[HOWTO] Windows 2000 で固定ユーザー プロファイルを割り当てる方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323368 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 2000 ドメイン内の Windows 2000 ベースのクライアント コンピュータに、固定ユーザー プロファイルを割り当てる方法について手順を追って説明します。

固定ユーザー プロファイルとは、管理者によって設定が事前に構成されたユーザー アカウントです。固定ユーザー プロファイルを使用する場合、ユーザーはプロファイルを変更できますが、コンピュータからログオフしたときに、変更がプロファイルの場所に保存されることはありません (変更は残りません)。次にコンピュータにログオンすると、元の固定プロファイルがコンピュータに読み込まれます。

Windows 2000 で固定ユーザー プロファイルを割り当てる方法

Windows 2000 で固定ユーザー プロファイルを割り当てるには、以下に記載した手順を実行します。

手順 1 : プロファイルを作成する

  1. ドメイン コントローラで、固定プロファイルを作成するユーザーまたはグループと同じアクセス許可を持つ、テンプレート ユーザー アカウントを作成します。
  2. テンプレート ユーザー アカウントを使用して、ワークステーション コンピュータにログオンします。

    ユーザー プロファイルが、ローカル コンピュータの Drive:\Documents and Settings\User_name フォルダに自動的に作成されます。
  3. ショートカット、表示、[スタート] メニューに表示するオプションなど、プロファイルのデスクトップ設定をカスタマイズします。
  4. コンピュータからログオフします。

手順 2 : 作成したプロファイルを共有フォルダにコピーする

この資料の「手順 1 : プロファイルを作成する」で作成したユーザー プロファイルを共有ネットワーク フォルダにコピーします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ネットワークで固定プロファイルの格納先とする共有フォルダ (C:\Profiles\Mandatory など) を作成し、このフォルダを共有します。たとえば、次の共有を作成します。
    \\Server_name\mandatory
  2. プロファイルを割り当てるユーザーまたはグループに、少なくとも読み取りと実行のアクセス許可を割り当てます。
  3. ワークステーション コンピュータから管理者としてドメインにログオンします。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  5. [システム] をダブルクリックし、[ユーザー プロファイル] タブをクリックします。
  6. [このコンピュータに格納されているプロファイル] ボックスの一覧で、この資料の「手順 1 : プロファイルを作成する」で作成したプロファイルをクリックし、[コピー先] をクリックします。
  7. [プロファイルのコピー先] ボックスで、手順 1. で作成した共有への汎用名前付け規則 (UNC) パスを入力します (たとえば、\\server_name\mandatory と入力します)。
  8. [使用を許可するユーザー/グループ] の [変更] をクリックし、固定ユーザー プロファイルのユーザーをクリックし、[OK] をクリックします。コピーを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  9. Windows 2000 Server ベースのコンピュータで、エクスプローラを起動し、コピーしたプロファイルを含む共有フォルダを検索します。

    このフォルダには Ntuser.dat というファイルが含まれています。
  10. Ntuser.dat のファイル名を Ntuser.man に変更します。

手順 3 : 固定ユーザー プロファイルを割り当てる

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] をクリックします。
  2. 設定を変更するユーザー アカウントを含むコンテナを検索します。
  3. 右側のウィンドウで、構成するユーザー アカウントを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [プロファイル] タブをクリックします。
  5. [プロファイル パス] ボックスで、割り当てるプロファイルの場所を入力します。

    場所の入力には、次の UNC 形式を使用します。Server_name はプロファイルが格納されているコンピュータの名前、Share_name は固定プロファイルを含む共有フォルダです。
    \\Server_name\Share_name
  6. [OK] をクリックします。
  7. ワークステーション コンピュータから、固定プロファイルを割り当てたアカウントを使用してドメインにログオンし、テストを行って、プロファイル設定が正常に適用されたことを確認します。

関連情報

Windows 2000 でのユーザー プロファイルの使用方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
302082 [HOW TO] 移動ユーザー プロファイルを作成する方法
305709 [HOW TO] カスタマイズしたデフォルトのユーザー プロファイルを作成する方法
314045 [HOW TO] Windows 2000 でユーザー プロファイルを復元する方法
228445 Windows 2000 におけるユーザー プロファイルの格納

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 323368 (最終更新日 2003-09-19) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 323368 - 最終更新日: 2004年6月16日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
キーワード:?
kbhowtomaster KB323368
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com