[HOW TO を作成してする、メタ データのアセンブリを使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323491 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではアセンブリがどのようなメタ データについて説明しますありどのようなシナリオでに使用します。 ここでは nowrappedproxy フラグを使って、Soapsuds ツールを使用して、メタ データ アセンブリを生成する方法についても説明します。

要件

次のとおりの推奨されるハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク インフラストラクチャ、および必要なサービス パックです。
  • Visual Studio .NET
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS)
この資料は、次のトピックについて詳しい知識のあるユーザーを対象としています:
  • Visual Studio .NET
  • Microsoft .NET フレームワーク
  • Microsoft .NET リモート処理

メタ データのアセンブリとは

メタ データのアセンブリは .NET Framework アセンブリのみのメタ データと型情報を含むです。 メタ データのアセンブリは COM では、タイプ ライブラリに似ていますが、メタ データのアセンブリが、実装コードを含まない。

分散クライアント アプリケーションと連携のクライアント アプリケーションをリモート プロキシを作成し、そのリモート プロキシを使用して別のコンピューターに常駐が、実際のアセンブリのメソッドを呼び出すには、十分な情報を格納するメタ データ アセンブリ展開できます。

単純な .NET ベースのコンポーネントから、メタ データのアセンブリを生成する方法を次のガイドに示します。

簡単な .NET Framework コンポーネントを作成します。

  1. Visual Studio。 NET、 ファイル ] メニューの [ 新規作成 ] をクリックして、[ プロジェクト ] をクリックします。 [ プロジェクトの種類 ] で Visual C# プロジェクト をクリックします。 [ テンプレート ] の [ クラス ライブラリ ] をクリックします。
  2. MyRemoteComp 名前 を変更する [ OK] をクリック します。

    クラス ライブラリ プロジェクトが作成されます。 デフォルトで Class1.cs MyRemoteComp 名前空間で クラスのクラス 1 が作成されます。
  3. コードをコピーして貼り付けます、次で Class1 :
    public string SayHello(string sName)
    {
        return "Hi, " + sName;		
    }
    					
  4. [ ビルド ] の [クラス ライブラリをビルドする ソリューションのビルド ] をクリックします。 アセンブリを MyRemoteComp.dll と呼びます。

Soapsuds ツールを使用して、メタ データのアセンブリを生成するには

ここでは、Soapsuds ツール (発生) を使用する方法について説明しのメタ データ アセンブリを作成するには nowrappedproxy フラグ。 前の手順で作成した単純なアセンブリ ファイルが入力として使用します。
  1. [ スタート ] メニューの [ プログラム ] をポイントし、 Visual Studio .NET の Microsoft Visual Studio .NET のツール 、[ Visual Studio .NET コマンド プロンプト ] をクリックします。
  2. [Visual Studio .NET コマンド プロンプト] は、単純なクラス ライブラリ アセンブリを作成したディレクトリに変更します。 既定では、アセンブリは、project \bin\debug ディレクトリには。 コマンドの dir を入力し、ファイル一覧に MyRemoteComp.dll という名前のアセンブリが表示されることを確認します。
  3. アセンブリに対しての Soapsuds ツールを実行します。 これを行うには、次コマンドを入力 (1 つのコマンド ライン) などに、Visual Studio .NET コマンド プロンプト。

    soapsuds.exe - inputassemblyfile:myremotecomp
    -outputassemblyfile:myremotecomp.metaonly.dll - nowrappedproxy


    Myremotecomp.metaonly.dll という名前の 2 番目、アセンブリ.dll があるようになりました。 これは、メタ データのアセンブリです。
このメタ データ アセンブリ リモート クライアントの開発と展開に使用できます。 リモート クライアントを開発する場合、実装コードを含むアセンブリに参照の代わりにこのメタ データのアセンブリに参照追加します。 Visual Studio .NET で開発している、次の手順の参照を追加するに従います。
  1. [ プロジェクト ] メニューの [ 参照の追加 ] をクリックします。
  2. 参照] をクリックして、メタ データのアセンブリを検索し、 ファイルを開く

    [ 選択されたコンポーネント ] の下にアセンブリが表示されます。
  3. [ OK] をクリックします。
ここで参照でき、クライアント コードで、クラスを使用します。

nowrappedproxy の代替を使用

クライアントはコンパイルした後、またメタ データのアセンブリを使用できます。 このシナリオには、元の入力アセンブリと同じ名前を持つメタ データ アセンブリ ファイルを生成する必要があります。 これを行うには、(1 つのコマンド ライン) として次のコマンドに、Visual Studio .NET コマンド プロンプトを入力して Soapsuds ツールを実行します。

soapsuds.exe - inputassemblyfile:myremotecomp
-outputassemblyfile:metaonly/myremotecomp.dll - nowrappedproxy


このコマンドはディレクトリ project \bin\debug\metaonly] で、新しいメタ データのアセンブリ ファイルを作成し、新しいメタ データのアセンブリ ファイル、入力アセンブリ ファイルと同じ名前を示します。 この新しいファイルにわかりやすい名前を付けて、一時的に展開する前に、ファイルを操作するときにすると便利です。 新しいメタ データ アセンブリを配置すると、元の名前に名前が変更します。

この新しいアセンブリが、元の入力アセンブリに対して既にコンパイルされているリモート クライアントに展開できます。 この配置構成、クライアント アプリケーションのアセンブリの読み込み時に、クライアントが、元のアセンブリ ファイルを名前で探しましていますが、クライアントと同じ名前のメタ データのアセンブリを検索します。 クライアントのみのメタ データと型情報をメタ データのアセンブリはこの目的のために十分なリモート メソッドを呼び出すアセンブリ ファイルに含まれるが必要とします。

トラブルシューティング

  • 発生コマンドを実行するときに含めないファイル名拡張子.dll 入力アセンブリ ファイルを指定すると確認します。
  • 関連情報」を参照として記載されているマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) 記事に記載の発生の引数省略形使用できます。
  • 生成された後に出力アセンブリ ファイルの名前を変更するときは注意が必要です </a0> をあります。 同様、任意の .NET Framework アセンブリ、.dll ファイルの名前は、メタ データの一部です。 アセンブリの名前のメタ データに表示される名前と異なる場合に読み込まれた場合は、エラーが発生します。

関連情報

Soapsuds ツールの詳細についてには次 MSDN Web サイトを参照してください。
Soapsuds Tool (Soapsuds.exe)
関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
323490情報: リモート処理クライアントが ASP.NET アプリケーションまたは、クライアントが IIS によってホストされているを別のリモート コンポーネントと .NET リモート処理を構成します。

プロパティ

文書番号: 323491 - 最終更新日: 2004年4月22日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio .NET 2003 Professional Edition
  • Microsoft Visual Studio .NET 2002 Professional Edition
  • Microsoft .NET Framework 1.1
  • Microsoft .NET Framework 1.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB323491 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:323491
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com