UNIX から Windows への移行用に Client for NFS をインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324055 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ファイルの転送に FTP (File Transfer Protocol) ではなく NFS (Network File System) を使用すると、既存の UNIX サーバーから Windows ベースのサーバーへのファイルの移行が簡単になる場合があります。Client for NFS を使用すると、UNIX ホストに従来どおりアクセスできます。この機能を利用することにより、長期間にわたる移行作業を簡単に実行できます。

: 1 台のコンピュータに Client for NFS と Gateway for NFS をインストールすることはできません。ただし、Gateway for NFS を使用すると、コンピュータが NFS クライアントのように動作し、下位の Windows ベースのクライアントから NFS リソースにアクセスできます。

コマンド ラインを使用して Client for NFS をインストールする

Windows Services for UNIX 3.0 は、Windows インストーラを使用してインストールされます。このため、コマンド ラインを使用して製品のモジュールを個別にインストールできます。Windows Services for UNIX の以前のバージョンのコンポーネントが既にインストールされている場合は、これらのコンポーネントをインストールのコマンド ラインの addlocal パラメータに、コンマ (,) で区切って追加する必要があります。コマンド ラインに追加しない場合、Client for NFS をインストール中にこれらの製品は削除されます。

Client for NFS をコマンド ラインからインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者権限を持つアカウントを使用して、Windows コンピュータにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  3. Windows Services for UNIX 3.0 の CD を CD ドライブに挿入します (この例では D ドライブです)。
  4. コマンド プロンプトで、以下のコマンドを実行して Client for NFS をインストールします。
    msiexec /I D:\sfusetup.msi /qb addlocal="NFSClient" [sfudir="install path"]
    : デフォルトのインストール パスは \SFU です。
  5. プロダクト キーをコマンド ラインに追加するには、PidKey=key を追加します。key は 25 文字のプロダクト キーです。
  6. Windows 2000 または Windows XP を実行している場合は、コンピュータを再起動する必要はありません。
  • グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) を使用できない telnet プロンプトでインストールを実行する場合、またはスクリプトを使用する場合は、ユーザーによる操作を不要にする以下のコマンド ラインを実行してインストールします。
    msiexec /I D:\sfusetup.msi /q addlocal="NFSClient" [sfudir="install path"]
  • Windows Services for UNIX の一部のコンポーネントで問題が発生することを避けるため、Windows Services for UNIX をインストールするフォルダのパスに空白文字を含めないでください。デフォルトでは \SFU にインストールされます。
  • 前述した msiexec コマンドの addlocal パラメータでは、大文字と小文字、および空白文字の有無が区別されます。この資料に記載されているとおりにコマンドを実行しなかった場合、インストールは成功しません。
  • 使用している UNIX サーバーで PCNFS デーモン (PCNFSD) が実行されておらず、認証に NIS (Network Information Service) が使用されていない場合、Windows Services for UNIX PCNFS サーバーをインストールする必要があります。 Services for UNIX PCNFS サーバーをインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    324084 UNIX ネットワークで Windows クライアントをサポートするために PCNFS サーバーをインストールする方法
  • マイクロソフトでは、UNIX と Windows のユーザー名を互いに関連付けるために、少なくとも 1 つユーザー名マッピング サービスをネットワークにインストールすることをお勧めします。 ユーザー名マッピング サービスのインストールと構成の方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    324073 ユーザー名マッピング サービスを構成する方法
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) ベースまたは Microsoft Windows XP ベースのコンピュータに Microsoft Windows Services for UNIX 3.5 をインストールする場合、[targetdir="install path"] コマンドを使用して代替のインストール パス (D:\programs\SFU など) を指定することはできません。デフォルトでは、Windows Services for UNIX 3.5 は %systemdrive%\SFU フォルダにインストールされます。Windows Services for UNIX 3.5 を別の場所にインストールするには、[sfudir="install path"] コマンドを使用します。 スクリプトを使用して Windows Services for UNIX 3.5 のパスワード同期コンポーネントをドメイン コントローラにインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    891768 ユーザー名マッピング サービスを構成する方法

関連情報

UNIX から Windows へのデータ移行のための準備の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
324538 UNIX から Windows への移行中に Web サイトのデータを移行する方法

プロパティ

文書番号: 324055 - 最終更新日: 2006年9月8日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6a
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows Services for UNIX 3.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows Services for UNIX 3.5
キーワード:?
kbhowtomaster KB324055
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com