Windows Server 2003 でネットワーク アダプタの IP アドレスを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323444 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、ネットワーク アダプタに割り当てられた IP (Internet Protocol) アドレスの変更方法について説明します。ネットワークに DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サーバーが存在する場合は、IP アドレスが自動的に割り当てられます。また、IP アドレスを指定することもできます。

ネットワーク アダプタに割り当てられた IP アドレスの変更方法

  1. Administrator アカウントを使用してコンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をポイントして、[ネットワーク接続] をダブルクリックします。
  3. 変更するローカル エリア接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [この接続は次の項目を使用します] ボックスの [インターネット プロトコル (TCP/IP)] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。[インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. 状況に応じて、以下のいずれかの手順を実行します。

IP アドレスを自動的に取得する方法

次の手順では、DHCP サーバーから IP アドレスを取得するようにコンピュータを構成します。この場合、DHCP サーバーが存在する必要があります。
  1. [IP アドレスを自動的に取得する] をクリックします。
  2. DNS (ドメイン ネーム システム) サーバーの IP アドレスを指定しない場合には、[DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。[ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  4. [ローカル エリア接続の状態] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  5. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  6. [名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  7. コマンド プロンプトで、ipconfig /release と入力し、Enter キーを押します。
  8. ipconfig /renew と入力し、Enter キーを押します。

    DHCP サーバーから IP アドレスがネットワーク アダプタに割り当てられ、以下のようなメッセージが表示されます。
    Windows Server IP Configuration

    Ethernet adapter ローカル エリア接続:

    Connection-specific DNS Suffix . : dns.microsoft.com
    IP Address . . . . . . . . . . . : 192.168.0.201
    Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
    Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.0.1
  9. exit と入力して Enter キーを押すと、コマンド プロンプトが終了します。

IP アドレスの指定方法

IP アドレスをネットワーク アダプタに割り当てるには、次の手順を実行します。
  1. ネットワーク アダプタの IP アドレスを指定する場合は、[次の IP アドレスを使う] をクリックします。
  2. [IP アドレス] ボックスで、ネットワーク アダプタに割り当てる IP アドレスを入力します。この IP アドレスはネットワークで利用できるアドレスの範囲内で、一意である必要があります。ネットワーク管理者に連絡し、ネットワークで有効な IP アドレスのリストを取得します。
  3. [サブネット マスク] ボックスに、ネットワークのサブネット マスクを入力します。
  4. [デフォルト ゲートウェイ] ボックスに、使用中のネットワークを他のネットワークやインターネットに接続する、ネットワーク内のコンピュータまたはデバイスの IP アドレスを入力します。
  5. [優先 DNS サーバー] ボックスで、ホスト名を IP アドレスに解決するコンピュータの IP アドレスを入力します。
  6. [代替 DNS サーバー] ボックスに、優先 DNS サーバーが利用できなくなった場合に使用する DNS コンピュータの IP アドレスを入力します。
  7. [OK] をクリックします。[ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  8. [ローカル エリア接続の状態] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。

トラブルシューティング

  • IP アドレスが競合している : 既に使用されている IP アドレスを割り当てようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    今構成された静的 IP アドレスは、既にネットワーク上で使われています。別の IP アドレスに構成し直してください。
    この場合、ネットワーク アダプタに未使用の IP アドレスを割り当てます。
  • コンピュータがネットワーク上の他のコンピュータに接続できない : ネットワーク アダプタに不適切なサブネット マスク アドレスを割り当てた場合、コンピュータは実質的に異なるネットワークに配置されるため、ネットワーク内の他のコンピュータに接続できません。
  • コンピュータからホスト名を使用して他のコンピュータに接続できない : 指定した DNS サーバーの IP アドレスが間違っている場合、または DNS サーバーを使用していない場合には、ホスト名を使用してコンピュータに接続することはできません。このため、インターネットの参照はできなくなりますが、IP アドレスを使用して他のコンピュータに接続することはできます。

    ローカル ネットワークでこの問題を回避するには、Hosts ファイル内にホスト名から IP アドレスへのマッピングを追加します。



プロパティ

文書番号: 323444 - 最終更新日: 2007年12月3日 - リビジョン: 7.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition
キーワード:?
kberrmsg kbhowtomaster kbnetwork KB323444
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com