ユーザー名マッピングに関連する可能性と、Nfssvr によってログに記録されますイベント ID 1003 メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323722
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ユーザー名マッピング サービスの UNIX コンポーネントなどの Windows サービス クライアントで NFS サーバには NFS、ゲートウェイ NFS の場合、およびその他のコンポーネントを操作するようです。すべてのファイル構成ユーザー名マッピング正しくでも匿名アクセス許可を使用して執筆中です。

さらに、NFS 用サーバーを実行している場合、次のイベント ID メッセージがシステム ログに記録される可能性があります。
イベントの種類: 警告
イベント ソース: NfsSvr
イベント ID: 1003年
説明:
マッピング情報ユーザー名マッピングから取得できませんでした。別の試行は 30 分後に行われます。
メモ: この問題が発生するは、リモート サーバー上でユーザー名マッピングを実行している場合です。ただし、(ダッシュ [-] で表されます)、負のエントリが存在をするの。Maphosts ファイル、この問題は発生しません。

原因

ネットワーク ファイル システム (NFS) プロトコルで使用される認証メカニズムがホスト コンピューター間の信頼関係に基づいています。つまり、クライアント コンピューターが信用できるものとして認識するようにサーバーが構成されているため、NFS サーバー ユーザー識別子 (Uid) とグループ識別子 (Gid) は、特定のクライアント コンピューターからを受け入れます。

ユーザー名マッピング、NFS サーバーと NFS クライアントは UNIX ホストおよび Windows ベースのコンピューターを含むネットワーク上の仲介として機能します。NFS のクライアントとホスト コンピューター間の暗黙的な信頼関係を維持するには、どのコンピューターがユーザー名マッピングにアクセスして NFS ネットワーク上の信頼されたホストとして機能を制御する必要があります。

ユーザー名マッピングにアクセスできるコンピューターを制御するには、編集をします。Maphosts ファイルに、 Windows_Services_for_UNIX_folder\Mapper フォルダーは、ユーザー名マッピングを実行しているサーバーの。このファイルにエントリを追加すると、簡単に許可またはユーザー名マッピングを他のコンピューターのアクセスを拒否します。場合は、します。Maphosts ファイルがあるが、ない空、アクセス ファイルに含まれているエントリをユーザー名マッピングにアクセスできる許可するコンピューターのみ。場合は、します。Maphosts ファイルがあるが (唯一のコメントは既定のテキストですが)、ホストのエントリを含まない、ユーザー名マッピングにアクセスできるユーザー名マッピングを実行しているコンピューターでのみです。このサービスは、他のコンピューターではアクセスできません。場合は、します。Maphosts ファイルがない、ユーザー名マッピング コンピューターにアクセスできないなどのコンピューターは、ユーザー名マッピングを実行です。

解決方法

この問題を解決するには、編集をします。Maphosts ファイルに、 Windows_Services_for_UNIX_folder\Mapper ユーザー名マッピング サーバー上のフォルダーにします。

メモ: ボックスの一覧で要素に対して要求を行うコンピューターのユーザー名マッピングと一致する場合は、は、一致が見つかるまで、上から下へ検索します。したがって、エントリの順序は重要です。

編集するのには。Maphosts ファイルに、次の要素を追加します。
  • ホスト: ユーザー名マッピングにアクセスできる 1 つまたは複数のコンピューターを指定するのには、この要素を使用します。インターネット プロトコルを使用して、ホストを指定することができます。(IP) アドレス (IP version 4) またはとして解決されるホスト名1 つまたは複数の IP アドレスを指定します。
  • ホスト-: この要素へのアクセスが拒否される 1 つまたは複数のコンピューターを指定する. します。ユーザー名マッピングします。として IP ホストを指定することができます。アドレス (IP version 4) またはホスト名を解決するには1 つまたは複数の IP アドレスを指定します。以上を使用する必要がありますに注意してください。「ホスト」と、ハイフン (-) の間の空白スペースを 1 つ。
  • プラス記号 (+) : プラス記号 (+) はユーザーのすべてのコンピューターにアクセスできることを指定します.以前のエントリ] ボックスの一覧で、アクセスが拒否される場合は、マッピングを名前します。すべてのこの要素以降の一覧のエントリは無視されます。
  • ダッシュ (-): ダッシュ (-) のみが、以前のエントリによって許可される場合を除きすべてのコンピューターがユーザー名マッピングに拒否されますを指定するのに使用します。リストです。この要素以降の一覧のエントリのすべてください。無視されます。

プロパティ

文書番号: 323722 - 最終更新日: 2011年7月27日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB323722 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:323722
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com