[HOWTO]、UNIX から Windows への移行でネットワークの設定を構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323955 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは異なる構成可能なパラメーターを 1 つのインターフェイスの複数の IP アドレスの設定およびセキュリティと TCP/IP フィルタリングを UNIX の構成に関連するすべての設定を含む、ネットワーク パラメーターを設定可能なについて説明します。

基本的な TCP/IP のパラメーターを設定します。

Windows はの個々 のインターフェイスの TCP/IP 設定をインターフェイスを選択してそのプロパティを構成する設定します。 これは、UNIX の下か、または/etc/hosts、/etc/netmask、/etc/defaultgateway、対応する値を設定して、 Ifconfig ユーティリティを使用パラメーターの設定に似ています。

TCP/IP のパラメーターを設定。
  1. 管理者レベルのアカウントを使用して、NIS コンピューターのサーバーにログオンします。
  2. [マイ ネットワーク] を右クリックし、 プロパティ を実行します。
  3. 構成するインターフェイスを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  4. このインターフェイスでのプロトコルのサポート、ドライバーが表示されます。 [ インターネット プロトコル (TCP/IP) ] をクリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. ネットワーク上には、このコンピューターに対して一意では、コンピューターの IP アドレスを入力あり、この IP アドレスはこのインターフェイス上でコンピューターに接続に使用されるプライマリ IP アドレスをなければ。
  6. このインターフェイスの IP アドレスを使用するサブネット マスクを入力します。
  7. このインターフェイスのデフォルト ゲートウェイの IP アドレスを入力します。
  8. このインターフェイスで使用する DNS サーバーの IP アドレスを入力します。
  9. これら TCP/IP 設定を受け入れるには、 [OK] をクリックします。
  10. インターフェイスのプロパティを [OK] をクリックします。
構成されている新しい、設定をすぐに利用できます。

その他の IP アドレスの構成

追加の IP アドレスを IP ベースの仮想 Web サーバーに対して許可するには、特定の物理インターフェイス カードを構成する UNIX で一般的です。 これらは通常、UNIX の下、 ifconfig コマンドを使って構成されます。

追加の IP を構成するには、特定のインターフェイスのアドレスします。
  1. 管理者レベルのアカウントを使用して、Web サーバー コンピューターにログオンします。
  2. [マイ ネットワーク] を右クリックし、 プロパティ を実行します。
  3. 構成するインターフェイスを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  4. このインターフェイスでのプロトコルのサポート、ドライバーが表示されます。 [ インターネット プロトコル (TCP/IP) ] をクリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. プロパティの詳細設定] ウィンドウを開くには、 [詳細設定] をクリックします。
  6. [ IP 設定 ] をクリックします。
  7. [ IP アドレス ] の 追加 のクリックして、追加の IP アドレスとサブネット マスクを入力します。
  8. 必要な多くの IP アドレスの追加を続けます。
  9. 高度な TCP/IP 設定を確定 [OK] をクリックします。
  10. これら TCP/IP 設定を受け入れるには、 [OK] をクリックします。
  11. インターフェイスのプロパティを [OK] をクリックします。
構成されている新しい、設定をすぐに利用できます。

IP セキュリティの構成

有効 TCP/IP 通信をセキュリティで保護された、ネットワーク インターフェイス上にするにする必要があります有効にするインターフェイスのプロパティの IP セキュリティ。

IP セキュリティの構成。
  1. 管理者レベルのアカウントを使用して、Web サーバー コンピューターにログオンします。
  2. [マイ ネットワーク] を右クリックし、 プロパティ を実行します。
  3. 構成するインターフェイスを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  4. このインターフェイスでのプロトコルのサポート、ドライバーが表示されます。 [ インターネット プロトコル (TCP/IP) ] をクリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. プロパティの詳細設定] ウィンドウを開くには、 [詳細設定] をクリックします。
  6. [ オプション ] をクリックします。
  7. IP セキュリティ をクリックし、 プロパティ を実行します。
    • IP セキュリティ無効にするには、[ が使用して IPSec の作業 ] をクリックします。
    • クライアントによるセキュリティを有効にするには、[ クライアント (応答のみ) ] をクリックします。
    • セキュリティで保護された通信を有効には、セキュリティで保護された要求に応答しないクライアントに対して適用されずの [ サーバー (セキュリティが必要) </a0>] をクリックします。
    • セキュリティで保護された通信をすべての通信をセキュリティで保護されたことがあり、セキュリティで保護されていない通信は許可されていませんを有効にするに セキュリティで保護されたサーバーの (セキュリティが必要) ] をクリックします。
  8. IP セキュリティ設定を受け入れるに [OK] をクリックします。
  9. 高度な TCP/IP 設定を確定 [OK] をクリックします。
  10. TCP/IP の設定を受け入れるには、 [OK] をクリックします。
  11. インターフェイスのプロパティを [OK] をクリックします。

TCP/IP フィルタリングを構成します。

TCP、UDP を制限することがありますされ、IP プロトコルが受け入れ。 UNIX で、[この情報は、inetd または xinetd デーモンを通じて、tcpwrapper などのセカンダリをラッパー経由またはを通じて構成ファイアウォールまたは IP プロトコルのフィルター。

Windows でこのパラメーターを構成: する
  1. 管理者レベルのアカウントを使用して、Web サーバー コンピューターにログオンします。
  2. [マイ ネットワーク] を右クリックし、 プロパティ を実行します。
  3. 構成するインターフェイスを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  4. このインターフェイスでのプロトコルのサポート、ドライバーが表示されます。 [ インターネット プロトコル (TCP/IP) ] をクリックして [ プロパティ ] をクリックします。
  5. プロパティの詳細設定] ウィンドウを開くには、 [詳細設定] をクリックします。
  6. [ オプション ] をクリックします。
  7. [ TCP/IP フィルタリング を、] をクリックし、 プロパティ を実行します。
  8. TCP/IP フィルタリングを有効にする をクリックします。
  9. [ TCP または UDP IP プロトコル ] の [ すべて許可 するには任意のプロトコルを有効に </a0>] または [ のみを許可する ] に記載されているプロトコルのみを受け入れるようクリックします。
  10. 承認済み一覧には、プロトコルを追加するには、、適切な見出しの下の [ 追加 ] をクリックします。 プロトコル番号] を入力して [ OK] をクリックします。
  11. [OK] を TCP/IP 設定をフィルター処理を受け入れるをクリックします。
  12. 高度な TCP/IP 設定を確定 [OK] をクリックします。
  13. TCP/IP の設定を受け入れるには、 [OK] をクリックします。
  14. インターフェイスのプロパティを [OK] をクリックします。


関連情報

サーバー、または複数のサーバーを UNIX から Windows への移行を準備する方法の詳細についてをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
323970[HOW TO を UNIX から Windows への移行の対象サーバーを準備します。









プロパティ

文書番号: 323955 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbmt KB323955 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:323955
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com