Windows Server 2003 のドメインでネットワークを経由して共有フォルダに接続する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323386 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows Server 2003 ドメイン内のコンピュータ上にある共有フォルダに接続する方法を手順を追って説明します。Windows Server 2003 を実行しているコンピュータは、セキュリティおよび管理を中央で処理するドメイン環境で使用することも、スタンドアロンのコンピュータとして使用することもできます。Windows Server 2003 を実行しているコンピュータがスタンドアロン コンピュータとして構成されている場合、ワークグループ内の他のスタンドアロン コンピュータに接続することができます。他のコンピュータに接続する主な目的の 1 つは、ネットワーク経由でのファイルとフォルダの共有です。

この資料では、ネットワーク プロトコルとして TCP/IP を使用していることを前提にしています。

ネットワーク共有フォルダへの接続

フォルダを共有すると、他のコンピュータ上のユーザーが、ネットワーク経由で共有フォルダに接続できます。共有フォルダに接続すると、以下の操作を行えます。
  • ファイルを開く
  • ファイルの保存
  • ファイルの削除
  • フォルダの作成、変更、および削除
  • その他のタスクの実行
実行できる操作は、ユーザーに与えられたアクセス許可のレベルによって異なります。別のコンピュータ上の共有フォルダを開くには、以下の方法があります。
  • マイ ネットワーク
  • UNC (汎用名前付け規則)
  • 割り当て済みネットワーク ドライブ

[マイ ネットワーク] による共有フォルダへの接続

  1. [マイ ネットワーク] を開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックし、[その他] の [マイ ネットワーク] をクリックします。またはエクスプローラを起動して、[マイ ネットワーク] をクリックします。
  2. [ネットワーク全体] をクリックします。
  3. [Microsoft Windows Network] をダブルクリックし、[DomainName] をクリックします。DomainName は所属しているドメインの名前です。
  4. [ComputerName] をダブルクリックします。ComputerName は、アクセスするファイルが保存されたコンピュータの名前です。

    そのコンピュータ上にある共有フォルダおよびプリンタの一覧が表示されます。
  5. アクセスする共有フォルダをダブルクリックします。

    使用中のユーザー アカウントにこの共有フォルダへのアクセス許可がある場合は、その共有フォルダのサブフォルダおよびファイルを参照できます。これらのサブフォルダやファイルに対して行える操作は、アカウントに与えられているアクセス許可のレベルによって異なります。

UNC 形式による共有フォルダへの接続

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、以下の UNC 形式を使用して共有名を入力します。 ComputerName は接続するコンピュータの名前、ShareName はそのコンピュータの共有フォルダの名前です。
    \\ComputerName\ShareName
  3. [OK] をクリックします。

    ユーザー名とパスワードの入力を求められた場合は、このコンピュータへのアクセスに使用するユーザー名とパスワードを入力します。

    共有フォルダの内容が表示されます。

割り当て済みネットワーク ドライブによる共有フォルダへの接続

  1. エクスプローラを起動します。
  2. [ツール] メニューの [ネットワーク ドライブの割り当て] をクリックします。
  3. [ドライブ] ボックスで、割り当てるドライブに使用するドライブ文字をクリックします。コンピュータで現在使用しているドライブ文字は使用できません。
  4. [フォルダ] ボックスに、以下のような UNC (Universal Naming Convention) 形式を使用し、接続する共有の名前を入力します。 ComputerName は接続するコンピュータの名前、ShareName はそのコンピュータの共有フォルダの名前です。
    \\ComputerName\ShareName
    また、共有フォルダのサブフォルダにドライブを割り当てることもできます。次に例を示します。
    \\ComputerName\ShareName\SubfolderName
    または、[参照] をクリックして、接続先コンピュータ、そのコンピュータ上の共有フォルダ、(必要に応じて) その共有フォルダにあるサブフォルダを検索することもできます。

  5. [完了] をクリックします。

共有フォルダへの接続に関する注意事項

  • デフォルトでは、次回ログオン時に割り当て済みドライブへの再接続が試行されます。次回ログオン時に割り当て済みドライブに再接続しない場合 (たとえば、割り当てたドライブを現在のログオン セッションでのみ使用する場合) は、[ログオン時に再接続する] チェック ボックスをオフにします。
  • デフォルトでは、現在使用しているログオン資格情報を使用してリモート コンピュータに接続します。別の資格情報を使用する場合は、[異なるユーザー名で接続します] をクリックして、ネットワーク リソースに接続するための適切なユーザー名およびパスワードを入力します。
  • 割り当てたネットワーク ドライブは、コンピュータ上にある他のすべてのドライブと同様に、エクスプローラの [フォルダ] ウィンドウに表示されます。共有フォルダ内のファイルには、割り当てたドライブ文字を使用して、コンピュータにインストールされている任意のプログラムからアクセスできます。

トラブルシューティング

コンピュータ名でサーバーに接続できない

[名前] ボックスに \\computername と入力したとき、ネットワーク パスが見つからないことを示すエラー メッセージが表示されることがあります。この問題は、ネットワーク接続や名前解決に関連する多数の問題が原因で発生している可能性があります。

以下の手順を実行し、使用中のコンピュータがネットワーク上で通信できるかどうかを調べます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. コマンド プロンプトで ping ComputerName と入力します。 ComputerName は接続するコンピュータの名前です。入力後、Enter キーを押します。以下のいずれかが応答として表示されます。
    • Unknown Host または Ping request could not find host : この応答は、入力したコンピュータ名からコンピュータの IP アドレスを特定できないことを示します。使用中の WINS サービスおよび DNS サービスの構成を確認し、これらのサービスを使用してコンピュータ名を IP アドレスに変換できるようにします。
    • 接続先コンピュータの IP アドレスの後に "Request timed out" メッセージが 4 回表示される : この応答は、名前解決は機能していますが、リモート コンピュータと通信できないことを示します。使用中のコンピュータと通信先のコンピュータ間にネットワーク接続の問題 (ケーブルの破損や切断、またはハブやスイッチに関する問題など) がないかどうかを調査します。使用中のコンピュータまたは接続先コンピュータのいずれかで IP アドレスの構成に問題がある場合もあります。
    • 接続先コンピュータの IP アドレスの後に "Reply from IP Address" メッセージが 4 回表示される : この応答は、2 台のコンピュータ間で TCP/IP 通信が機能していることを示します。接続先コンピュータで Server サービスが実行されているかどうかを調べます。

[マイ ネットワーク] に接続先コンピュータが表示されない

[マイ ネットワーク] のデータは、ネットワーク上のコンピュータからの定期的な通知に依存しているブラウザ サービスから収集されます。[マイ ネットワーク] に接続先コンピュータが表示されない場合、そのコンピュータが最近再起動された可能性があります。そのため、コンピュータが参照リストに表示されないことがあります。参照リストが自動的に更新されるまで待つか、この資料の前半に記載した他の方法を使用してリモート コンピュータに接続します (通常、参照リストは数分で更新されます)。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 323386 (最終更新日 2004-07-15) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 323386 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 6.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, 64-Bit Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
キーワード:?
kbhowtomaster kbfile kbmgmtservices KB323386
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com