IIS の最初の Web サイトを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 323972 - 対象製品
すべてのユーザーは、Microsoft Windows Server 2008 で実行されるインターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 にアップグレードすることを強く推奨します。IIS 7.0 は、Web インフラストラクチャのセキュリティを大幅に強化します。IIS のセキュリティ関連トピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc753734.aspx
IIS 7.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.iis.net/
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Apache からの移行準備のために、必要最小限の手順を使用して、インターネット インフォメーション サービス (IIS) の最初の Web サイトを構成する方法について説明します。

既定の Web サイトの構成

IIS は、インストールすると既定の Web サイトとして機能するようにあらかじめ構成されます。しかし、場合によっては、設定のいくつかを変更する必要があります。以下に示すのは、設定ファイルを使用して初めて Apache を設定するために必要な手順をエミュレートしながら、Web サイトの基本設定を変更するための手順です。
  1. 管理者として Web サーバー コンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [管理ツール] をダブルクリックし、[インターネット サービス マネージャー] をダブルクリックします。
  4. 左側のウィンドウで、構成する Web サイトまたはフォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [Web サイト] タブをクリックします。
  6. [説明] ボックスに Web サイトの説明を入力します。
  7. Web サイトに使用する IP (Internet Protocol) アドレスを入力するか、既定の設定である [(未使用の IP アドレスすべて)] を変更せずに使用します。
  8. TCP (Transmission Control Protocol) ポートを必要に応じて変更します。
  9. [ホーム ディレクトリ] タブをクリックします。
  10. ローカル コンピューター上のフォルダーを使用するには、[このコンピューターにあるディレクトリ] をクリックし、[参照] をクリックして、使用するフォルダーを検索します。
  11. ネットワーク上の他のコンピューターで共有されているフォルダーを使用するには、[他のコンピューターにある共有ディレクトリ] をクリックし、ネットワーク パスを入力するか、[参照] をクリックして共有フォルダーを選択します。
  12. [読み取り] チェック ボックスをオンにして、フォルダーへの読み取りアクセス許可を設定します (必須)。
  13. [OK] をクリックして、Web サイトのプロパティを適用します。

新しい Web サイトの作成

Apache で新しい Web サイトを作成するには、仮想ホストを設定し、そのホストに関する個別の設定を構成する必要があります。IIS を使用する場合、次の用語を IIS の対応する用語に読み替えることによって、新しい Web サイトを作成できます。
元に戻す全体を表示する
Apache の用語IIS の用語
DocumentRootWeb サイトのホーム ディレクトリ
ServerNameホスト ヘッダー
ListenIP アドレスと TCP ポート
IIS で Web サイトを作成する手順は、次のとおりです。
  1. 管理者として Web サーバー コンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントします。次に、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. [管理ツール] をダブルクリックし、[インターネット サービス マネージャー] をダブルクリックします。
  4. [操作] メニューの [新規作成] をポイントし、[サイト] をクリックします。
  5. Web サイトの作成ウィザードが起動したら、[次へ] をクリックします。
  6. Web サイトの説明を入力します。

    この説明は、Web サイトを識別するために、インターネット サービス マネージャーの内部でのみ使用されます。
  7. サイトで使用する IP アドレスを指定します。

    [(未使用の IP アドレスすべて)] をクリックした場合、Web サイトはすべてのインターフェイスとすべての構成済みの IP アドレスでアクセス可能になります。
  8. サイトを公開する TCP ポート番号を入力します。
  9. ホスト ヘッダー名 (このサイトにアクセスするために使用する実際の名前) を入力します。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. Web サイトのコンテンツが保存されているフォルダーへのパスを入力するか、[参照] をクリックしてフォルダーを選択します。[次へ] をクリックします。
  12. Web サイトのアクセス許可を設定し、[次へ] をクリックします。
  13. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

関連情報

Unix から Windows への移行のためにサーバーを準備する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
323970 [HOWTO] Unix から Windows へ移行する場合の移行先サーバーの準備

ネットワーク インターフェイスに追加の IP アドレスを設定する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
323955 [HOWTO] Unix から Windows へ移行する場合のネットワーク設定の構成方法
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 323972 - 最終更新日: 2014年1月8日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowtomaster KB323972
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com