UNIX から Windows への移行用の PHP をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323962 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

PHP、HTML ページに直接スクリプト可能な要素を埋め込むプリプロセッサ、HTML が使用できます。 PHP は動的な Web サイトを開発するとき Perl または Python の代替として通常使用されます。 この資料で入手して、PHP をインストールする方法について説明します。

PHP の配布パッケージを選択します。

PHP は 2 つの別の配布パッケージで利用できます。
  • A Zip パッケージ : このパッケージには CGI ベースの PHP スクリプトのサポートおよびインターネット インフォメーション サービス (IIS) ではサポートされている ISAPI システムのサーバー API の拡張機能が含まれます。 このパッケージも付属インターフェイスに対する組み込みサポート、MySQL データベースと完全な一連の拡張機能を追加しています。
  • インストーラー パッケージ : このパッケージに CGI ベースの PHP スクリプトおよび MySQL のサポートが含まれています。 このパッケージには、ISAPI および追加の外部の拡張機能のサポートは含まれません。 ただし、まっすぐ前方インストーラー パッケージのインストールは詳細です。
常に最新バージョンのパッケージを使用するを選択します。 PHP をダウンロードするには、次の PHP Web サイトを参照してください。
http://www.php.net

郵便番号パッケージから PHP をインストールします。

  1. WinZip または類似したプログラムを使用してには、郵便番号パッケージを展開します。
  2. 適切な場所 (一般的な場所は C:\PHP) が抽出されるフォルダーをコピーします。
  3. パッケージに同梱されている Install.txt ドキュメント指示に従います。

    : は、レジストリを直接編集する手順の一部必要があるため手順従う場合は注意してください。

インストーラー パッケージから PHP をインストールします。

  1. ダウンロードしたインストール パッケージをダブルクリックします。
  2. [ 次へ </a0>] をクリックします。
  3. 使用許諾契約書を読み、[クリック 同意 使用許諾契約書に同意してインストールを続行します。

    ライセンスで同意しない場合は、インストールを終了する [キャンセル] をクリックします。
  4. [ 次へ] 標準 または [詳細設定] に、インストール方法の選択をクリックします。

    : 迅速、標準のインストールを完了することができますが、高度なインストールを使用している場合はインストール プロセス中に上書きが通常ファイルのバックアップ コピーを作成、インストール プロセスをカスタマイズできます。 PHP の以前のインストールを更新する場合は、高度なインストールを使用することを推奨します。

[詳細設定インストールを続行

  1. 使用または 参照 をファイルをブラウザーから場所を選択] をクリックするインストール フォルダーの場所を入力し、[ 次へ] しています。
  2. インストール中に上書きされますをし、[ 次へ] </a0> をクリックして、ファイルをバックアップする場合、 [はい] をクリックします。

    [はい] </a0> をクリックした場合 参照 をバックアップするファイルの場所を選択をクリックします。
  3. ファイルをアップロードするか、[ 参照] </a0> としているファイルが、アップロードされるようにし、[ 次へ] </a0> をクリックして場所を選択] をクリックしてたいフォルダーの場所入力します。
  4. セッション データを格納するを使用または 参照] をクリックしてこの情報は、のフォルダーの場所を選択しフォルダーの場所を入力し、[ 次へ] しています。
  5. インターネット プロトコル (IP) アドレスまたは電子メール メッセージを送信、電子メール メッセージの送信に使用される電子メール アドレスを入力し、[ 次へ] </a0> をクリックしたときに使わは簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーの名前を入力します。
  6. いずれか次のエラー、PHP のドキュメントを処理し、[ 次へ] </a0> をクリックしてながらを使用するレポートのレベルを選択する設定をクリックします。
    • すべてのエラー、警告および通知を表示 : すべての潜在的な問題が記録されます。
    • すべてのエラーと警告を表示 : 一般的なエラーのみが記録されます。
    • 表示エラー : エラーのみが記録されます。
  7. PHP を構成しサーバーの種類を選択し、 次へ]

    : PHP は自動的に構成 IIS を使用します。
  8. ファイル名拡張子、IIS サーバーは、PHP ドキュメントとして識別してし、[ 次へ] </a0> をクリックすることを選択します。
  9. に PHP をインストールするをクリックします。

    PHP の処理を構成する Web サーバーを選択要求する必要があります。 その場合は、PHP、設定したい Web サーバーをクリックし、 [OK]

標準インストールを続行します。

  1. 使用または 参照 をファイルをブラウザーから場所を選択] をクリックするインストール フォルダーの場所を入力し、[ 次へ] しています。
  2. インターネット プロトコル (IP) アドレスまたは電子メール メッセージを送信、電子メールの送信に使用される電子メール アドレスを入力し、[ 次へ] </a0> をクリックしたときに使わが SMTP サーバーの名前を入力します。
  3. PHP を構成しサーバーの種類を選択し、 次へ]

    PHP は自動的に構成 IIS を使用します。
  4. に PHP をインストールするをクリックします。

    PHP の処理を構成する Web サーバーを選択要求する必要があります。 その場合は、PHP、設定したい Web サーバーをクリックし、 [OK]


関連情報

UNIX から Windows への移行のためにサーバーを準備する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
323970[HOW TO を UNIX から Windows への移行の対象サーバーを準備します。









プロパティ

文書番号: 323962 - 最終更新日: 2014年2月27日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbhowtomaster kbmt KB323962 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:323962
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com