Windows 95、Windows 98、および Windows Me でレジストリをバックアップ、編集、および復元する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 322754 - 対象製品
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 95、Windows 98、Windows 98 Second Edition、および Windows Millennium Edition (Me) で、レジストリをバックアップ、編集、または復元する方法を、具体的な手順により説明します。マイクロソフトでは、レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておくことをお勧めします。

レジストリの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明


レジストリのバックアップ

レジストリを編集する前に、編集するレジストリ キーをエクスポートするか、またはレジストリ全体をバックアップします。問題が発生した場合は、この資料の「レジストリの復元」の手順に従い、レジストリを編集する前の状態に復元してください。

レジストリ キーをエクスポートする方法

レジストリ キーを編集する前に、次の手順を実行してレジストリ キーをエクスポートします。

: レジストリ ハイブ全体 (たとえば HKEY_CURRENT_USER ハイブなど) をエクスポートする場合は、以下の手順を使用しないでください。レジストリ ハイブ全体をバックアップする必要がある場合は、レジストリ全体をバックアップしてください。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 編集する値を含むキーに移動し、キーをクリックします。
  4. [レジストリ] メニューの [レジストリ ファイルの書き出し] をクリックします。
  5. [保存する場所] ボックスで .reg ファイルを保存する場所を選択します。[ファイル名] ボックスにファイル名を入力して、[保存] をクリックします。

レジストリ全体をバックアップする方法

Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Me でレジストリ全体をバックアップするには、Windows レジストリ チェッカー ツール (Scanregw.exe) を実行します。 レジストリ全体をバックアップする Windows レジストリ チェッカー ツールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256419 Windows 98 および Windows Millennium Edition でレジストリをバックアップする方法
Windows 95 でレジストリ全体をバックアップするには、レジストリ ファイルを手動でバックアップする必要があります。 Windows 95 でレジストリ ファイルを手動でバックアップする方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
132332 Microsoft Windows 95 のレジストリをバックアップする方法

レジストリの編集

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。 マイクロソフトでは、レジストリを編集する場合、マイクロソフトの文書に記載された手順のみに従うことをお勧めします。レジストリは可能な限り直接編集せず、Windows ユーザー インターフェイスを使用して編集してください。

Windows インターフェイスを使用する

システム設定を変更する場合は、手動でレジストリを編集するのではなく、Windows ユーザー インターフェイスを使用することを推奨します。ただし、レジストリの編集が製品の問題を解決するための最適な方法の場合があります。問題が「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) に記載されている場合は、レジストリを編集する方法に関する順を追った説明が記載されている資料が利用可能です。レジストリの編集では、常に「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の手順に正確に従ってください。

レジストリ エディタを使用する

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。 レジストリの編集には、次の 6 種類の手順が含まれます。
  • キー、サブキーまたは値の検索
  • キーの追加
  • 値の追加
  • 値の変更
  • キーまたは値の削除
  • キーまたは値の名前の変更
キー、サブキー、または値の検索
レジストリのトップ レベルには、5 つの異なるキー (ハイブ) があります。キーの名前は、それぞれ "HKEY" で始まります。たとえば、次のとおりです。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft
技術的には、この例の
HKEY_LOCAL_MACHINE
がキーであり、最初の円記号 (\) より後がすべてサブキーです。レジストリ エディタでは、エクスプローラでフォルダを表示するのと同じ方法で、キーとサブキーを表示することでできます。

キーとサブキーは、レジストリ エディタの左側のウィンドウのフォルダ ツリーに表示されます。左側のウィンドウでキーまたはサブキーをクリックした場合、右側のウィンドウには、値の名前、種類、およびデータについての情報が表示されます。

キーまたはサブキーにサブキーが含まれている場合は、レジストリ エディタの左側のウィンドウでは、エクスプローラと同様に、そのキーのフォルダ アイコンの横に正符号 (+) が表示されます。正符号をクリックした場合、フォルダが展開され、サブキーを表すサブフォルダがその下に表示されます。キーを展開すると、正符号はマイナス記号 (-) に変わります。マイナス記号は、キーが展開されていることを表します。フォルダを折りたたむには、マイナス記号をクリックします。マイナス記号をクリックすると、サブキー フォルダが非表示になり、マイナス記号が正符号に変わります。

上記のレジストリ キーに移動するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
  3. [SOFTWARE] を展開します。
  4. [Microsoft] をクリックします。

