行うにし、使用する必要があります。非 PCL プリンター ドライバーをインストールします。

ほとんどの PostScript プリンタードライバーは Pscript.drv ファイルと呼ばれる一般的なコア ファイルを使用します。このため場合、PostScript プリンター ドライバーを使用して、トラブルシューティングを行う、プリンター ドライバーは、非 PostScript プリンター ドライバーをインストールしてください。

詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
291336Word 2002 の第 1 部の印刷の問題のトラブルシューティング方法
291344 Word 2002 (その 2) での印刷の問題のトラブルシューティング方法
第 1 部では、次のトピックが含まれます。
  • 特定のエラー メッセージが表示されることを教えてください。
第 2 部では、次のトピックが含まれます。
  • 特定のドキュメントの印刷を無効にする方法問題
  • 私は試みることができますいくつか他のことを教えてください。
  • その他のトラブルシューティング リソース
  • マイクロソフトのサポート オプション
ビデオ:

単語は頻繁にビデオ ドライバーを問い合わせますWord の書式設定と文書を印刷するときに必要な情報です。ビデオ ドライバーが破損している無効なページ違反、例外エラーが発生することができますかその他の問題。ビデオ ドライバーが原因かどうかを確認するのには、テストとして、問題を Word で互換性のある最小値を設定するには、ビデオ ドライバーを設定します。

ビデオ ディスプレイに関する問題またはエラー メッセージをトラブルシューティングする方法の詳細について開始または Windows XP を使用すると、ビデオ ディスプレイ ドライバーには、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
307960Windows XP で表示上の問題のトラブルシューティング用リソース
ビデオ ディスプレイのトラブルシューティングを行う方法の詳細について起動時または使用時の問題やエラー メッセージは、ビデオ ディスプレイ ドライバーMicrosoft Windows 98 または Microsoft Windows Millennium Edition(Me)、Microsoft サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
127139Windows でのビデオの問題のトラブルシューティング

手順 5: は、問題が解決しない場合の対処方法

この資料の手順で、問題が解決しないかどうかは、Word で発生した、単語・ サポート ・ センターには、次をご覧ください。Microsoft の Web サイト:
http://support.microsoft.com/default.aspx?xmlid=fh%3BEN-US%3Bwd2002

マイクロソフトのサポート オプション

この問題を解決できない場合は、いくつかのサポート オプションです。支援するために使用できます。

すばやく検索自分でオンライン応答します。

Microsoft オンライン サポートを使用して、マイクロソフト サポート技術情報を検索するのにはベースは、その他の技術リソースの迅速で正確な回答。こともできます。検索を制御するのには、サイトをカスタマイズします。

検索を開始するのには、次の Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/support/

マイクロソフト製品のサポート

支援するためにマイクロソフト製品のサポート担当者にお問い合わせください。問題のトラブルシューティングをします。

詳細についてはMicrosoft Word のトラブルシューティングに関するサポートの入手方法をについては、Microsoft wordの [ヘルプ] メニューをクリックし、[テクニカル サポート] をクリックします。

Microsoft ソリューション プロバイダー

Microsoft ソリューション プロバイダーは、独立した組織、テクノロジをビジネス上の問題を解決するために使用する、マイクロソフトと提携してすべてのサイズおよび業界の企業。

Microsoft のソリューションを検索するのにはお住まいの地域で、米国とカナダは、プロバイダーに連絡して、マイクロソフトの営業情報センター (800) 426-9400 にします。米国以外の場合は、各地域の支社にお問い合わせください。会社を検索するには、Microsoft を参照してください。世界のオフィスのウェブサイトのサイトで。
http://www.microsoft.com/worldwide/

プロパティ

文書番号: 322743 - 最終更新日: 2013年4月29日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbtshoot kbdta kbhowtomaster kbmt KB322743 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:322743
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com