Windows Server 2003 でワークグループに DHCP サーバーをインストールして構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323416 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、スタンドアロン サーバーに Windows Server 2003 ベースの新しい DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サーバーを構成して、ネットワーク上のクライアント コンピュータの IP アドレスや他の TCP/IP の構成設定を一元的に管理する方法を、順を追って説明します。

DHCP サービスをインストールする

DHCP サービスを構成する前に、サーバーに DHCP サービスをインストールする必要があります。デフォルトでは、DHCP は Windows Server 2003 Standard Edition または Windows Server 2003 Enterprise Edition の標準インストール時にはインストールされません。Windows Server 2003 の初期インストール中または初期インストールの完了後に DHCP をインストールできます。

既存のサーバーに DHCP サービスをインストールする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントして、[プログラムの追加と削除] をクリックします。
  2. [プログラムの追加と削除] ダイアログ ボックスで、[Windows コンポーネントの追加と削除] をクリックします。
  3. Windows コンポーネント ウィザードで、[コンポーネント] の一覧の [ネットワーク サービス] をクリックし、[詳細] をクリックします。
  4. [ネットワーク サービス] ダイアログ ボックスで、[動的ホスト構成プロトコル (DHCP)] チェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。
  5. Windows コンポーネント ウィザードで、[次へ] をクリックしてセットアップを開始します。コンピュータの CD-ROM ドライブまたは DVD-ROM ドライブに Windows Server 2003 CD-ROM を挿入するように指示されたら、その指示に従います。コンピュータに DHCP サーバー ファイルおよびツール ファイルがコピーされます。
  6. セットアップが完了したら、[完了] をクリックします。

DHCP サービスを構成する

DHCP サービスをインストールして開始したら、スコープを作成する必要があります。スコープとは、ネットワーク上の DHCP クライアント コンピュータにリースできる、有効な IP アドレスの範囲です。マイクロソフトは、環境内の他の DHCP サーバーのスコープと重複しないスコープを、環境内の各 DHCP サーバーに最低 1 つ設定することを推奨します。Windows Server 2003 では、承認されていない DHCP サーバーがオンラインになるのを回避するために、Active Directory ベースのドメイン内の DHCP サーバーを承認する必要があります。承認されない Windows Server 2003 DHCP サーバーは、クライアントを管理しません。

新しいスコープを作成する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[管理ツール] を順にポイントして、[DHCP] をクリックします。
  2. コンソール ツリーで、新しい DHCP スコープを作成する DHCP サーバーを右クリックし、[新しいスコープ] をクリックします。
  3. 新しいスコープ ウィザードで、[次へ] をクリックし、スコープの名前と説明を入力します。スコープの名前にはどのような名前でも指定できますが、ネットワーク上でスコープの目的を識別できるようなわかりやすい名前にすることをお勧めします (たとえば、"Administration Building Client Addresses" などの名前を使用できます)。[次へ] をクリックします。
  4. このスコープの一部としてリース可能なアドレスの範囲を入力します (たとえば、開始 IP アドレス 192.168.100.1 から終了 IP アドレス 192.168.100.100 までの IP アドレスの範囲を使用します)。これらのアドレスはクライアントに指定されるため、すべてがネットワークに対して有効なアドレスで、現在使用されていないアドレスである必要があります。別のサブネット マスクを使用する場合、新しいサブネット マスクを入力します。[次へ] をクリックします。
  5. 指定した範囲から除外する IP アドレスを入力します。ここには、手順 4. で指定した範囲のアドレスの中で、組織内のさまざまなコンピュータに既に静的に割り当てられている可能性のあるアドレスを指定します。通常、ドメイン コントローラ、Web サーバー、DHCP サーバー、DNS (Domain Name System) サーバーなどのサーバーには、IP アドレスが静的に割り当てられています。[次へ] をクリックします。
  6. このスコープからの IP アドレスのリース期間を入力します。ここでは、日数、時間数、分数を入力します。これにより、クライアントがリース済みアドレスのリース期間を更新せずに、アドレスを保持できる期間を決定します。[次へ] をクリックし、[今すぐオプションを構成する] をクリックします。ウィザードの指示に従い、最も一般的な DHCP オプションを設定します。[次へ] をクリックします。
  7. このスコープからの IP アドレスを取得するクライアントが使用するデフォルト ゲートウェイの IP アドレスを入力します。[追加] をクリックして、一覧にデフォルトのゲートウェイのアドレスを追加し、[次へ] をクリックします。
  8. ネットワーク上で DNS サーバーを使用している場合、[親ドメイン] ボックスに組織のドメイン名を入力します。DNS サーバーの名前を入力し、[解決] をクリックして、DHCP サーバーが DNS サーバーに接続でき、そのアドレスを特定できることを確認します。[追加] をクリックして、DHCP クライアントに割り当てられる DNS サーバーの一覧にそのサーバーを含めます。[次へ] をクリックします。WINS (Windows インターネット ネーム サービス) サーバーを使用している場合、DNS サーバーの場合と同じ手順を実行して、そのサーバーの名前と IP アドレスを追加します。[次へ] をクリックします。
  9. [今すぐアクティブにする] をクリックして、スコープをアクティブにし、クライアントがそのスコープからのリースを取得できるようにします。[次へ] をクリックします。
  10. [完了] をクリックします。
  11. コンソール ツリーでサーバー名をクリックし、[操作] メニューの [承認] をクリックします。

トラブルシューティング

ここでは、ワークグループ内に Windows Server 2003 ベースの DHCP サーバーをインストールして構成するときに発生する可能性のある、いくつかの問題のトラブルシューティング方法について説明します。

クライアントが IP アドレスを取得できない

DHCP クライアントが構成済みの IP アドレスを取得していない場合、通常、クライアントが DHCP サーバーに接続できなかったことを示します。この現象は、ネットワークの問題が存在する場合や、DHCP サーバーが利用できない場合に発生することがあります。DHCP サーバーが開始されており、他のクライアントが有効なアドレスを取得できる場合、クライアントのネットワーク接続が有効であること、および関連するすべてのハードウェア デバイス (ケーブルやネットワーク アダプタなど) が正常に機能していることを確認します。

DHCP サーバーが利用できない

DHCP サーバーがクライアントにアドレスをリースしない場合は、通常、DHCP サービスが開始されないことが原因です。この場合、サーバーがネットワーク上での動作を許可されていない可能性があります。以前は DHCP サービスを開始できたにもかかわらず、現在は停止している場合、イベント ビューアを使用して、DHCP サービスを開始できない理由を示すエントリをシステム ログで確認します。

DHCP サービスを再開するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. cmd と入力し、Enter キーを押します。
  3. net start dhcpserver と入力し、Enter キーを押します。
または
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル]、[管理ツール] を順にポイントして、[コンピュータの管理] をクリックします。
  2. [サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。
  3. [DHCP Server] を見つけてダブルクリックします。
  4. [スタートアップの種類] が [自動] に設定されていること、および [サービスの状態] が [開始] に設定されていることを確認します。設定が異なる場合、[開始] をクリックします。
  5. [OK] をクリックし、[コンピュータの管理] ウィンドウを閉じます。

関連情報

Windows Server 2003 の DHCP の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
169289 DHCP (動的ホスト構成プロトコル) の基本事項
167014 DHCP クライアントが DHCP 割り当て IP アドレスを取得できない
133490 DHCP ネットワークでの IP アドレスの重複による競合の問題を解決する
263217 DHCP Server がデフォルトゲートウェイ、DNS サーバーに不正な設定をする

プロパティ

文書番号: 323416 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 7.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbnetwork KB323416
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com