    : [Microsoft] サブキーをクリックすると、その中に含まれている異なる値 (サブキーではない) が右側のウィンドウに表示されます。サブキーを表示するには、[Microsoft] を展開します。値を調べるには、値を含むサブキーをクリックして右側のウィンドウに内容を表示します。
キーの追加
上記のレジストリキーに TestSubkey という名前の新しいサブキーを追加するには、次の手順を実行します。
  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
  2. [SOFTWARE] を展開します。
  3. [Microsoft] サブキーをクリックします。
  4. [編集] メニューの [新規] または [新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
  5. TestSubkey と入力して Enter キーを押します。
値の追加
TestSubkey キーに TestDWORD という名前の新しい DWORD 値を追加し、値のデータに 1 を設定するには、次の手順を実行します。
  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
  2. [SOFTWARE] を展開します。
  3. [Microsoft] を展開します。
  4. [TestSubkey] サブキーをクリックします。
  5. [編集] メニューの [新規] または [新規作成] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  6. TestDWORD と入力し、Enter キーを押します。
  7. DWORD 値 [TestDWORD] を右クリックして [変更] をクリックします。
  8. 1 と入力し、[OK] をクリックします。
値の変更
TestSubkey キーの DWORD 値 TestDWORD に対する値のデータを 0 に変更するには、次の手順を実行します。
  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
  2. [SOFTWARE] を展開します。
  3. [Microsoft] を展開します。
  4. [TestSubkey] サブキーをクリックします。
  5. DWORD 値 [TestDWORD] を右クリックして [変更] をクリックします。
  6. 0 と入力し、[OK] をクリックします。
キーまたは値の名前変更
TestSubkey キーの名前を Test に変更するには、次の手順を実行します。
  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
  2. [SOFTWARE] を展開します。
  3. [Microsoft] を展開します。
  4. TestSubkey キーを右クリックして、[名前の変更] をクリックします。
  5. Test と入力して Enter キーを押します。
キーまたは値の削除
TestSubkey キーの DWORD 値 [TestDWORD] を削除するには、次の手順を実行します。
  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE] を展開します。
  2. [SOFTWARE] を展開します。
  3. [Microsoft] を展開します。
  4. [TestSubkey] サブキーをクリックします。
  5. DWORD 値 [TestDWORD] を右クリックして [削除] をクリックします。
  6. [はい] をクリックして、このキーの削除を確認します。
レジストリの編集の関連情報を参照するには、レジストリ エディタで次の手順を実行します。
  1. [ヘルプ] メニューの [トピックの検索] をクリックします。
  2. [目次] タブの [キーまたは値を変更する] をダブルクリックし、参照するトピックをクリックします。トピックは [キーと値を変える]、または [キーおよび値の変更] の場合もあります。

登録エントリ (.reg) ファイルを使用する

必要なレジストリの変更内容を含む登録エントリ (.reg) ファイルを作成し、変更するコンピュータ上でその .reg ファイルを実行します。.reg ファイルは手動またはログオン スクリプトを使用して実行することができます。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
310516 登録エントリ (.reg) ファイルを使用してレジストリ サブキーおよび値を追加、変更、または削除する方法

Windows Scripting Host を使用する

Windows Scripting Host を使用して、オペレーティング システム内で直接 VBScript および JScript スクリプトを実行することができます。レジストリ キーおよびレジストリ値の削除、読み込み、および書き込みを行う Windows Scripting Host メソッドを使用する VBScript および JScript ファイルを作成できます。これらのメソッドの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
RegDelete メソッド
http://msdn.microsoft.com/library/ja/script56/html/wsMthRegDelete.asp
RegRead メソッド
http://msdn.microsoft.com/library/ja/script56/html/wsMthRegRead.asp
RegWrite メソッド
http://msdn.microsoft.com/library/ja/script56/html/wsMthRegWrite.asp


Windows Management Instrumentation を使用する

Windows Management Instrumentation (WMI) は、Microsoft Windows オペレーティング システムのコンポーネントであり、マイクロソフトによる Web-Based Enterprise Management (WBEM) の実装です。WBEM は、企業環境で管理情報にアクセスするための標準テクノロジの開発で業界を先導しています。WMI を使用して、企業環境での管理タスク (レジストリの編集など) を自動化することができます。Windows 上にエンジンがあり、Microsoft ActiveX オブジェクトを操作するスクリプト言語で WMI を使用することができます。

WMI の関連情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa394582.aspx

レジストリの復元

レジストリ キーを復元する方法

エクスポートしたレジストリ キーを復元するには、この資料の「レジストリ キーをエクスポートする方法」で保存した .reg ファイルをダブルクリックします。

レジストリ全体を復元する方法

Windows 98、Windows 98 Second Edition、または Windows Me でレジストリ全体を復元するには、MS-DOS から Windows レジストリ チェッカー ツール (Scanreg.exe) を実行します。 MS-DOS からレジストリを復元するために Windows レジストリ チェッカー ツールを使用する情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
221512 Windows 98 または Windows Me のレジストリを手動で復元する方法
Windows 95 でレジストリ全体をバックアップするには、この資料の「レジストリ全体をバックアップする方法」で保存したレジストリ ファイルを手動でバックアップする必要があります。 Windows 95 でレジストリ ファイルを手動でバックアップする方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
132332 Microsoft Windows 95 のレジストリをバックアップする方法

関連情報

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
132332 Microsoft Windows 95 のレジストリをバックアップする方法
221512 Windows 98 または Windows Me のレジストリを手動で復元する方法
183887 Windows レジストリ チェッカー ツール (Scanreg.exe) について
245412 以前のレジストリを復元すると、エラー メッセージ "システムの復元に失敗しました。" が表示される場合がある
220878 エラー メッセージ : システムの復元に失敗しました。
187680 Scanreg.exe で /Fix または /Restore を使用すると "メモリ不足" エラーが表示される
182841 レジストリのバックアップがレジストリ チェッカー ツールに表示されない
184023 レジストリ チェッカー ツールのコマンド ライン スイッチ
273889 Windows Me のレジストリ チェッカー ツール (Scanreg.exe) の変更点
250410 Windows 98/95 のレジストリ ファイルについて
273894 サポートされていないレジストリのバックアップと復元の方法によりレジストリが壊れることがある
201655 エラー メッセージ : 状態の良いレジストリの復元 - 完了
183603 レジストリ チェッカー ツールの設定をカスタマイズする方法
131431 レジストリ エラーをトラブルシューティングする方法

プロパティ

文書番号: 322754 - 最終更新日: 2007年4月23日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Second Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbhowtomaster KB322754
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com