[HOW TO 共有フォルダーのフォルダーのセキュリティを設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 324067 - 対象製品
Notice
この資料では Windows 2000 に適用されます。 Windows 2000 のサポートは 2010、7 月 13日終わるWindows 2000 End-of-Support Solution Center は Windows 2000 から移行戦略の計画の開始点です。 詳細については、Microsoft Support Lifecycle Policy</a0>」を参照してください。
Notice
この資料では Windows 2000 に適用されます。 Windows 2000 のサポートは 2010、7 月 13日終わるWindows 2000 End-of-Support Solution Center は Windows 2000 から移行戦略の計画の開始点です。 詳細については、Microsoft Support Lifecycle Policy</a0>」を参照してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Web サイトの情報を保持するために使用される Windows フォルダーのアクセス権を共有を設定する方法について説明します。 アクセス許可が他のユーザーがネットワーク ファイル システム (NFS) またはサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有上で、ファイルをアクセスする方法に影響が、ユーザーがファイルとフォルダー インターネット インフォメーション サービス (IIS) にアクセスする方法には影響しません。

UNIX のアクセス許可を Windows に変換します。

ほとんどの UNIX プラットフォームでは、その、単純なユーザー/グループ/他とは、読み取り/書き込み/実行の組み合わせを使用して特定のファイルまたはフォルダーのアクセス許可を設定するのには。 たとえば、読み取り可能で、全員が、ユーザーとグループの所有者のみが書き込み可能になるように上のファイル アクセス許可を設定することができます。 いくつか特定動作は UNIX で、たとえば、ユーザーのみ内容 (またはファイルとフォルダーの一覧) 実行アクセス許可を持つフォルダーにアクセスできます。 また、UNIX 実行アクセス許可ビット ファイルを実行できるようにこれらのファイル識別されます。 UNIX のファイルをバイナリ ファイルとして認識すると、ファイルをネイティブ バイナリとして実行されます。 ファイルをテキスト ファイルの場合は、UNIX どのプログラムを使用して、ファイルを実行するかどうかを確認するのには、最初の行に検索されます。

Windows のモデルは少し異なるです (ただし、基本概念は同じです)。 Windows の [ファイルとフォルダーの読み取りができるし、書き込みのアクセス許可をこれらのアクセス許可許可を明示的に個々 のユーザーまたはグループのユーザーの代わりに、所有者、グループの所有者、または全員が。 明示的に許可またはこのユーザーまたはグループにこのアクセス許可を拒否するかどうかを選択することもできます。 このモデルは、一部の UNIX バリエーションによって使用される、アクセス制御リスト (ACL) モデルに似ています。 さらに、Windows は、特定のアクセス許可を使用してユーザー アクセス フォルダーの内容にできるようにします。 Windows は、ファイルを実行アクセス許可を使用しません。 Windows では、ファイル名の拡張子を使用して (スクリプト ファイルを含む)、ファイルを実行できるかどうかを決定します。

アクセス許可に変換するための基本的な規則を次に示します。
  • UNIX でフォルダーに対する 読み取り アクセス許可を Windows での 読み取り アクセス許可と同じです。
  • フォルダーに UNIX に対する 書き込み アクセス許可は、書き込み アクセス許可では、Windows と同じです。
  • UNIX のファイルの 読み取りと実行 のアクセス許可は、の読み取りと実行と同じです。 では、Windows のアクセス許可。
  • UNIX のファイルに対する 書き込み アクセス許可の 変更"アクセス許可と同じです。
  • 実行 のアクセス許可をフォルダーに UNIX 上では、Windows フォルダーのの内容の一覧表示 アクセス許可と同じです。
  • 読み取り書き込み実行 アクセス許可、ファイルまたはフォルダーに UNIX 上では、Windows の フル コントロール アクセス許可と同じです。

ファイルまたはフォルダーのアクセス許可を設定します。

ファイルやフォルダーのアクセス許可を設定するには、次の手順に従います。
  1. Windows エクスプローラーを使用して、アクセス許可を編集するファイルまたはフォルダーを検索します。
  2. [フォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. フォルダーを設定する新しいアクセス コントロールを追加するのには、[追加] をクリックします。
  5. ユーザー、コンピューター、またはグループがこのアクセス制御の設定が適用される選択して、[追加] をクリックし、[OK] をクリックします。
  6. アクセス制御の設定を削除するのには、[削除] をクリックします。
  7. 任意のグループのアクセス許可を編集するには、ユーザーまたはグループを選択し、[アクセス許可] ウィンドウで、対応するチェック ボックスを使用します。
  8. 設定を受け入れ、加えた変更をキャンセルするのには [キャンセル] をクリックしてまたはファイルまたはフォルダーのプロパティを閉じずに変更を適用するには、[適用] をクリックして [OK] をクリックします。


関連情報

UNIX から Windows への移行に IIS をセキュリティ保護の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、「Base 下をクリックします。
324216IIS では、UNIX から Windows に移行する方法: セキュリティ保護されました。










プロパティ

文書番号: 324067 - 最終更新日: 2006年10月30日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbmt KB324067 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:324067
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com